中国XiaomiがMi Wi-Fi nano(ルーター)を発表

Xiaomi Mi Wi Fi nano

参考:GSMArea

中国のスマートフォン・タブレットメーカーXiaomi(小米科技:シャオミ)は、無線LANルーターの「Mi Wi-Fi nano」を発表しました。前回発売していたminiと比べると一回り小さいモデルとなっています。


Xiaomi Mi Wi-Fi nanoのスペックと価格

まずはスペックを確認していきましょう。性能にもこだわるシャオミなので、注目です。電波の届く範囲やバッテリー、給電機能などが特徴です。

機種名 Xiaomi Mi Wi-Fi nano(ルーター)
電波範囲 150㎡
無線LAN規格 Wi-Fi 802.11 b/g/n
伝送速度 Max  300Mbps
駆動時間 30時間
バッテリー 10,000mAh battery
価格 US12ドル

Xiaomi Mi Wi-Fi nanoの特徴

シャオミの無線LANルーターの特徴を書き並べていきます。

  • 安い
  • 電波範囲が広い
  • 小型
  • バッテリー容量
  • 駆動時間
  • 給電機能

価格

Xiaomi Mi Wi-Fi nano価格が激安です。なんとUSドルで12ドル、ということは日本円でいうと2000円ほどです。この性能だと日本では5,000円以上の金額が多いので、この辺りはさすがシャオミと言えそうです。

電波の届く範囲

伝送の範囲が最大150㎡と長距離通信に対応しています。なので、わりと広い部屋でも通信が問題なく出来そうです。

サイズが超小型

バッテリーを10000mAhも積んでいるのに、見た目の大きさが名刺2個分ほどという超小型ルーター。とてもじゃないが信じられません。

バッテリーが大容量

10000mAhの電池を積んでいるので、バッテリー持ちは抜群。連続駆動時間は30時間ということで、ニュースを読んでいて目を疑ってしまいました。

USB給電

バッテリーが大きいので、給電としても使える(らしい)です。こんな素晴らしい製品を発売しているのに国内投入がないので「なぜxiaomiは日本に進出しないのだ」と嘆いている方が多いことでしょう。

中国XiaomiがMi Wi-Fi nano発売・まとめ

スマートフォンもそうですが、Xiaomiの凄さに気づいたユーザーは個人輸入してでも購入しているようです。すこし金額を上乗せすればスマートフォン輸入・購入サイトで買えたりするので、ぜひ覗いてみてはいかがでしょうか。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。