DELL、Androidタブレット市場から撤退か

dell will not going to sell android tablet

DELLがAndroidタブレット市場からの撤退を示唆。英語の公式ブログで明らかになりました。コンシューマー向けタブレット市場はすでに過当競争に陥っているとして、今後はWindowsの2 in 1 PCに製品ラインナップを絞っていくようです。

DELL、Androidタブレットから徹底か

DELLはタブレット需要の伸びに疑問を持っているようで、Windows搭載の2 in 1 PCタブレットへの集中を公式ブログにて表明しています。

Dell is repositioning its mobile products portfolio to take advantage of both the resurgence of the 2-in-1 market and the continued growth of the traditional form factor laptop. With the release of Windows 10, our 2-in-1s and laptops are positioned to take advantage of the largest growth opportunities within the personal computing space. Detachable tablets (or 2-in-1s) reached an all-time high of 8.1 million devices in the fourth quarter of 2015. They have also more than doubled their shipments since the fourth quarter of last year. (Dell公式ブログより)

Gartnerの調査によれば、17%のユーザーがタブレットの購入を先12か月間で検討しているとしていますが、この数値は過去10年間で一番低いそうで、今後の需要にも陰りが見えているものと見られます。

As the slowdown in purchases of personal technology continues, a recent Gartner, Inc. survey found that 17 percent of consumer respondents in mature markets intend to buy a tablet in the next 12 months. This will force strategic leaders to reassess market opportunities in this category, as basic and utility ultramobile upgrade rates could fall by 10 percent through 2016.(Gartner公式サイトより)

DELLは日本でもVenueシリーズでAndroidタブレットを発売していましたが、すでに公式サイトでの発売は停止しています。最近はPCのラインアップでもInspironシリーズ、XPSシリーズの高性能2-in-1 Note PCに力を入れており、市場動向を考えても2 in 1製品に集中して展開していくのはDELLとしては得策と言えるかもしれませんね。

記事がためになったら
いいね!しよう

HOME | 注意事項 | CONTACT