Onda V80 SE Tablet PC、8インチの格安タブレットが約1万円

onda v80 se

中国の格安タブレットブランドOndaから、新機種の「Onda V80 SE」が登場。Android  5.1 Lollipopを搭載しており、 プロセッサーにはIntel Baytrail Z3735F、8インチの高解像度IPSディスプレイを搭載しています。

GearBestでの本体価格が9676円以下と1万円以下で購入出来るコスパが魅力。プレセールは8月31日までとなっているので、気になる方はチェックしておきましょう。

購入サイト:Onda V80 SE Tablet PC –  gearbest

Onda V80 SEのスペック

onda v80 se design 2

ピンクの大胆なカラーリングもOnda V80 SEの特徴

Onda V80 SEはAndroid 5.1 Lollipopを搭載した8インチの格安タブレット。カスタマイズされたOnda ROM 2.0を搭載しているとしていますが、GearBest独自ROMが入っているかどうかは不明。

モデルOnda V80 SE
OSAndroid 5.1 Lollipop With Onda ROM 2.0
ディスプレイ8インチ IPS 1920×1200
プロセッサーIntel Baytrail Z3735F 1.33GHz-1.83GHz
メモリ2GB DDR3L RAM
ストレージ32GB EMMC ROM
microSDカードスロット最大256GB
カメラリアカメラ:3MP
フロントカメラ:0.2MP
バッテリー4200mAh
Bluetooth4.0
WiFi802.11b/g/n
本体サイズ21.40 x 12.50 x 0.95 cm
重量:312g

解像度は1920*1200と高めで、OGSディスプレイを搭載しているので中華タブによくあるような液晶画面との距離、凹みのようなものもなくなっているのがV80 SEのポイントです。

onda v80 se design

SEという名称がApple社のiPhoneを連想させるが、Onda V80 SEはタブレット。

独自のOnda ROM 2.0

Onda ROM 2.0が搭載されているので、若干のカスタマイズが入っているようです。以下の動画や他の機種でのレビュー動画を見る限りでは、そこまでカスタマイズといっても素のAndroid OSに近いような気がします。

8インチの1920×1200の高解像度ディスプレイ

8インチの小型タブレットながら、ディスプレイ解像度は1920*1200と美麗なスペックになっています。先述の通り、OGSディスプレイも注目すべきポイントと言えるでしょう。

onda v80 se display

スペックはそこまで高いとは言えませんが、動画視聴用などには十分すぎる気がします。価格が約1万円程度ということを考えると、なかなかコスパの高い機種に仕上がっている予感。

Intel Atom Baytrail Z3735F搭載

Baytrail世代のIntel Atomプロセッサーを搭載。RAMが2GBということでそんなにベンチマークスコアも出ないかなとは思っていたのですが、実機動画ではAntutu Benchmarkテストで5万4794点となっています。(バージョンは6.1.8)

onda v80 se antutu benchmark

Onda V80 SEがGearBestでセール、まとめ

Ondaブランドは最近日本でも購入する方が多くなってきたように思いますが、この手の激安タブレットは結局Onda V80 SEのような「とにかく安く、使い倒せる」ような機種がお勧めな気がします。GearBestでセール中なので、気になる方は公式サイトをチェックしておきましょう。

購入サイト:Onda V80 SE Tablet PC –  gearbest

記事がためになったら
いいね!しよう

HOME | 注意事項 | CONTACT