Lenovo 503LV、法人向けWin10mobileスマホをソフトバンクが販売

lenovo softbank 503lv

ソフトバンク株式会社が、LenovoブランドのWindows 10 Mobile搭載のスマートフォン「Softbank 503LV」を法人向けに開発、販売することを発表しました。

レノボブランドのスマートフォンを国内キャリアで発売するのは初の試みとなっており、ビジネス用途に耐えうるミドルハイのスぺック、OfficeモバイルやSkype for business、Continuumなどに対応しています。なお発売日は2016年10月以降と少し先になる予定。こちらの記事では性能の詳細をまとめていきます。

Lenovo初のキャリア向けスマホ「Softbank 503LV」

Softbankの新商品としてラインナップに加わる予定の「503LV」は、Lenovo開発のスマートフォンとしては初のキャリア販売モデルになる端末です。今回は法人向けということになっており、SBの音声サービスと日本マイクロソフトのクラウドPBXによる連携サービスの提供、モバイルセキュリティーを目的とした24時間稼動のヘルプデスクの設立などを予定。

lenovo softbank 503lv

ソフトバンクとレノボのタッグはすでにタブレットでLenovo TAB2(LTE搭載モデル)を一般消費者向けに販売していましたから、元々スマートフォン販売の話があったのかもしれませんね。

503LV(Windows 10 mobile)のスペック

SoftBank 503LVはWindows 10 mobileを搭載した、所謂「ウィンドウズスマホ」です。OfficeモバイルやSkype for Business、Microsoft Intune、Enterprise Mobility + Securityなどビジネス向け機能にに対応しているのが特徴です。本体カラーはブラックのみ。両面にガラスを使用したデザインとなる予定。

機種名Softbank 503LV
メーカーLenovo
OSWindows 10 Mobile
ディスプレイ5インチ HD(1280×720)TFT液晶
CPUQualcomm Snapdragon 617(MSM8952 オクタコア1.5GHz)
RAM・ROM3GB・32GB
microSDカードスロット最大128GB対応
カメラ背面8MP、フロント5MP
通信方式FDD-LTE,AXGP,W-CDMA,GSM(予定)
Wi-FiIEEE 802.11 a/b/g/n/ac(2.4GHz、5GHz)
Bluetoothv4.0
バッテリー2250mAh
カラーブラック
発売日2016年10月下旬以降予定

ディスプレイは5インチのHD(1280×720)TFT液晶、CPUにはクアルコムのMSM8952(Snapdragon 617 オクタコア1.5GHz)、メモリが3GBにストレージが32GBと現時点ではミドルハイと言えるスペックを搭載していますが、10月下旬以降の発売ということでその頃には一般消費者向けにもう少しスペックの高いWin10mobile搭載スマホが発売されているような気も。

バッテリー容量は2250mAh。カメラ機能は背面が800万画素、フロントが500万画素と抑えめ。Wi-Fi接続はIEEE802.11a/b/c/g/n/ac(2.4GHz,5GHz)に対応しており、本体サイズも突起部を除くと7.6mmと薄型設計で、必要なスペックに絞った、まさにビジネス向けのスマートフォンと言えそうです。

Lenovo 503LV、法人向けのwindows10スマホまとめ

Continuumに対応するほかSoftbankが全面的にビジネス面利用でのバックアップをする予定のようなので、手軽に管理できるIntuneなどが使いたい管理者の方には少し気になる端末かもしれません。10月下旬に発売ということなので、目をつけておきましょう。

source:ソフトバンク・プレスリリース

記事がためになったら
いいね!しよう

HOME | 注意事項 | CONTACT