「Cube iwork1x」11.6インチ大画面の中華タブレット/スペック

cube_iwork_1x_1

中華タブレットの「Cube」ブランドから、「Cube iwork1X」が発売。11.6インチの大画面ディスプレイを搭載したWindows 10タブレットで、プロセッサーにはIntelのAtom Z5-Z8350を採用しています。

GearBestでプレオーダーが開始しており、記事投稿現在の価格は215.62ドル。cube-tablet.comの価格が209.99ドルでスペックもそこそこ高いことから大きなセールがない限りはそこまで値下がりしない気はしますが、こちらの記事ではスペックや注目ポイントを紹介していきます。

購入:Cube iwork1x 2 in 1 Tablet PC -GearBest-

Cube iwork1xのスペック

cube iwork1x

CUBE iWork1Xは、Windows 10を搭載したタブレット。スペックは以下の通りです。

モデルCube iWork1X
OSWindows 10(64bit)
ディスプレイ11.6インチ IPS
1920*1080 フルHD
プロセッサーIntel Atom X5-Z8350
Intel HD Graphics(Gen8) GPU
内蔵メモリ4GB DDR3L RAM
内部ストレージ64GB eMMC ROM
外部メモリmicroSDカードスロット(最大128GB対応)
Wi-Fi802.11b/g/n
BluetoothVer 4.0
カメラ2MP(フロントのみ)
接続microSDカードスロット/USB(3.0)/micro USBスロット/mini HDMI/3.5mmヘッドフォンジャック
バッテリー8500mAh
本体サイズ29.96 x 18.06 x 1.02 cm
740g
付属品タブレット本体
USBケーブル
英語マニュアル

OSはWindows 10のみ

今回発売されるモデルはWindows 10のみ搭載のモデルです。同じサイズ感のTeclast Tbook 16 ProなどはWin10に加えてAndroid 5.1も搭載していたりするので、Win10中華タブが欲しい方向け。

11.6インチのFHDディスプレイ

cube-iwork1x-display

Cube iWork1Xは11.6インチの大画面IPSディスプレイを搭載しており、解像度は1920*1080。このサイズ感のタブレットではOnda oBook 11シリーズやTeclast Tbook 16シリーズがありますが、価格とスペックを見るとそんなに悪くないのでは?と思うスペックになっています。

Intel Atom X5-Z8350 プロセッサー

cube-iwork1x-intel-atom-x5-z8350

プロセッサーはIntelのAtom ”Cherry Trail” X5-Z8350。中華タブでこの価格帯といえばZ8300を搭載した機種が多いかと思うのですが、こちらはiwork1xはX5-Z8350です。

性能面ではそんなに違いはないのかなという気はしますが、CPUのターボが1.92GHzになっている点、GPUがHD Graphics 400になっている点など、マイナーチェンジモデルということなのでスペック面では若干有利と言えるかもしれません。4GB RAM、64GB ROMということもあり容量は十分なのでWin10の大画面が欲しい方にはありな中華タブ。

Cube iWork1Xは別売りキーボードも利用可能

cube-iwork1x-keyboard

別売りキーボードもあるので、底面にドックしてタブレットとしても、ノーートPCとしても利用可能です。大画面の中華タブでは最近多いタイプ。

Cube iWork1XがGearBestでプレオーダー開始

Cube iWork1XはGearBestでプレーオーダーが開始しており、価格は215.62ドル。

11.6インチ~クラスのTeclast、Ondaブランドなども含めて考えると、Intel Atom X5-Z8350を搭載している分だけちょっとだけ価格がプラスになっているくらいです。大画面ディスプレイを搭載したWindows 10タブレットを格安で購入するなら、面白い選択肢になりそうですね。

購入:Cube iwork1x 2 in 1 Tablet PC -GearBest-

記事がためになったら
いいね!しよう

HOME | 注意事項 | CONTACT