ZTEって中国のスマホメーカーだけどどうよ?

ZTE

ZTE(中興通訊:ちゅうこうつうじん)とは、中国深圳に本拠があるスマートフォンメーカー。最近は「格安スマホ」の分野で注目を集めている会社でもあります。

今回は人気のSIMフリーを開発し続ける同社の「ZTEってどうよ?」という疑問を徹底調査しました。

ZTEの本社は中国に

海外メーカーであるZTEは、中国に本拠地を置いているようです。

  • 1985年に設立
  • 1998年米国法人設立
  • 2005年にから中国内で低価格携帯受注
  • 2008年に日本法人を設立

日本法人であるZTEジャパン(ZTE Japan. K.K.)は、2008年に設立されたんですね。

以降はbモバイル・ウィルコム(現Y!mobile)・ソフトバンク・au等に、ガラケー・スマートフォン・WIFIルーターなどを提供してきました。

格安スマホの海外メーカーとしての立ち位置

そして最近人気になっているのが、SIMフリーの格安スマホ。MVNOの格安SIMブームにしっかり乗っかり、端末を供給しています。代表的なSIMフリースマートフォンだと、

  • Freetel LTE XM
  • gooのスマホ g01/g02/ g03
  • Blade Vec 4G

などなどですね。格安スマホに興味のある方は、聞いたことの機種かもしれません。

このように、元々キャリア向けに端末を提供しつつ、最近は格安SIMフリースマホメーカーとしても人気という会社なんです。なるほど。

ZTEの最近のニュースは?

「ZTEはどんな会社やねん?」ということは大体わかりました。では、最近のZTEはどんなニュースで市場を賑わせているのでしょうか?

ZTEがインドネシアでの4G LTE-Advancedローンチ支援

インドネシアのジャカルタで、超高速モバイル通信の4G LTE-Advancedのサービス開始支援をしています。

え?スマートフォン作ってるだけじゃないんだ?

そうなんです。端末開発だけでなく、現在はネットワーク構築や工事・アフターサービスまで請け負っているそうなんですね。ここでもR&D技術を持ち合わせているのは大きな強み。

マレーシア5G通信研究で、Uモバイルと提携

こちらもZTEのネットワーク関係ニュース。5G(超高速)の通信を他社と共同して開発していると。

アジア圏ではビジネスの範囲が広いみたいですね。これも中国系メーカーの強みと言えるかもしれません。

ZTE Axon Proをアメリカで発売

グローバルモデルの「Axon Pro」をアメリカで発売のニュース。国際ハイスペック機となっているので、国内の格安スマホとは一線を画している感があります。

ZTE Axon Pro

クアルコム製の2.0GHzオクタ搭載・RAM4GBとぶっちぎりのスペックながら、価格は日本円で約55,600円と激安。海外スマホメーカー恐るべし。。。

機種名ZTE Axon Pro
OSAndroid 5.1 lollipop
CPUSnapdragon 810 オクタコアプロセッサ 2.0GHz
RAM4GB
ROM32GB/128GB
カメラ(メイン)デュアルレンズ/1300万画素+200万画素
(フロント)800万画素
ディスプレイ5.5インチ 534ppi
バッテリー・電池3000 mAh
クアルコムQUICKチャージ対応
その他ハイレゾ対応

ZTEってどうよ?のまとめ

ZTEの情報についてズラズラ書き並べてみましたが要はこういうことでしょう。↓

  • 中国のスマホメーカー
  • SIMフリーの格安スマホが人気
  • 通信回線も開発中?
  • ハイスペックモデルも最近アツい!

開発力が非常に高いので低価格でもハイスペックで戦える、中国のスマホメーカーと言えるでしょう。日本での今後の動きにも注目ですね。


記事がためになったら
いいね!しよう

HOME | 注意事項 | CONTACT