Xiaomi Redmi Proが発売。Helio X25のハイスペック機

Xiaomi redmi pro

Xiaomi(シャオミ)から発表された新モデル「Redmi Pro」ですが、すでに海外ECサイトで販売が開始されています。Redmiと言えば低価格、ハイコスパが特徴のシリーズですが、今回はプロセッサーにMediaTekのDeca Core(10コア) CPUを搭載したハイスペック機になっています。

プレセール時で価格は64GBモデルが329.99ドル、128GBモデルが419.99ドルです。

Xiaomi Redmi Proのスペック

Xiaomi redmi pro

シャオミが新たに発表した「Redmi Pro」いままで低価格路線だったRedmiシリーズの上位モデルとも位置付けられるスマートフォン。Miシリーズがフラグシップなので、ちょうどMiとRedmiの間くらいに位置するスペックがRedmi Proであると言えます。

モデルRedmi Pro
ブランドXiaomi
OSAndroid 6.0 Marshmallow
ディスプレイ5.5インチ 2.5D Arc フルHD 1920*1080
プロセッサーHelio X25 Deca core CPU
GPU Mail T880
RAM3GB or 4GB
ROM64GB or 128GB
microSDスロット128GB対応
カメラ背面(デュアル): 13MP & 5MP
フロント:5MP
バッテリー4050mAh
対応バンド2G: GSM 900/1800/1900MHz
3G: WCDMA 850/900/1900/2100MHz
4G: FDD-LTE 850/900/1800/2100/2600MHz
SIMサイズnano & micro
Wi-Fi802.11 a/b/g/n/ac
BLuetooth4.2
その他指紋認証 USB Type-C
本体サイズ151.5 x 76.2 x 8.2 mm
重量174g
付属品Cell Phone: 1
Power Adapter: 1
USB Cable: 1
SIM Needle: 1

OSはAndroid 6.0 Marshmallow、5.5インチの大型ディスプレイはフルHD解像度となっており、2.5D Arcスクリーンとなっています。64GBモデルはメモリが3GB RAMとなっており、128GBモデルは4GB RAM。microSDカードに対応しており、最大128GBに対応。

MediaTek Helio X25の10コアCPU

まずスペック面で注目したいのが、64/128GBモデルはプロセッサーにMediaTek製の「Helio X25」を採用している部分。Deca Core(10コア)のCPUを搭載したプロセッサーとなっており、ベンチマークテストなどを見てもハイスペックのSoCに分類されると思います。

xiaomi-redmi-pro-helio-x25

最大2.5Ghzのクロックスピードで、89%高いプロセス速度と、180%高グラフィックスパフォーマンスを秘めています。MediaTekのトリクラスターCPUアーキテクチャで省電力機能にも優れているのはポイントでしょう。

5.5インチのOLEDディスプレイ

redmi-pro-oled-display

ディスプレイは5.5インチのOLEDディスプレイを採用しており、コントラスト比は6000:1。ビビットな画面を実現しています。

スペックだけではわからない部分も多いので、気になる方は実際に試してみましょう。

Redmi ProのAnTuTuベンチマークスコア

4GB RAM + 128GB ROMのスペックで、GizmoChinaがAnTuTuベンチマークスコアを掲載しています。v6.1.9に出てきたRedmi Proのスコアを見ると、9万1719とAndroidスマートフォンの中ではハイエンド機に入るといってよいでしょう。

(32GBモデルの場合はHelio X20なので、よりハイスペックを求める方は64GBモデルか128GBモデルを選ぶべきと言えます。)

背面のデュアルカメラ

xiaomi-redmi-pro-camera-2

Redmi Proは背面に2つのカメラを設置しており、13MP, Sony IMX 258センサーがイメージを捉え、5MPのSAMSUNG製センサーが深度情報を記録。

xiaomi-redmi-pro-camera

被写界深度テクノロジーによって処理されます。…難しいことは置いておいて、つまりは背面のデュアルカメラで味のある写真が撮れるということです。

4050mAhの大容量バッテリー

バッテリーは大容量の4050mAh。公称の電池持ちは公式サイトに記載されていないようですが、サイズ、ディスプレイ解像度、プロセッサーなどを総合的に見ると、電池持ちは良いと言えそうです。

ブラシ加工の金属ボディ

本体ボディはアルミニウムボディになっており、背面はブラシ加工を施しています。これまでのRedmiシリーズと比較すると高級感も上。

xiaomi-redmi-pro-brushed-body

もちろん価格もプラスになっていますが、Proのスペックも考えるとありなのではないでしょうか。

Redmi Proの価格

GearBestで販売されている価格は、64GBモデルは329.99ドル。128GBモデルは419.99ドルとなっています。現地価格はもう少し安いですが、スペックを考えると日本からでも購入出来るハイスペック・低価格のスマートフォンとしてはそこそこの価格。きになる方は公式サイトを確認しておきましょう。

記事がためになったら
いいね!しよう

HOME | 注意事項 | CONTACT