中国のスマホメーカー「OPPO」とは?

OPPO Mobile for Smartphone

oppo logo

中国のスマホメーカー「OPPO」を知ろう!

中国発のスマートフォン・タブレットメーカーは「Huawei・Xiaomi・OnePlus・ZTE」などが人気ですが、最近人気が急浮上しているのが「Oppo」というブランドです。

日本ではマイナーですが、海外では価格とスペックが比例しないコストパフォーマンスと独自性で人気。そんなブランド情報を詳しく調べてみました。

人気スマホメーカー「Oppo」とは

OPPOはもともと「中国の広東省を拠点とした音響家電メーカー」として活躍しており、DVDプレイヤーの販売などで有名でした。こちらが人気のスマホメーカーとなるまでは、いくつかの歴史があるようです。
OPPO DVD PLAYER 2015

その後DVDプレイヤーの販売不振からMP3プレイヤーなどの製品デザインに注力。AVメーカーへと変貌を遂げていきます。

oppo mp3 player

さらに中国の携帯電話ブームに乗っかり、ガラケー市場へ参入、これはあまり人気が出なかったようですが、携帯市場に参入したことがスマートフォン開発へもつながっていきます。

2008年にはスマートフォン市場へ参入を果たし、2011年にはブラックベリーで親しまれた「QWERTYキーボード」搭載モデルのFindを販売。イメージキャラクターにレオ様こと「レオナルド・デカプリオ」を起用するなどして、一気に知名度を上げました。

Find 2011 OPPO

(本当はこの横にレオ様がいます)

このころからスマートフォン開発メーカーとしての地位を確立していくわけですが、実は2013年12月にOnePlusを100%子会社として設立しています。現在ではOppoよりも知名度があるかもしれないワンプラスですが、じつはもともと子会社だったんですね。これは驚き。

…このような歴史がありスマートフォンを販売してきたわけですが、現在は中国だけでなく東南アジア・ヨーロッパ・アメリカへも端末を出荷。日本での知名度はそこまで高くありませんが、販売戦略しだいでは今後進出してくるSIMフリー市場に参入してくる可能性もあります。

Oppoの代表的なスマートフォン

価格もそこそこ安いですが、他の中国系スマートフォンとは一線を画しています。立ち位置でいうと、

  1. 超有名 Huawei/Xiaomi
  2. 有名 OnePlus/ZTE
  3. そこそこ Vivo/Oppo
  4. その他メーカー

こんな具合の知名度の感覚と言えます。そんなOPPOのフラグシップ機を少し紹介。

OPPO R7/R7 Plus

一時期異常に薄いスマートフォンを出して話題になったOPPOですが、最近は高性能化とともに他社にスペック・見た目ともに近づいてきました。

OPPO Mobile for Smartphones

R7/R7 Plusは「iPhone 6/ 6Plus」を意識したといわれてもしょうがないようなデザインですが、内面のスペックは本物。クアルコム製のオクタコアCPUやRAM3GBは、ハイスペック機といえます。厚みも6.3mmと超極細ながら海外の通販サイト「GearBest」では約36670円で購入可能。

機種名OPPO R7
OSAndroid 5.1
ディスプレイ5.0インチ フルHD
CPUクアルコム MSM8939 オクタコア
GPUAdreno 405
RAM・ROM3GB・16GB
カメラ背面1300万画素
フロント800万画素
バッテリー2320 mAh
ネットワーク2G: GSM 850/900/1800/1900MHz
3G: WCDMA 850/900/1900/2100MHz
4G: FDD-LTE 700/850/900/1800/2100/2600MHz

購入サイト:GearBest

OPPO、中国のスマホメーカーを知ろう!まとめ

ハイスペックかつ低価格のスマートフォンを提供しているブランドなので、今後は日本にも進出してほしいですね。

その他中国メーカーのまとめはこちらで記事にしています。

記事がためになったら
いいね!しよう

HOME | 注意事項 | CONTACT