OnePlus 3TがGearBestで発売開始, 499.99ドル

海外ECサイトのGearBestで「OnePlus 3T」が発売開始。OnePlus 3の後継機で、プロセッサーにはSnapdragon 821、Corning Gorilla Glass 4で保護されたAMOLEDディスプレイなどが特徴です。

販売価格はセール時で499.99ドルから。セール価格は数量限定になっているようなので、早めにチェックしておきましょう。

(追記:クーポンコード「OnePlus3T」で$471.99と割引になるキャンペーンがあります。50個限定だそうなので早めにチェック。)

購入:GearBest


OnePlus 3TがGearBestで発売開始

1480872482966727010

最新モデルの高性能中華スマホ「OnePlus 3T」がgearbest.comで発売。すでに海外、また国内の一部ユーザーから人気のあったOnePlus 3のアッグプレード機種で、よりハイスペックであることが特徴です。

OnePlus 3Tのスペック

機種名OnePlus 3T
OSAndroid Marshmallow (OxygenOS)
ディスプレイ5.5インチ 1920*1080 フルHD 401ppi, Optic AMOLED
Corning Gorilla Glass 4
プロセッサーQualcomm Snapdragon 821
クアッドコアCPU kryo 2.35GHz×2, 1.6GHz×2
Adreno 530 GPU
RAM6GB LPDDR4
ROM64GB or 128GB UFS2.0
外部メモリmicroSDカードスロット非搭載
本体サイズ152.7 x 74.7 x 7.35 mm
重量158g
カラーGunmetal / Soft Gold
センサーFingerprint sensor, Hall sensor,
Accelerometor, Gyroscope,
Proximity sensor,
Ambient light sensor and Electronic Compass
ポートUSB 2.0, Type-C
Dual nano-SIM slot
3.5 mm audio jack
バッテリー3,400 mAh (non-removable)
Dash Charge (5V, 4A)
対応バンド2G: GSM 850/900/1800/1900MHz
CDMA EVDO: BC0
3G: WCDMA Bands 1/2/5/8
TD-SCDMA : Bands 34/39
4G: FDD-LTE Bands 1/3/5/7/8
TDD-LTE Bands 38/39/40/41
(モデルによって異なる)
背面カメラ16MP, SONY IMX298 Sensor, OIS, EIS, PDAF, F2.0
4K動画撮影@20fps
RAWイメージのサポート
サファイアクリスタルのレンズカバー
フロントカメラ16MP, 3P8SP Sensor
F/2.0m EIS
1080pビデオ撮影@30fps
同梱物Cell Phone: 1
Power Adapter: 1
USB Cable: 1
SIM Needle: 1
備考販売店によってスペックが異なる場合があります。

OnePlus 3T VS OnePlus 3の比較

  • Snapdragon 821
  • ストレージで128GBモデルがある
  • フロントカメラがサムスン製センサーの16MP
  • 3400mAhバッテリーとDASH CHARGEの急速充電

ざっと大きな違いを挙げるとすれば上記のようなものがあります。

Qualcomm Snapdragon 821の高速プロセッサー

1480597662365803-1

例えばプロセッサーはQualcomm Snapdragon 820 > 821にアップグレード。より高速なSoCでスペックが強化されました。また以前はmicroSDカードスロットを搭載していない上に64GB ROMのみというラインナップでしたが、今回は128GBモデルを用意している点はポイントです。

両面に16MPカメラを搭載

1480645593988007-1

カメラ面ではフロントカメラが16MPへと一気にジャンプ。電子手ぶれ補正に対応しており、1080pでの動画撮影も可能になっています。セルフィーや動画をフロントカメラで撮る方には朗報でしょう。

大容量バッテリー&DASH CHARGE

1480645585405690-2

バッテリー容量も強化されており、容量は3400mAhに。またOnePlusの「DASH CHARGE」によって、今回も超高速の急速充電が可能です。Google Pixel XLやGalaxy S7 Edgeなどと比較して優位性をアピールしています。

以前のモデルOnePlus 3はそこまでバッテリーが持つという感覚はなかったのですが、OnePlus 3Tのレビューを見る限りではバッテリー持続時間も改善しているとの評価が多いです。

例えば8AMから利用してSNSや写真撮影、メール、ポッドキャスト再生などを利用し、10pmで40~50%のバッテリーが余っていたというレビューもあります。

レビューを見る限りでは、OnePlus 3で気になった多くの部分が改善されていることに期待できそうです。

 

OnePlus 3Tの実機レビュー動画

Android Authorityのレビュー。

サイズはGalaxy S7 Edgeよりほんのすこし大きいくらいで、前回同様薄型でコンパクトな設計になっています。デザインはほぼ同じですね。通知スタイダーも3から継承されています。ホームボタンはオンスクリーンなど切り替えができる点など、基本的にこの辺りは以前のモデルとほぼ変わらないと思って良さそうです。

OSの面ではOxygenOSですが、ストックAndroidに近い操作感が良いですね。ただアップデートされたOxygenOSは3本指でスライドダウンさせるとスクリーンショットが撮れるなど、いくつか新機能も搭載されているようです。初期OSはMarshmallowがベースとなっているようですが、通知センターは7.0 Nougatのようなカスタマイズが入っています。

ディスプレイは1080pですが、Optic AMOLEDなのでコントラストは美しく、この価格帯・スペックで購入できるスマートフォンとしては高評価といったところでしょうか。

充電に関しては専用チャージャーを利用すれば1日分を30分で充電できることをアピール。DASH CHARGE用のケーブルとACアダプタを持ち運ぶなら、電池持ちに困ることはほとんどなさそうです。

カメラのデザインでいうと、前回同様背面カメラが出っ張っているのは少しきになるところ。ただカメラ部はサファイアガラスによって保護されているそうなので、まあ安心して使えそうです。

OnePlus 3T発売・まとめ

gearbestでは発売時の価格が499.99ドルからと、OnePlus 3でのコスパはそのままによりスペックが強化されたモデルが使えます。購入は以下のサイトから。

Gearbest Banner