Meizu Pro 6sを発表。新カメラと大容量バッテリーに注目

meizu-pro-6s-color-2

Meizu Pro 6sが中国で発表されました。こちらのモデルはMeizuの中でもフラグシップに位置するシリーズで、前作Pro 6のリファインバーションとなります。

強化されたカメラ機能とバッテリーに注目ということなので、まずはスペックの詳細を見てみましょう。

Meizu Pro 6sのスペック

モデルMeizu Pro 6s
ブランドMeizu
本体サイズHeight 147.7mm
Width 70.8mm
Thickness 7.3mm

Weight 163g
OSAndroid 6.0 Marhsmallow
ディスプレイ5.2インチ フルHD(1920*1080)
コントラスト:10000:1
PPI: 423.6
Brightness:350cd / m² (typ)
Super AMOLED、On-Cell
プロセッサーHelio X25 (10コアCPU)
ARM Cortex A53 1.4GHz X4 +
ARM Cortex A53 2.0GHz X4 +
ARM Cortex A72 2.5GHz X2
ARM Mali T880 GPU
内蔵メモリ/内部ストレージ4GB RAM LPDDR3/64GB ROM
背面カメラ12MP 、F/2.0、光学手ぶれ補正、6レンズ、バーストモード、パノラマモード、PDAF、レーザーフォーカス、フラッシュ
フロントカメラ5MP、F/2.0、5レンズ、スマートスキンビューティーテクノロジー
バッテリー3060mAh
指紋認証センサ0.2s、360°認証
Hi-FiCirrus Logic CS43L36 chip
ネットワークMobile 4G TD-LTE, China Unicom / Telecom 4G TD / FDD-LTE,
Mobile 3G TD-SCDMA, China Unicom 3G WCDMA, Telecom 3G EVDO,
Mobile / Unicom 2G GSM, 2G CDMA telecom
Wi-Fi802.11 a / b / g / n / ac (2.4GHz&5GHz)
Bluetooth4.1 (Suport BLE)
センサーHall magnetic induction, gravity sensor,
Infrared distance sensor, gyroscope, ambient light sensor,
Touch sensor, electronic compass
ナビと位置情報GPS
A-GPS
GLONASS
Electronic compass
マルチメディアVideo: MP4,3GP, MOV, MKV, AVI, FLV, MPEG
Audio: FLAC, APE, AAC, MKA, OGG, MIDI, M4A, AMR
Picture: JPEG, PNG, GIF, BMP

Meizu Pro 6sはAndroidを搭載したスマートフォン。デザインはPro 6を継承しており、アルミニウムのユニボディに曲線を描くエッジを採用。アンテナラインはiPhone 7シリーズと似ており、こちらもほとんどかわらず。

meizu-pro-6s

現在判明しているのが4色のカラー。まずはシルバーとピンク。

meizu-pro-6s-color

ブラック調とゴールドも用意。

meizu-pro-6s-color-2

ディスプレイは5.2インチのフルHD、Super AMOLEDを採用。プロセッサーにはMediaTekの10コアCPU搭載プロセッサ「Helio X25」を搭載しています。内蔵メモリは4GB RAM、ストレージは64GB ROMとハイスペックな部類に入ります。

Meizu Pro 6sでは背面カメラが進化

背面のメインカメラはPro 6から進化しており、Pro 6sでは12MPのIMX386センサーを使用。4軸の光学手ブレ補正、レーザーアシスタンスとPDAFに対応し、10-LEDデュアルトーンリングフラッシュも搭載。

Meizu Pro 6sはバッテリー性能も強化

Pro 6sは3060mAhのバッテリー容量を搭載しており、前モデルのPro 6(2560mAh)からの大きな強化です。またmCharge 3.0をサポートしており、急速充電も可能にしています。

Meizu Pro 6sの価格

中国では2699元、ドルでは399(US)となっています。日本円でいうと4万円弱といったところで、フラグシップ機としてスペックを強化しながらも価格を抑えた高コスパ機種といったところでしょうか。今回も面白い機種になりそうなので、気になる方はチェックしておきましょう。

(追記:すでに中国ECサイトのGearBestにて製品情報がリストアップされています)

記事がためになったら
いいね!しよう

HOME | 注意事項 | CONTACT