au、Galaxy A8(SCV32)を発売へ。スペック比較!

Galaxy A8|スマホ最新機種 2015 秋冬モデル|au

薄さ6.0mmのハイスペックスマホ「Galaxy A8(SCV32)」をauが発表!

フルメタルボディにオクタコアCPU・大画面5.7インチのフルHDディスプレイを高性能な新機種。今回はスペックを比較しました。

au、Galaxy A8(SCV32)を発売へ

大手携帯キャリアauは、2015年冬モデルのラインナップに「Galaxy A8」を追加することを発表しました。キャリア史上最薄のスマートフォンとなっており、発売日は12月中旬以降を予定しています。

Galaxy A8(SCV32)のスペック

Galaxy A8|スマホ最新機種 2015 秋冬モデル|au color

韓国の大手スマホメーカーSamsungが手掛けた新機種「Galaxy A8」。auのスマホ史上最薄6.0mmのメタルボディが特徴で、5.7インチの大画面フルHDディスプレイを搭載。カラーは3色展開です。

CPUには自社製チップセット「Exynos 5433」を搭載しており、オクタコア仕様と高性能。RAMは2GB・内部ストレージは32GB。

機種名Galaxy A8(SCV32)
メーカーSamsung
OSAndroid 5.1
ディスプレイ5.7インチ SuperAMOLED フルHD
CPUExynos 5433 1.9GHz クアッドコア
+1.3GHz クアッドコア
RAM・ROM2GB・32GB
外部ストレージMicroSDカードスロット(最大128GB)
カメラ背面1600万画素/フロント500万画素
バッテリー3,050mAh(充電時間:約110分)
通信CA対応
WiFi802.11 a/b/g/n/ac(5GHz/2.4GHz対応)
カラーブラック・ゴールド・ホワイト
発売日2015年12月中旬以降

大容量バッテリー(3050mAh)を積んでいるので、連続通話時間が約1370分・連続待受時間も約520時間と長時間駆動の電池もち。

KDDIの2015冬モデルの中ではディスプレイサイズが大きく、NetflixやYoutubeの視聴に適した「ファブレット」と言えそうですね。

Galaxy A8のおすすめポイント

  • 大画面フルHDディスプレイ
  • 1600万画素の高性能カメラ
  • 自社製ハイスペックCPU
  • 長時間駆動のバッテリー

サムスンならではのSuperAMOLED採用のディスプレイは、5.7インチの大画面と合わせて動画視聴におすすめです。

Galaxy A8|スマホ最新機種 2015 秋冬モデル|au display

1600万画素のカメラを搭載し、F値1.9明るいレンズで撮影が可能です。インカメラも500万画素・HDRモードにも対応し、セルフィーにもガンガン活用できそう。

Galaxy A8|スマホ最新機種 2015 秋冬モデル|au kamera

CPUには自社製オクタコア「Exynos 5433」を採用。こちらは1部のGalaxy Note 4にも搭載されたモデルで、性能は実証済みのSoCと言えます。ただしGalaxy S6に搭載のExynosシリーズ最上位プロセッサー「Exynos 7420」と比較すると若干劣るので、もしかすると価格は少し安くなるのかもしれません。

Galaxy A8(SCV32)のデメリット

  • 防水防塵に非対応
  • RAM2GB

au公式ページでは防水・防塵の表記がなく、この点は国産スマホに比べてデメリットと言えそうです。またRAM(内部メインメモリ)が2GBなので、ヘビーユーザーはGalaxy S6シリーズと比較すると、若干の違いが出てくるかもしれませんね。

発売日

2015年12月中旬以降、auショップや家電量販店で発売予定。

au、Galaxy A8発表のまとめ

大画面・それもSamsungの新モデルということで、価格次第では購入者が増えそうです。ラインナップとしてはGalaxy S6 edgeがすでにあるので、価格などで差別化をかけてくるかもしれませんね。

(Source:au/KDDI)



記事がためになったら
いいね!しよう

HOME | 注意事項 | CONTACT