マイクロソフト【Lumia 650】のスペック

microsoft lumia 650

マイクロソフトのスマートフォンブランドLumiaから低価格モデルの「Lumia 650」が発表されました。OSにWindows 10 Mobileを採用した格安スマホとなっており、ディスプレイは5インチ、1.3GHzのクアッドコアCPUを搭載しています。

米国価格にして199ドルで発売予定。

マイクロソフト「Lumia 650」スペック

Lumiaブランドの低価格モデルがLumia 650。Windows 10 Mobile搭載の格安スマホで、プロセッサーにSnapdragon 212(1.2GHz/クアッドコア)、RAMが1GB、ROMが16GBのエントリースペック機になっています。

機種名Lumia 650
メーカーマイクロソフト
OSWindows 10 Mobile
ディスプレイ5インチ
Gorilla Glass 3
CPUクアルコム Snapdragon 212 クアッドコア1.3GHz
RAM1GB
ROM16GB
microSD最大200GB
カメラ背面800万画素
フロント500万画素
バッテリー2000mAh
WiFi802.11 b/g/n
Bluetooth4,1
本体サイズ142 × 70.9 × 6.9 mm
重量122g

内部ストレージが少し足りない気がしますが、microSDカードで最大200GBまで外部ストレージ増量が可能。ディスプレイは5インチでゴリラガラス3を採用することで、耐久性をアップさせています。

背面カメラは800万画素で、インカメラは500万画素。本体価格を考えると妥当なスペックといえそうですが、実際にどの程度きれいに撮れるかは見ものです。

Lumia 650の実機レビュー

Youtubeですでに実機レビューがあったので、少しのせておきましょう。

パフォーマンス部分も良い評価をしており、速いとはいえませんが普段使いには十分なように見えます。ゲームはものによって快適なようですが、中にはプレイできないものも。

いいことばかり言っているようにも見えますが、動画レビューを見る限りでは199ドルの価格帯では「気軽に購入できるWindows Phone」として人気のでそうな予感です。

日本市場ではSIMフリーのWindowsフォン発売メーカーが多くなってきているので、国内投入しても売れるようは気はします。もちろん、マイクロソフトの戦略次第ですが…。

記事がためになったら
いいね!しよう

HOME | 注意事項 | CONTACT