「Ulefone Tiger」約100ドルで4200mAhバッテリー搭載の中華スマホ

ulefone-tiger-color

中華スマホ「Ulefone Tiger」のプレセールが開始。5.5インチのHDディスプレイにMediaTekのクアッドコアCPU、を搭載したエントリースペックのスマートフォンで、99.99ドルと約100ドルと格安の本体価格となっています。

購入:Ulefone Tiger

Ulefone Tigerのスペック

ulefone-tiger-color

Ulefone Tigerは、Android 6.0を搭載したSIMフリースマートフォン。5.5インチの大画面ディスプレイはGorilla Glass 3、プロセッサーはMediaTekのMTK6737のクアッドコアCPUを搭載しています。

機種名Ulefone Tiger
OSAndroid 6.0 Marshmallow
本体サイズ155.8 x 77.8 x 9.35mm
155g
ディスプレイ5.5インチ
HD 1280*720
Corning Gorilla Glass 3
プロセッサMediaTek MT6737 クアッドコア 1.3GHz
RAM/ROM2GB/16GB
外部ストレージmicroSDカード対応(最大128GB)
バッテリーSONY 4200mAh
待受時間480-550h
カメラ背面:Sony IMX219 8MP(書き込み後 13MP)デュアルフラッシュ
フロント:5MP(書き込み後 8MP)
対応バンド GSM: 850/900/1800/1900 (band5,band8,band3,band2)
WCDMA: 900/2100 (band8,band1)
FDD-LTE: 800/900/1800/2100/2600 (band20,band8,band3,band1,band7)
SIMサイズデュアルSIM (micro×2)
Wi-Fi2.4GHz 802.11b/g/n
Bluetooth4.0
センサー GPS
Hall Effect Sensor, Gravity Sensor
Ambient Light Sensor
Touch Sensor, OTG, Fingerpirnt
同梱品Tiger Phone x 1
Charger x 1
USB Cable x 1
Multiple Languages Manual x 1
その他※Ulefone公式サイトのスペックを参照しています

SONYの大容量バッテリーを搭載している点にも注目。対応バンドは3G(WCDMA)がband 1/3など、LTEはband 1/3/8などに対応しています。指紋認識のセンサーを搭載している点もポイントでしょう。

全体的なスペックはエントリーモデルと言えますが、1万円弱で購入できる価格が魅力の中華スマホです。

5.5インチの大画面ディスプレイ

5.5インチの大画面ディスプレイが1つのポイント。解像度はHDですが、強化ガラスでGorilla Glass 3を採用しています。

ulefone-tiger-display

ゴリラガラス3と言えば筆者個人の感覚でいうとそこそこ割れますし傷もつきますが、ブランドの強化ガラスを採用していないスマートフォンも未だに多いのでこちらはメリットです。

MediaTek MTK6737 クアッドコアCPU

mediatek-quad-core-cpu

プロセッサーにはMediatekの「MT6737」を採用していますが、クアッドコアCPU、最大1.1GH~1.3GHzのクロックスピードで、GPUはARM mali-T720 MP2です。以下MediaTekの公式サイトが出しているスペック表です。

  • CPU: 4x ARM Cortex-A53 up to 1.1-1.3GHz (or up to 1.5GHz in MT6737T model)
  • GPU: ARM Mali-T720 MP2 up to 550-650MHz (or 600MHz for MT6737T)
  • Memory: 1x LPDDR2/3 640MHz (or 733MHz in MT6737T), up to 3GB.  eMMC 5.0
  • Camera: 13MP 28fps with ZSD (or 30fps in MT6737T variant, with Dual ISP)
  • Video: 1080p 30fps H.264/H.265 decoding & 720p MPEG4 encoding (or 1080p H264 encoding in MT6737T).
  • Display: qHD 960×540 / 720p 1280×720 (or Full HD 1080p 1920×1080 60fps with MT6737T)
  • Modem: LTE FDD/TDD R9 Cat-4 CDMA2000, SVLTE, DSDS L+G/C2K,TSTS
  • Connectivity: Wi-Fi 11abgn/BT/FM/GPS/Glonass/Beidou (also: Glonass on MT6737T)

スペックを見ると1.5GHzのMT6737Tというモデルもありますが、今回Ulefone Tigerに搭載されているのは標準モデルのMT3767のようです。RAM 2GB/ROM 16GBなので、全体的なスペックはエントリーモデルと言えそうですね。

指紋認識センサー搭載

ulefone-tiger-fingerprint-sensor

背面中央には指紋センサーを搭載しています。最近は1万円前後の中華スマホでも、これらのセンサを搭載している機種は多くなってきたように思います。

4200mAhの大容量バッテリー

Ulefone Tigerの注目ポイントは、SONYの4200mAh大容量バッテリーでしょう。待受時間は公式サイトの公称値で480-550hとなっており、そこそこの電池持ちになっていることが予想されます。

ulefone-tiger-battery

Android 6.0 Marshmallowからは省電力性能も向上しているので、この辺りの電池持ちには期待できそうですね。

Ulefone Tigerの価格

公式サイト情報でプレセール価格が99.99ドル。記事執筆時点で、中国ECサイトの「GearBest」でも同じ価格でのセールとなっています。紹介している販売元ではSIMフリー仕様で販売されているので、気になる方はGearbestをチェックしておきましょう。

購入サイト:GearBest -Ulefone Tiger- 

記事がためになったら
いいね!しよう

HOME | 注意事項 | CONTACT