iPhone 8はワイヤレスチャージ・充電に対応?

iphoneconceptimage

Appleの次期スマートフォンとみられる「iPhone 8」に関する情報で、「iPhone 8はガラスケースデザインで、ワイヤレスチャージ(充電)に対応する」と報じられました。

Macrumorsが報じたところによると、Apple関連の情報源ではよく出てくるKGI Securities アナリストのMing-Chi Kuo氏による最新の調査によってこれらが予想されているようです。

(iPhone Concept image via ConceptsiPhone)

iPhone 8はワイヤレスチャージ対応か

Kuo氏によれば、メタルからガラス素材のボディへ変更が、もしワイヤレス充電に対応するのであれば2017年に発売が予想されているiPhone 8のキーになるとのこと。

メタルケースでワイヤレスチャージングを実現する特許はすでに存在しているのですが、周波数許容偏差が充電速度に影響するのだとか。またAppleのJony Ive氏も以前から1枚ガラスのiPhoneを、と考えていたこともこのアイデアを後押ししている可能性もあります。

We believe one of the reasons why new iPhones will switch from metal casing to glass casing is to support wireless charging. In order to ensure a superior performance, we believe it is most appropriate for EMS suppliers to develop and make the wireless charger because then a comprehensive test can be conducted. As Hon Hai needs to deploy most resources to develop and produce OLED iPhone, we expect Pegatron will be the exclusive supplier of the wireless charger.

ここまでの予想情報をまとめると、iPhone 8はこんな感じになります。

  • 4.7~5.8インチ デュアルカーブディスプレイ OLED
  • ベゼルフリーデザイン
  • ガラスケース
  • ワイヤレス充電

デザイン的にも変更が加えられる可能性が高いiPhone 8なので、これまでの予想情報を見る限りではかなり胸熱な内容になっています。果たしてこれら予想のどこまでが的中するかわかりませんが、次期モデルには期待したいところです。

Source: MacRumors

記事がためになったら
いいね!しよう

HOME | 注意事項 | CONTACT