iOSのセキュリティ対策?256のアプリがapp storeから削除

iphone

Apple

セキュリティには定評のあるApple製品ですが、個人情報を収集していた256個ものiOSアプリがApp Storeから削除されました!すべてのアプリが中国広告会社が作成のSDK(ソフト開発キット)を利用して造られたアプリだそうで、合わせて100万回ダウンロードを記録していたそうです。

iOSのセキュリティ?App Storeから個人情報抜き取りアプリが削除

セキュリティが強固なことで知られており、個人情報保護にも熱心なAppleですが、中国発の広告会社「Youmi」のSDKを利用して作成されたiOSアプリが個人情報を抜き取っていたことが判明しました。

virus security

この開発キット経由で作成されたアプリに関しては「アプリ情報・メールアドレス・スマートフォンのシリアルナンバー」などにアクセスが可能で、このような情報がYoumiのサーバーに送信されていたそうです。メールアドレス、完全にアウトですね。

iOSといえばiPhone/iPad/iPodなどがありますが、該当アプリは合計100万回以上のダウンロード数があったそうです。もしかするとあなたのスマホにも入っれいるかもしれませんね。

iPhone  6s

AppleはYoumiの当SDKでの作成アプリをすべてApp Storeから削除したことで一安心ですが、アプリ開発者の多くはこの機能に気づいていなかったそうな。利用する側にとってはとばっちりですね。

iOSのセキュリティ神話は崩れつつある?

今回のニュースの他にも、偽Xcode(Appleのソフトウェア開発キット)を利用して作ったアプリにウイルスの危険性があるなど(LINEなども対応になっていたようです。)こちらも中国系でした。

xcode

iOSアプリは強固なセキュリティが評判の1つでしたが、最近ではその神話も崩れつつあるようです。とくに中国系の大きなニュースが多いですね。

また大きな個人情報抜き取りに関しては偽開発キットを経由していることが多いようですね。こういったアプリに関してもApp Storeに存在するということは、忘れてはいけない脅威。

ポップアップリンクなどを踏むと悪質なソフトがダウンロードされる可能性もあるので、iPhone/iPadユーザーに関しても今後さらなる注意が必要でしょう。

iOSのセキュリティ問題まとめ

App Storeは審査が厳しいのが特徴ですが、それも通り抜けて個人情報を抜き取るアプリが存在するのは、セキュリティ的にそこそこ問題。

ユーザー数が世界中で増えているApple製品なので、いたちごっこにはなりますが、対策に一層力を入れて欲しいものですね。

(Source:THE VERGE)

記事がためになったら
いいね!しよう

HOME | 注意事項 | CONTACT