サイトアイコン GNJ

ドコモ新モデル【ARROWS Fit F-01H】のスペックを比較!

ドコモの2015-2016冬春モデルが発表!今回は富士通のスマートフォン【ARROWS Fit F-01H】のスペック詳細を確認し、比較をしていきます。ミドルレンジの新機種に期待!

ARROWS Fit F-01Hのスペックは?

まずは基本性能(スペック)を確認していきます。同じくドコモの2015-2016年の冬春新モデルとして発表されたNXシリーズとも比較。どうやらメーカー内で差別化を図っているようです。

機種名 ARROWS NX(F-02H) ARROWS Fit(F-01H)
OS Android 5.1 Android 5.1
ディスプレイサイズ 約5.4インチ
TFT液晶
IPS-NEO
約1677万色
WQHD
1440×2560
約5.0インチ
有機EL
約1677万色
HD
720×1280
CPU クアルコム Snapdragon808(MSM8992)
1.8GHz+1.4GHz
ヘキサコア
クアルコム Snapdragon410(MSM8916)
1.2GHzクアッドコア
RAM 3GB 2GB
ROM 32GB 16GB
SDカード対応 microSDXC
(最大200GB)
microSDXC
(最大128GB)
バッテリー 3390mAh 2330mAh
連続待受時間
(LTE/3G/GSM)
未定/約610/約460 約540/約670/約520
最大通信速度 受信225Mbps
送信50Mbps
(LTE-Advanced対応)
受信150Mbps
送信60Mbps
カメラ 裏面照射積層型CMOS
約2150万画素
裏面照射型CMOS
約810万画素
防水/防塵
Bluetooth 4.1 4.1
ワンセグ
フルセグ
ハイレゾ対応
LTE・Wifiの同時高速ダウンロード機能
認証 虹彩認証 指紋認証
カラー Iris Green
Black
White
aka
kuro
shiro
midori

OSはAndroid 5.1

基本のオペレーティング・システム(OS)はAndroid5.1 Lollipopを搭載。というか今回ドコモで公式発表された新機種では【Nexus 5X】のAndroid 6.0 Masrshmallowを除き、すべてLollipopです。

おそらく今後OSのアップデートには対応してくると思われますが、標準搭載という点でみるとネクサスの方が1歩リードと言えそう。

CPUはクアッドコア

チップセットには、クアルコム製クアッドコア1.2GHzの【Snapdragon410】を搭載。CPU性能順に確認してみると、

8オクタコアSnapdragon810(MSM8994 2GHz×1.5GHz)

6ヘキサコアSnapdragon808(MSM8992 1.8GHz×1.4GHz)

4クアッドコアSnapdragon410(MSM8916 1.2GHz)

…という順位に。スナドラ810に関しては「バッテリー消費問題・オーバーヒート問題」なども噂されているだけに808と比較してどちらが良いかの甲乙はつけがたい状況です。(一応810が上位モデル・808は下位モデルの位置づけ)

そして富士通のARROWS Fit F-01Hはというと、その下のスナドラ410のクアッドコアCPU。SIMフリーの機種VAIO Phoneや格安スマホで人気のZenFone 2 Laserなどに搭載されているチップセットです。

こういった理由から、F-01Hはミドルスペック・かつ本体価格は少し安くなるのではないかと個人的には予想しています。

RAMは2GB

RAMは2ギガなので、あまり最新モデルの中では多いと言えません。この辺りは富士通が自社内で差別化しているように見えますね。

ROMは16GB

ROM容量も少し少なめ。microSDXCで128GBの外部メモリが別途利用できるので、必要であればこちらを活用しましょう。

カメラ性能

背面(リア)カメラの画素数は810-800万画素。フロントカメラは240-210万画素なので、セルフィー(自撮り)用にも少し頼りない感じがします。

ちなみに上位モデルのNXシリーズF-02Hはメインカメラが2150-2070万画素なので、こちらはGOOD。

バッテリー

ARROWS Fitのバッテリー容量は2330mAh。一見少ないように見えますが、電池持ちは【安心の3日持ち】を謳っています。(一般に想定されるスマートフォンの利用(Web閲覧、SNSアプリ、その他アプリの利用など、約85分間/日の利用)があった場合の電池の持ち時間)

もし本体価格が安ければ、コスパの高いミドルスペック機種として人気のでそうな予感。

画面・ディスプレイサイズは5インチ

NX F-02Hが5.7インチに対して、F-01は5インチのHD・有機ELディスプレイを搭載。サイズの小さいdocomo2015-2016冬春モデルを比較すると、

なので、コンパクトなスマホの購入を検討しているユーザーの方は、この辺りが狙い目でしょう。

ARROWS Fit F-01Hのスペックから分かる特徴

ここからはこの機種ならではの特徴を紹介していきます。文字入力のATOKや電池持ち、耐久性などにメリットがあるようです。

Super ATOK ULTIASで快適な文字入力

富士通スマートフォン・タブレットで定評のあるATOK文字入力システムの中でも、パソコン版ATOKと同等の登録語彙数を搭載した文字入力システム【Super ATOK ULTIAS】を搭載。

ガラケーからスマホへの乗り換えも増えてきている中、不安要素の1つである文字入力に配慮している点は富士通ならではのメリットと言えます。

抜群の電池持ち

先ほども触れましたが、安心の3日持ちを謳う駆動時間が特徴。性能表や製品説明を見ると「あまりヘビーユーザー向けではないのかな」という印象を受けたので、ライトユーザーの利用状況次第では、3日持ち有り得そうです。

注意書きには「連続通話・動画の大量ダウンロード」など行った時にはこの目安を下回る場合ももちろんあるということでした。

壊れにくい耐久性が自慢

塗装がはがれにくく、指紋や傷もつきにくいコーティングを施した「ウルトラタフガード」を採用していることで、リアカバー面は耐久性に優れているとのこと。

また額面(ベゼル)を少しだけ高くすることで、落とした場合でもディスプレイが地面に当たりにくいという構造を実現。こういった設計は最近のスマホに多いです。(iPhoneはラウンドフォルムなので、しっかり割れますよね)

さらにディスプレイにはコーニング社のGorilla Glass3を採用。

極めつけは「MIL規格14項目準拠」ということ。内容としては

多過ぎてどれがメインの特徴なのが選びにくいところですが、とにかく強いということを強調しています。

同じくドコモで発表されている【Galaxy Active neo】はゴリラガラス4搭載・MIL-STD-810Gの21項目ということで、耐久性を重視するのであればこちら2機種がオススメですね。

ARROWS Fit F-01Hのスペックと特徴まとめ

価格さえ吊り合っていれば、耐久性や電池持ちの面から購入するメリットは高そうです。ラインナップの中では下位モデルの部類に入るので、ヘビーユーザーであればXperia Z5シリーズを選びたいところ。

発売日

Fitの発売日は2015年10月7日と春冬モデルの中では最速で市場に出る予定なので、早めに確認しておくのがベスト。ただし年末商戦までにはほぼ新製品が出そろうので、クリスマスなんかに購入機種を決めても良いかもしれませんね。

その他の最新モデルは【docomo冬春モデル一覧と比較!】でまとめて確認出来ます。

(Source : NTT docomo)



モバイルバージョンを終了