【Ascend G620S】のスペックレビューと比較

Huawei   Ascend G620S

Huawei   Ascend G620S

HUAWEI「Ascend G620S」のスペック比較とレビュー!本体価格が下がってきているので、高性能なSIMフリースマートフォンを格安で購入することができます。

格安SIMとのセット販売も多い機種なので、詳細を確認していきましょう。楽天モバイルやDMM mobileでは激安で購入できます。

HUAWEI Ascend G620Sのスペックレビュ−

Ascend G620Sのスペックを確認していきます。性能表はコチラ↓

機種名Asscend G620S
OSAndroid 4.4 KitKat
ディスプレイ5.0インチ ISP HD
サイズ142.9 x 72.1 x 8.5mm
重量約160g
CPUQualcomm Snapdragon 410
MSM8916 1.2GHz(クアッドコア)
GPUAdreno 306
openGL ES3.0
RAM1GB
ROM8GB
(利用両利き3.82GB)
SDカードスロット32GB
カメラメイン800万画素
イン200万画素
バッテリー2,000mAh
LTEband 1,3,7,19
3G(W-CDMA)800/900/2100MHz
GSM850/900/1800/1900MHz
WiFiIEEE802.11b/g/n
bluetooth4.0
GPSGPS/A-GPS/Glonass
センサーコンパス:加速度センサー:近接センサー:環境光センサー

CPU

CPUにはクアルコム Snapdragon 410 MSM8916 1.2GHz(クアッドコア)を搭載。同じCPUを積んでいる格安SIMフリースマホでは以下のような機種があります。

  • gooスマホ g02
  • VAIO Phone VA-20J
  • KYOCERA S301
  • ASUS ZenFone 2 Laser

人気機種のZenfone 2 laserと同じCPUをつんでいます。この上記の機種のなかではぶっちぎりの安さで購入できるので、コストパフォーマンスは格安スマホ業界でもトップクラスです。

RAM

CPUとRAMが処理速度の大きな部分を司っていますが、RAMは1GBです。先ほど紹介した機種の容量は以下の通り↓

  • 1GB g02
  • VAIO Phone
  • KYOCERA S301
  • ZenFone 2 Laser

ROM

ROMは8GBです。先ほど比べたSIMフリースマホと比べると少ない部類に入りますが、SDカードが32GBまで使えるので、必要であれば利用しましょう。

  • 8GB/ g02
  • 16GB/ VAIO Phone
  • 8GB/ KYOCERA S301
  • 16GB/ ZenFone 2 Laser

8GBですが実際に利用できる容量は約3.82GBとのことなので、必要であれば「googleフォト(インターネットのバックアップ用)」やmicroSDカードを上手く活用したいところです。

バッテリー

電池は2,000mAhなので、多いとは言えません。ヘビーユーザーには少し足りないかもしれないので、モバイルバッテリーが必要が必要でしょう。

カメラ性能

メインカメラが800万画素、インカメラが200万画素です。こちらも決してハイスペックとは言えませんが、値下がり後のコストパフォーマンスを考えると許せそうな性能です。

価格

本体価格は購入場所によってもちろん違いますが、現在新機種発売を受けて値下がり中です。楽天モバイルでは激安で販売しているので注目!

  • 楽天モバイル 9,980円(税抜)
  • DMMモバイル 12,800円(税抜)
  • HUAWEI直販 19,224円(税込)

公式サイト:【楽天モバイル】

公式サイト:【DMM mobile】

HUAWEI Asecnd 620S他社SIMフリースマホ比較

他社SIMフリースマートフォンとの比較をしていきましょう。動画を中心に確認します。

Ascend G620Sのベンチマークスコア

性能比較に有効なベンチマークテストのスコアを調査してみました。Antutuで計測した結果ですが、この数値はZenfone 5やZTE Blade Vec 4Gと同じくらいのスコアということなので、動作的には十分そうです。

  • ベンチスコア 19416

動作スピード・実速度

下のYoutube動画はAscend G620Sのハンズオンです。英語ですが、UIが使い易いという評価がありますね。Motion UIはHUAWEI独自のものですが、使い易さの評価は人によってそれぞれです。

 HUAWEI Ascend G620Sの注意点

購入するうえでの注意点をまとめていきます。いずれにしても値下がりした今コストパフォーマンスは非常に高い機種なのですが、他機種と比較した部分でまとめました。

LTE・3Gの電波対応

LTEはband 1,3,7,19に対応し、LTEの高速通信はドコモ系格安SIMで運用可能です、LTE自体は問題ないと言えます。

3Gは800/900/2100MHzに対応しているのですが、これはband 6が入っていないので、FOMAプラスエリアにはほぼ非対応です。特に地方に住んでいる方は注意が必要です。

内部ストレージが少ない

先述の通り、ROMが8GBですが、実際に利用できるのは約半分の3.8GBです。いらないアプリや必要ないデータはなるべく消去し、データ容量の確保が必要です。

microSDスロットを搭載しているので、コレを上手く活用しましょう。規格は最大32GBですが、なぜか64GBもモノによっては読み込むそうです。もちろん利用は自己責任になるので、なるべく32GBまでのSDカードで運用したいですね。

Bluetoothテザリングに非対応

WiFiテザリングはできますが、bluetoothでは対応していません。バッテリー容量が少ない上に消費電力が少ないbluetoothテザリングに対応していないので、格安SIMで運用したい場合には注意が必要です。

メイン機種として利用するのであれば、充電器orモバイルバッテリーを持ち運ぶことをオススメします。もちろんモバイルバッテリーを購入しても本体価格は激安なので、コストパフォーマンスが高いことにはかわりありません。

Ascend G620Sのレビューと比較・まとめ

全体的な値下げを受け、SIMフリースマートフォンのなかでは人気が再燃しそうな機種となりました。性能自体もそこまで悪くないので、購入場所次第では買いの1台と言えそうですね。

記事がためになったら
いいね!しよう

HOME | 注意事項 | CONTACT