Huawei Mate Sのスペック・価格を比較!

huawei mate 8 earphone cover

huawei mate s Huawei Mate Sのスペック・価格を比較! ファーウェイからSIMフリースマホ新機種の国内投入が発表!ハイスペックなMateシリーズが日本にやってきます。発売日は12月4日、価格は79800円です。 では詳細を確認していきましょう。

Huawei Mate S、スペック比較

5.5インチのフルHDディスプレイを搭載したSIMフリースマートフォン。CPUには「Kirin 935」を搭載しており、ファーウェイMateシリーズならではのハイスペック仕様に仕上がっています。

機種名Huawei Mate S
メーカーファーウェイ
OSAndroid 5.1 Lollipop / Emotion UI 3.1
ディスプレイ5.5インチ フルHD
ゴリラガラス4
CPUHisilicon Kirin 935 オクタコア
(A53X 2.2GHz + A53 1.5GHz)
RAM / ROM3GB / 32GB
microSDカード最大128GBまで
バッテリー2700mAh(一体型)
カメラ背面1300万画素
フロント800万画素
最大通信速度受信150Mbps/送信50Mbps
通信方式FDD-LTE: B1/2/3/4/5/7/8/12/17/18/19/20/25/26/28
TDD-LTE: B40
UMTS: B1/2/4/5/6/8/19
GSM: 850/900/1800/1900
WiFi, BluetoothWi-Fi 802.11b/g/n 準拠, Bluetooth v4.1 with BLE
テザリング最大8台
SIMサイズNano SIM
本体サイズ149.8 × 75.3 × 7.2mm
(重さ156g)
カラーミスティークシャンパン、チタニウムグレー、ローズゴールド
こちらのKirin 935は「高性能コア4基と、省電力コア4基」の合計8コア(オクタコア)を搭載しており、すでに人気の格安スマホ「Huawei P8lite」のKirin 620と比べるとクロック数も高く高性能。 huawei hisilicon kirin ディスプレイはコーニング社の「Gorilla Glass 4」に覆われており、耐久性は抜群。フルHDなので、YoutubeやNetflixも大画面で楽しめます。 huawei mate s white 本体の大きさは厚さ7.2mmと極細。iPhone 6s Plusの厚みが7.3mmなので、いかに薄いかがお分かりいただけるでしょう。重さもiPhone 6s Plusの192gに対し、Huawei Mate Sは156gと軽量です。 huawei mate s thinner ちなみにカラーは「ミスティークシャンパン・チタニウムグレー・ローズゴールド」の3種類。 huawei mate s color

カメラ

背面には1300万画素の高性能カメラを搭載。シャッタースピード・ISO感度などを調整できる「プロカメラモード」を搭載。本格的なカメラ撮影が可能です。 huawei mate s pro camera mode HDR+でシャープなフラッシュ撮影が可能な他、多彩なフィルターを搭載。余計なアプリを入れなくとも、凝った写真が撮れます。 HDR+ huawei mate s インカメラも800万画素と高性能で、カメラ機能には一切の妥協なし。海外の開封レビューでも多くの主要サイトが高評価をつけており、発売前から期待して良しの内容となっています。 huawei mate front camera

バッテリー

バッテリーは2700mAhの一体型を採用。連続待受時間・通話時間は以下の通りです。

連続待受時間

  • 4G 440時間
  • 3G 483時間

連続通話時間

  • 3G 14時間

バッテリー容量はそこまで多くはありませんが、kirin 935の省電力コア×4も搭載されています。高性能ながらバッテリーもちを維持している点は見逃せないポイント。

指紋認証機能

huawei mate s fingerprint sense 2 「Fingerprint Sense 2.0」を内蔵し、指紋の認識スピードは2倍に。自己学習機能も追加され、セキュリティ機能が増しました。

ナックルセンス・テクノロジー

knuckle sense huawei mate s つめ先や指の関節部だけでもタップできる「ナックルセンス・テクノロジー」がさらに進化。画像/動画の保存・共有などの新機能が加わりました。

フリップカバー・ヘッドセットが同梱

huawei mate s earphone cover 大手キャリア(ドコモなど)と違い、充電器は付属。さらに純正品のフリップカバーやイヤホン(マイク付きヘッドセット)がついてきます。 購入した状態で本体も守れる・音楽も楽しめるとあって、価格以上のコストパフォーマンスを感じます。

格安SIMとの相性

LTE: B1/2/3/4/5/7/8/12/17/18/19/20/25/26/28/40 3G: B1/2/4/5/6/8/19 2G: 850/900/1800/1900 Nano SIM Wi-Fi 802.11b/g/n, Bluetooth v4.1 with BLE

ドコモ系MVNOの回線でいうと、LTEはband 1, 3, 19,28に対応。3Gもband 6/19に対応しており、所謂「FOMAプラスエリア」でも使えるようです。格安SIMとの相性は◎。 顧客満足度の高いIIJmioや、月額料金の安いDMMモバイルなどで運用したいところですね。

公式サイト:IIJmio

公式サイト:DMM mobile

ちなみに楽天モバイルではセット販売を開始しました。

公式サイト:【楽天モバイル】

Huawei Mate S・価格比較

  • Huawei Mate S 本体価格 79,800円(税抜)

となっており、エントリーレベルの格安スマホというよりは、メイン機種として運用したいSIMフリースマホといった仕上がりに。 8万円前後となると、Google純正のAndroidスマートフォンNexus 6P」と同程度の金額になります。こちらもスペックは高いだけに、悩むところではありますね。 またSIMフリーの格安スマホでは約3万円で「Huawei P8lite」や「ASUS ZenFone 2 Laser」なども購入できます。こちらでも普段使いには十分な機種なので、

  • 性能重視→ Huawei Mate S/Nexus 6P
  • コスパ重視→ Huawei P8lite/ASUS ZenFone 2 Laser

を目安に購入を検討した方が良さそうです。

Huawei Mate Sの発売日

  • 2015年12月4日

12月初旬に発売されるので、MVNO格安SIMとのセット販売にも期待したいところです。

Huawei Mate S発売のまとめ

スペックは満点をつけてもいいレベルですが、唯一気になるところといえば約8万円の価格でしょうか。 しっかり吟味して購入したいところですね。

記事がためになったら
いいね!しよう

HOME | 注意事項 | CONTACT