b-mobile「おかわりSIM」に音声通話付きプランを追加

おかわりsim bmobile

おかわりsim bmobile

b-mobile(日本通信)がライトユーザー向けに提供している従量制SIMである「おかわりSIM」にこのたび音声通話付きプランが追加されました。

b-mobileの契約の中でもライトユーザー向けの「おかわりSIM」

b-mobileが提供しているおかわりSIMは1Gまで500円から始まり最大5G1500円で終わる従量制のプランです。こちらに月800円をプラスすることで、音声通話機能つきSIMカードを使うことができます。

「使った分だけ払う」というシンプルさ

大手キャリアの契約は、一部の大量に使うユーザーを含めての平均で価格が決められているので通信をあまり使わないユーザーとの不公平さが問題になっています。

逆にMVNOだと1G単位では安いのですが、通信容量制限が厳しく通信を多く使うユーザーにとっては使いにくいです。

…そこでb-mobileは1G単位の従量制という「使った分だけ払う」システムを取り入れたおかわりSIMを提供しているのです。

おかわりSIM・音声付月額料金
~1GB1300円
~2GB1550円
~3GB1800円
~4GB2050円
~5GB2300円

公式サイト:b-mobile

通信速度についてはあまり良い評価は無い

月間5Gまで従量制で使った分だけという事にはなっているのですが、b-mobileの通信速度は高いとは言えないという評価が多く「遅くて一カ月で5Gまで使えない」という評価をする人もいます。

ただその一方で「早くはないけれど値段を考えれば満足」と最低という訳でもない為、普段から外であまり通信をしないライトユーザーに非常に人気が有る契約となっています。

通話もあまりしない人の為の「おかわりSIM 5段階定額 音声付」

このおかわりSIMがこのたび、800円を追加する事で音声通話にも対応するというプランを打ち出しました。

通話料は30秒あたり20円と普通の契約

今回追加される音声通話プランは800円を追加して、データー通信とSMS,そして音声通話が利用できるプランです。

おかわりSIM・音声付月額料金
~1GB1300円
~2GB1550円
~3GB1800円
~4GB2050円
~5GB2300円

通話料は30秒当たり20円という一般的なMVNOの音声通話料金で、MNPにも対応するなど基本的な所は抑えています。因みにプラス130円でSMSのみ追加のサービスもすでに存在しています。

公式サイト:b-mobile

開通日によって料金の請求する月が違う

おかわりSIMでは開通日を決算日として一カ月単位で決算しているので、いつ加入しても無駄なく利用する事が出来ます。ただし、音声通話とSMSは利用料金の請求月が特殊なので注意が必要。

1日から19日までの開通した場合は二か月遅れで請求され、それ以降の20日から31日までに開通した場合は翌月に請求されます。

b-mobile、「おかわりSIM」に音声通話付きプランを追加のまとめ

通信速度であまり良い評判が無いとはいえ、その料金設定からライトユーザーに幅広い支持があるおかわりSIMに音声通話が付いたことで、今よりもライトユーザーに心強いSIMとなりました。

一度格安SIMを試してみたいという方は、選択肢に入れておくと良いでしょう。

記事がためになったら
いいね!しよう

HOME | 注意事項 | CONTACT