Onda V80 Plus、デュアルOS搭載の中華タブが1万円

Onda v80 plus

Onda V80 Plus」Windows 10とAndroid 5.1のデュアルブートOSを採用したタブレットが約1万円で購入出来るセールをGearBestで開催中。Onda V80 PlusはIntel Cherry Trail Z8300のクアッドコアCPUを搭載し、2GBメモリ、32GBのストレージを備えています。

Onda V80 Plusのスペック

中国系激安Ondaブランドから「Onda V80 Plus」が発売されていますが、GearBestで1万円で購入出来るセール中。8インチのタブレットで、Windows 10 とAndroid 5.1を搭載しており、両方が使える「デュアルOS」搭載機種です。

モデルOnda V80 Plus
OSWindows 10+Android 5.1 Lollipop
ディスプレイ8インチ 1920 x 1200ドット(WUXGA)
CPUIntel Cherry Trail Z8300 クアッドコア1.44GHz(バースト時1.84GHz)
GPUIntel HD Graphic Gen8
RAM2GB DDR3L
ROM32GB
microSDスロット最大128GB
カメラ背面2MP, フロント2MP
バッテリー4200mAh
ネットワークWi-Fi:802.11b/g/n Bluetooth:4.0
本体サイズ20.50 x 12.30 x 0.85 cm
重量0.325 kg

今回の機種はメタルボディで覆われており、デザイン的にも向上かつ価格の安いというのが特徴になっているようです。

Onda v80 plus

約1万円で購入出来る安さながら、ディスプレイはIPSの1920×1200の高解像度。この手のタブレットは作りが甘いこともありますが、解像度とディスプレイの精細度には定評があるので注目したいところです。

onda v80 plus display

iPad miniシリーズを意識したかのようなフロントデザインは4.8mmゼベル。薄さは8.5mmなので、この価格のタブレットの中ではかなり薄い部類と言えるのではないでしょうか。

Onda V80 plus thin vezel and 8.5 thickness

OSはWin10とAndroidのデュアルブートなので、オフィスも使えますしGoogle Playからアプリも使えます。この辺りの仕様はOSをいじり倒したい方や、中華タブのデュアルOSが気に入っているという方には欠かせないポイントでしょう。

onda v80 plus dual boot os

   プロセッサーはIntelのCherry Trail X5-Z8300。14nmプロセスのクアッドコアCPUで、バースト時周波数は1.84GHzです。RAMが2GBなので動作としては少し気になる部分もありそうですが、もっぱらサブディスプレイやAndroidの軽いゲーム用、自宅でのNetflixやYoutubeなどの動画視聴用にはガンガン使えそうです。

intel cherry trail x5 z8300

HDMIでのアウトプットにも対応しているのは最近の中華タブのポイントでしょうか。他のディスプレイに写して大画面で動画視聴が楽しめます。

onda v80 plus hdmi outputバッテリーは6時間持つとしていますが、今までの同じようなスペック機種の傾向を見るとそこまで持たないような気がします。

onda v80 plus battery life

最後に実機動画をどうぞ。Antutuベンチマークは5万点以上でているようですが、Z8300搭載だと大抵の中華タブは大体このくらい出ているようです。いつも使っている感じだとAndroidアプリは問題なく動くものも多いですが、フリーズするものもあります。Windowsゲームは重いリッチなものだとなかなか厳しいといったところでしょうか。スペックを見れば当然ですが。

スペック的に人によってはまずメインでは使えなそうなタブレットですが、ディスプレイの解像度や動作を見ると、用途を絞って動画鑑賞用・ライトゲーム用には安いしありなのかなという気がします。gearbestで1万円以下でセールとなっているので、気になる方はチェックしておきましょう。

サイト:GearBest

記事がためになったら
いいね!しよう

HOME | 注意事項 | CONTACT