arrows M02/富士通からSIMフリー新機種発表!

arrows M02 富士通

arrows M02 富士通

富士通が【arrows M02】を発表!SIMフリーの格安スマホとなっている他、価格は3万円台・長時間駆動バッテリー・おサイフケータイ対応など国内向けに幅広く対応。MVNOではNifMoが格安SIMはとのセット販売を予定。今回はスペック比較しました。

arrows M02はSIMフリー

arrows M02 富士通

富士通が発表したarrows M02。個人向け市場に投入される予定の新機種であり、前モデルのARROWS M01の後継機となっています。

性能自体はエントリーレベル〜ミドルレンジのスペックとなっており、性能が抑えられた変わりに価格も格安スマホ並。独自機能もおおく搭載しており、NFC対応や電池持ちに特徴があります。

arrows M02とARROWS M01のスペック比較

前作ARROW M01とスペック比較をしてみます。CPUにかわりはありませんが、電池持ちなど幾つかの面で改善・アップグレードがなされたようです。

機種名arrows M02ARROWS M01
メーカー富士通富士通
OSAndroid 5.1 LollipopAndroid 4.4
CPUQualcomm Snapdragon410
(1.2GHzクアッドコア)
Qualcomm Snapdragon410
(1.2GHzクアッドコア)
RAM2GB1GB
ROM16GB16GB
SDカードスロットmicroSDHC
最大32GBまで
microSDHC
最大32GBまで
ディスプレイ約5インチ
有機ELディスプレイ
ゴリラガラス3
(1280×720)HD
約4.5インチ
有機ELディスプレイ
(1280×720)HD
カメラ機能背面カメラ810万画素
インカメラ240万画素
800万画素
130万画素
バッテリー2,330mAh2500mAh
連続通話時間約780分(VoLTE)約670分
連続待受時間約580時間(4G LTE)約950時間(3G)
約700時間(LTE)
SIMサイズnano SIMmicro SIM
対応周波数(LTE)[docomo]
2GHz,1.8GHz,800MHz
[au]
2GHz,800MHz
docomoのみ
防水・防塵防水 IP5/8
防塵 IP6X
防水 IPX5/8
防塵 IP5X
おサイフケータイ-
WiFiIEEE802.11 b/g/nIEEE802.11 a/b/g/n/ac
Bluetooth4.14.0

CPUはSnapdragon410で据え置きとなりましたが、内部メモリ(RAM)が2GBへ増量。ディスプレイも5インチへとサイズアップしているので、動画視聴などにも順分ではないでしょうか。

またゴリラガラス3を採用した他、背面コーティング・防水防塵・MIL規格14項目準拠など、耐久性も抜群。夏も冬もガッツリ利用できるモデルに仕上がっていますね。

バッテリー容量は2,330mAhとそこまで多くないようにみえますが、実際には独自エンジンを搭載しており「電池の3日持ち」をアピール。

arrows M02はNifMoで販売予定

10月下旬より販売開始予定のarrows M02は、既にMVNOの「NifMo」で発売が決定しています。価格は33,334円(税別)となっており、価格帯としてはASUS Zenfone 2 LaserHUAEI P8liteと競合するようですね。

価格比較

  • arrows M02 約3万6千円
  • Zenfone 2 laser 約3万円
  • HUAWEI P8lite 約3万円
  • HTC Desire 626 約3万円

本体価格を比較するとこんな感じになるので、スペックだけみれば、p8liteかZenfone 2  laserでしょうね。HTC Desire 626に関しては海外のレビュー点数がすこぶる悪いので除外。

arrows M02は国内向け機能を多く搭載しているので、そこがマッチすればお買い得の機種と言えそうです。

arrows M02のおすすめポイント

  • おサイフケータイ対応
  • 抜群の電池持ち
  • 防水防塵
  • MIL規格14項目準拠
  • 国内メーカーの安心感

おサイフケータイに対応する貴重な格安スマホ

SIMフリーの格安スマホの中では、なかなかおサイフケータイ機能に対応する機種がありません。が、富士通M02は対応しており、モバイルSuicaなどもテスト中とのこと。

バッテリーは3日の電池持ち

独自システムにより電池は脅威の3日持ちを実現。もちろん大量ダウンロードなどヘビーに使うと3日持たないそうです。

バッテリーは格安スマホにとって死活問題なので、この辺りはナイスなポイント。

防水・防塵

防水・防塵に対応しているので、台所などでの水しぶきくらいならOK。ママさん助かりますね。海外メーカーのSIMフリー機種は防水非対応が多いので、ここは国産機種ならではのメリットです。

MIL規格14項目に準拠

アメリカ国防総省のMIL規格の14項目に準拠しており、耐久性は抜群。どんなものに耐性があるかというと、以下のとおり。

  • 防水(浸漬・風雨)
  • 防塵
  • 耐衝撃
  • 耐振動
  • 耐日射
  • 防湿
  • 塩水耐久
  • 高温動作・保管
  • 低温動作・保管
  • 気圧動作・保管

真夏のビーチも冬のスキー場もOKとか。約800万画素のカメラも搭載しているので、アクティブシーン・アウトドアでの活躍にも期待できますね。

arrows M02・SIMフリー格安スマホ発表まとめ

arrows M02に関しては「ドコモ・auの両回線に対応する」こともウリになっているので、格安SIMとの運用も視野に入れたいところですね。スペックとしてはエントリーレベル+αなので、おさいふケータイや防水などが欲しい方であればお得かも。

記事がためになったら
いいね!しよう

HOME | 注意事項 | CONTACT