最近の中国スマホは高性能!Ulefone Future 4G Phablet

ulefone future

最近の中国発スマートフォンは、日本でブランド名があまり知られていない機種でも、どんどんハイスペック化しています。その一つが今回発表された「Ulefone Future 4G Phablet」。

MediaTek製のHelio P10(オクタコア 1.95GHz)にRAM4GB,さらにOSもAndroid 6.0 Marshmallowを搭載した、かなり気合いの入った機種。…プリオーダー価格で3万円以下と激安になっているので、詳細をサクッとチェックしておきましょう。

Ulefone Future 4G Phabletのスペック

格安スマホ「通」の方はUlefoneブランドを知っているかもしれませんが、Ulefone Technologyは激安の価格設定と高コスパの機種を連発し、最近注目を集めています。そんなブランドからフラグシップモデルとして発売されるのが「Ulefone Future」。Android M(6.0)の最新OSを搭載したハイスペックスマホです。

機種名Ulefone Future
OSAndroid 6.0 Marshmallow
ディスプレイ5.5インチ FHD
CPUMTK6755 64bit Octa Core 1.95GHz
RAM4GB
ROM32GB
microSDスロット最大128GB対応
カメラ背面16MP・フロント5MP
バッテリー3000-3090mAh
対応バンドNetwork type: GSM+WCDMA+FDD-LTE
2G: GSM 850/900/1800MHz
3G: WCDMA 900/2100MHz
4G: FDD-LTE 800/1800/2100/2600MHz
micro SIM & Nano SIM
デュアルスタンバイ
本体サイズ151.5*73.5*8.6mm
重量185g
カラースペースグレー/ゴールド

 5.5インチのフルHDディスプレイはゴリラガラス3によって保護されており、両サイドいっぱいまで画面を広げる「超狭額縁」設計を採用することで、特徴的なデザインとなっています。

ulfone future display

MTK 6755の64-bitオクタコアCPUと4GBの大容量メモリーを搭載。ちなみにこちらのプロセッサーはHelio P10というモデルで、Qualcomm 820ほどハイスペックとはいかないまでも、ベンチマークスコアで高得点をたたき出しているSoCです。GPU性能も高いので、ゲームも快適にプレイできるとしています。

ulfone future performance

背面カメラは1600万画素。サムスン製のセンサーを搭載し、0.1秒のオートフォーカスとビビットな写真撮影を可能としています。F値2.0のデュアルトーンフラッシュも搭載しており、暗所での撮影もお手の物だとか。

ulfone future camera

サイド部分には、指紋認証センサーも搭載。このあたりはAndroid 6.0を採用したことで実装しやすくなっているのかもしれませんね。

実機の動画はこちら。両サイドいっぱいまでベゼルが狭められているのが分かります。というか、ほぼありません。

ディスプレイ動画。

UIは自分色にカスタマイズが可能!こういった部分はうれしいですね。

カメラ撮影と動画撮影。これ1台でかなりのことができてしまうなという印象です。

Ulefone Future 4G Phabletのの価格

海外ECサイトのGeatBest.comで先行販売を受け付けており、これだけのスペックを詰め込んで、プレオーダー価格がなんと2万6952円と激安に。購買意欲をそそる価格設定となっているほかアンロック(SIMフリー)モデルとなっているので、気になる方はGearBestをチェックしておきましょう。

購入サイト:GearBest

記事がためになったら
いいね!しよう

HOME | 注意事項 | CONTACT