【おサイフケータイ対応】SIMフリースマホまとめ

felica logo

felica logo

国内で人気のモバイル決済機能「おサイフケータイ(Felica)」。SIMフリースマホでも国内メーカーの開発した対応機種が続々と登場しています。今回はおすすめのモデルを一挙まとめて紹介!スペック比較にもどうぞ!

おサイフケータイ対応の人気SIMフリースマホ

「格安スマホ」とも言われる人気の機種を比較。日本のモバイル決済サービスに対応しているSIMフリースマホはSONYモバイルコミュニケーションズや富士通・シャープなどほとんどが国内メーカーの開発モデルとなっています。

Xperia J1 Compact

xperia j1 compact xperia j1 compact 楽天モバイル

ソニーモバイルコミュニケーションズが開発したSIMフリースマホ。FeliCa対応端末の中ではハイスペックな仕様となっており、性能も重視したい方にオススメ。So-net / 楽天モバイル / イオンスマホなどセット購入ができるMVNO格安SIMも多く、人気の根強い機種。

機種名Xperia J1 Compact
OSAndroid 4.4
CPU2.2GHzクアッドコア
RAM/ROM2GB/16GB
ディスプレイ4.3インチ HD
カメラ背面:2070万画素
イン: 220万画素
バッテリー2300mAh
NFCNanaco/ローソンモバイルPonta/WAON/楽天Edy/QUICPay/モバイルスターバックスカード/Mobile members/東京ドームTDモバイル2/ticket board

Xperia Z3 Compact

xperia z3 compact SO-02G ドコモ

ドコモで発売されたXperia Z3 Compact(SO-02G)。こちらは元々SIMフリー機ではないのですが、中古価格が4万円弱という格安スマホ並の安さ(執筆時点の価格コム調べ)と、ドコモ純正端末ならでは「モバイルSuica」が利用可能ということでノミネート。いわゆる「ドコモの白ロム」ってやつですね。

こちらもハイスペックなので性能重視のユーザーにオススメで、ドコモ系MVNOの格安SIM運用とも相性◎!

  • OS Android 4.4
  • CPU 2.5GHzクアッドコア
  • RAM 2GB
  • ROM 16GB
  • ディスプレイ 4.6インチHD
  • カメラ 2070万画素/220万画素
  • バッテリー 2600mAh
  • モバイル決済 モバイルSuicaなどに対応

ARROWS M01/ arrrows M02(RM02)

arrows RM02

富士通から発売しているSIMフリースマホ。M01が旧モデル、M02が最近発売した新モデルです。Arrowsシリーズは文字入力に定評がある他、防水・シンプルホーム・長時間駆動のバッテリーなど格安スマホ「らしくない」特徴がオススメポイント。

特に新機種の「arrows M02」に関してはVoLTE対応・MIL規格14項目準拠など多くの機能を搭載しており、それでいながら価格は約3万円とコスパも上々。2015年国内メーカーの機種では最注目です。

機種名arrows M02ARROWS M01
メーカー富士通富士通
OSAndroid 5.1 LollipopAndroid 4.4
CPUQualcomm Snapdragon410
(1.2GHzクアッドコア)
Qualcomm Snapdragon410
(1.2GHzクアッドコア)
RAM2GB1GB
ROM16GB16GB
SDカードスロットmicroSDHC
最大32GBまで
microSDHC
最大32GBまで
ディスプレイ約5インチ
有機ELディスプレイ
ゴリラガラス3
(1280×720)HD
約4.5インチ
有機ELディスプレイ
(1280×720)HD
カメラ機能背面カメラ810万画素
インカメラ240万画素
800万画素
130万画素
バッテリー2,330mAh2500mAh
連続通話時間約780分(VoLTE)約670分
連続待受時間約580時間(4G LTE)約950時間(3G)
約700時間(LTE)
SIMサイズnano SIMmicro SIM
対応周波数(LTE)[docomo]
2GHz,1.8GHz,800MHz
[au]
2GHz,800MHz
docomoのみ
防水・防塵防水 IP5/8
防塵 IP6X
防水 IPX5/8
防塵 IP5X
おサイフケータイ-
WiFiIEEE802.11 b/g/nIEEE802.11 a/b/g/n/ac
Bluetooth4.14.0

AQUOS SH-M02(RM02 / EVA20 / g04)

AQUOS SH-RM02

シャープも2015年後期に新機種を発売!AQUOS SH-M02というのが正式名称ですが、楽天モバイルでは「SH-RM02」・セブンイレブンとエヴァンゲリオンのコラボモデルは「EVA20」・gooスマホでは「g04」という名称で販売しています。まさに引っ張りだこの人気モデル。

メインカメラに1310万画素を搭載しており、こちらには定評あり。ただし税込が4万円弱と価格が少し高いので、コスパ面でお得「arrows M02」や高性能重視の「Xperia Z1 Compact/Xperia Z3」と比較すると、市場の立ち位置としては苦戦を強いられそうなモデル。

機種名AQUOS SH-M02
SH-RM02(楽天モバイル)
g04(gooスマホ)
EVA20(セブンイレブン限定)
メーカーSHARP
ディスプレイ5.0インチ
HD(720×1280)
OSAndroid 5.0
CPUクアルコム Snapdragon 400
(MSM8926クアッドコア
1.2GHz)
RAM2GB
ROM16GB
SDカードスロットmicroSDHC(最大32GB)
カメラ背面カメラ:1310万画素
インカメラ:210万画素
バッテリー2450mAh
(約3日の電池もち)
通信バンド対応LTE :  Band1(2.0GHz)、Band3(1.7GHz)、Band19(800MHz)、Band21(1.5GHz)
3G : Band1(2.0GHz)、Band6(800MHz)、Band19(800MHz)
WiFiIEEE 802.11b/g/n(Wi-Fiテザリング対応)
Bluetooth4.0
サイズ約134mm×71mm×9.9mm (高さ×幅×厚さ)
重さ約145g
価格38,800円(goo)
39,800円(楽天モバイル)
84,240円(eva)
発売日2015年10月20日
(EVAコラボ版:11月2日)
(楽天M:10月29日)
その他防水:IPX5/7
おサイフケータイ
VoLTE
SIMサイズ:Nano SIM

AQUOS SERIE SHL25

aquos selie SHL25 mineo

こちらも元々SIMフリースマホではありませんが、au系MVNO回線の格安SIM「mineo」でセット購入・運用が可能なのでノミネート。価格は75600円(11月8日時点)と高いですが、その分モバイルSuicaに対応し、スペックもCPUがクアッドコア2.3GHzと高性能。5.2インチのFHDディスプレイを搭載しているので他社のHD格安スマホよりも大画面・高精細な動画を楽しめます。

  • OS Android 4.4
  • CPU 2.3GHzクアッドコア
  • RAM 2GB
  • ROM 32GB
  • ディスプレイ 5.2インチ FHD
  • カメラ 1310万画素/210万画素
  • バッテリー 3150mAh
  • モバイル決済 モバイルSuicaなどに対応

公式サイト:mineo

DIGNO M KYL22

digno m mineo

こちらもKDDI/auが発売していた機種。なので元々SIMフリーではありません。しかしながら価格はmineoで一括48,000円とSHL25よりも安く、実はスペックがそこまで変わらないという優れもの。au白ロムならでは、多くのおサイフケータイサービスに対応しているのがポイントです。

  • OS Android 4.2.2
  • CPU 2.2GHzクアッドコア
  • RAM 2GB
  • ROM 32GB
  • ディスプレイ 5.0インチ FHD
  • カメラ 1300万画素/120万画素
  • バッテリー 2600mAh
  • モバイル決済 モバイルSuicaなどに対応

公式サイト:mineo

SIMフリースマホでおサイフケータイを運用する注意点

  1. ドコモの「iD」は格安SIM契約で使えない
  2. モバイルSuica利用者はキャリア端末の白ロムがオススメ
  3. 楽天Edyはやっぱりお得?

順を追って解説していきます。

iDは格安SIMでは利用不可

ドコモ利用者が使える「iD」というモバイル決済サービスがありますが、こちらは格安SIM契約では使えません。なぜならドコモのネット接続サービスである「SPモード」の契約が必要だからです。SIMフリー機を使う人は格安SIMで運用する予定の方が多いと思われるので、こちらには注意。

モバイルSuicaならキャリアの白ロム

最初からSIMロックフリーとして発売されている格安スマホに関しては、JRの「モバイルSuica」に非対応の機種がほとんど。なので使いたい場合は中古などでXperia Z3などの白ロムを手に入れるか、元々キャリア端末のDIGNO MやSHL25をセット購入したいところです。

もしくは今ドコモやauで利用中のスマートフォンがモバイルSuica対応であれば、端末は持ち込みで契約だけ格安SIM切り替えても良いかもしれないですね。

楽天Edyが1番お得?

楽天

FeliCa系のサービス運用でいえば、楽天Edyが一番お得かもしれません。理由を挙げるとすれば、

  1. SIMロックフリースマホでは楽天Edy対応機種が多い
  2. 楽天スーパーポイントと相互交換
  3. 楽天モバイルでキャンペーンもたまにある

1「対応機種が多い」ですが、今回紹介した「Xperia J1 Compact/arrows M02/ AQUOS SH-M02」は基本的に楽天Edy対応です。ということは今後発売される新機種もサービスをサポートする可能性が高く、継続的に使えそうなサービスとしてのメリットがあります。

2「楽天スーパーポイント交換」ですが、たまったRSポイントは、基本1P=1円で楽天Edyに交換が可能です。クレジットカード利用やショッピングでたまったポイントを手軽におサイフケータイ経由で使えるのは超絶便利で無駄がありません。

3「楽天モバイルキャンペーン」ですが、最近楽天本体に吸収されたMVNO「楽天モバイル」で、Edyチャージなどの特典をたまに見かけます。さらに格安SIM利用でもRSポイントが貯まっていくので、「楽天モバイル利用→RSポイント貯まる→楽天Edyへ」という好循環が生まれます。

ということで、おサイフケータイ×格安SIMを利用するなら、今の所最強のエコシステムを構築している楽天モバイルが1番お得といえるでしょう。

SIMフリー格安スマホとおサイフケータイ・まとめ

2015年後期には富士通がarrows M02という高コスパ機種を発表しているので、多少ニッチな市場ではありますが、ユーザーの心を掴みそうな予感。

…以上、こちらの記事が皆さんの参考になれば幸いです。是非活用してみてください!

(情報・公式サイト【楽天モバイル】 /mineo)

記事がためになったら
いいね!しよう

HOME | 注意事項 | CONTACT