AQUOS ケータイ SH-01J、アップデートでテザリングに対応

NTTドコモの「AQUOS ケータイ SH-01J」の製品アップデートが配信。更新は2017年3月30日より開始で、アプデ後はテザリング、迷惑電話対策などに対応します。

新しいソフトウェアは自動でダウンロードされあらかじめ設定した時間に書き換えが行われるほか、待ち受け中にユーザーが選択して即時更新をすることも可能となっています。


AQUOSケータイSH-01J、ソフトウェア更新でテザリングに対応

2016年秋に発売されたNTTドコモの「AQUOSケータイ SH-01J」にてソフトウェア更新が開始。2017年3月30日より更新が可能となっており、アップデートによってテザリングに対応します。

アップデート内容

  • 代理応答に対応
  • テザリングに対応

アップデート手順

  1. 自動でダウンロード→デフォルト設定なら午前2~5時に書き換えが行われる
  2. メニューボタン→設定→端末情報→ソフトウェア更新を選択して、画面の手順に沿って操作することで即時のアップデートも可能

ビルド番号

  • 新:01.01.01
  • 旧:01.00.02

注意点

  • 電池をフル充電・できれば充電ケーブルを接続した状態で更新
  • 電池パックを外さない
  • データのバックアップを取る

…など。詳細は公式サイトで確認。

NTTドコモ:AQUOSケータイ SH-01Jの製品アップデート情報