LG X screenのスペックまとめ

lg x screen

LGが新機種のスマートフォン「LG X Screen」サブディスプレイ搭載モデルを発表しました。Android 6.0 Marshmallowを標準搭載しており、1.2GHzのクアッドコアプロセッサーにHD解像度とエントリースペック機といえる仕様になっています。

LG X screenのスペック

LGの新シリーズ「X」のサブ画面搭載モデル。Android 6.0 MarshmallowにクアッドコアCPUを採用。4.93インチのメインディスプレイが1280×720(HD)、サブディスプレイが1.76インチの520×80となっています。

機種名LG X Screen
メーカーLG
OSAndroid 6.0 Marshmallow
ディスプレイメイン4.93インチ(1280×720)
サブ1.76インチ(520×80)
CPUクアッドコア 1.2GHz
RAM2GB
ROM16GB
microSD最大2TB
カメラ背面1300万画素
フロント800万画素
バッテリー2300mAh
ネットワーク LTE / W-CDMA / GSM
WiFi802.11 b/g/n
Bluetooth4,1
本体サイズ142.6×71.8×7.1mm
重量120g

RAMは2GBで、ROMが16GB。若干ストレージ容量が足りない気はしますが、microSDカードが利用可能です。

背面カメラには1300万画素を搭載し、全面は800万画素のセルフィーカメラを搭載。(韓国モデルはインカメラが500万画素)バッテリーは2300mAh。

全体的なスペックを見るとエントリーモデルとなっていますが、上部のセカンドスクリーンやカメラ機能は面白そうな仕様になっています。価格次第では買いの1台になるかもしれませんね。

LG X Screenは2016年3月以降に韓国を中心にグローバル展開を予定。合わせて発表されたオクタコアプロセッサー搭載の「LG X Cam」も順次発売予定です。

記事がためになったら
いいね!しよう

HOME | 注意事項 | CONTACT