【SIMフリー・格安スマホ】2015年人気だった機種の総まとめ

SIM

SIM

格安SIM人気を合わせて人気を集めた「SIMフリー・格安スマホ」。今回は2015年話題になったおすすめ機種を、スペックや価格と共にレビュー・紹介します!海外メーカーのASUS「Zenfone」シリーズや、コスパ抜群の「Huawei P8lite」、国産モデルのarrows M02など、抑えておきたい情報をチェック!

2015年おすすめだったSIMフリー・格安スマホ

ASUS ZenFone 2 Laser

ZenFone 2 Laser  ZE500KL ASUS

2015年は価格コムランキングで上位に位置した、ASUS製「ZenFone 2 Laser」。クアッドコアCPUに「レーザーオートフォーカス」カメラを搭載し、価格は2万5000円~3万円程度ながらサクサク動作する格安スマホとして人気を集めました。

SIMフリー市場におけるASUSの国内製品ラインナップは随分と成功しているようで、2016年にも期待できそうです。

機種名ZenFone 2 Laser (ZE500KL)
メーカーASUS
ディスプレイ5インチ HD
CPUSnapdragon 410 クアッドコア(1.2GHz)
RAM/ROM2GB/16GB
カメラ背面:1300万画素
前面:500万画素
バッテリー2400mAh

Huawei P8lite

HUAWEI P8lite

コスパの高い機種を連発しているHuawei(ファーウェイ)から発売された「P8lite」。自社傘下HisiliconのオクタコアCPUを搭載した本機は、ユーザーレビューも◎。

最近のHuaweiはブランドの認知度向上とともにハイスペック端末にラインナップをシフトしている傾向もありますが、2016年もp8liteのような3万円程度で購入可能なSIMフリースマホを発売してほしいものです。

機種名Huawei P8lite
メーカーファーウェイ
ディスプレイ5インチ HD
CPUHisilicon Kirin620 オクタコア(1.2GHz)
RAM/ROM2GB/16GB
カメラ背面:1300万画素
前面:500万画素
バッテリー2200mAh

富士通 arrows M02

arrows M02 富士通

2015年は海外メーカー勢が格安スマホ市場で人気でしたが、そんな中国内メーカーで健闘しているのは富士通製の「arrows M02」。docomo / au系回線で運用できる対応バンドから、ドコモ系MVNOのみならず「mineo」などでもセット購入が可能です。

3日間の電池もち・MIL規格準拠の堅牢性・おサイフケータイ対応・防水仕様など、日本メーカーならではのこだわりが詰まった1台。

機種名arrows M02ARROWS M01
メーカー富士通富士通
OSAndroid 5.1 LollipopAndroid 4.4
CPUQualcomm Snapdragon410
(1.2GHzクアッドコア)
Qualcomm Snapdragon410
(1.2GHzクアッドコア)
RAM2GB1GB
ROM16GB16GB
SDカードスロットmicroSDHC
最大32GBまで
microSDHC
最大32GBまで
ディスプレイ約5インチ
有機ELディスプレイ
ゴリラガラス3
(1280×720)HD
約4.5インチ
有機ELディスプレイ
(1280×720)HD
カメラ機能背面カメラ810万画素
インカメラ240万画素
800万画素
130万画素
バッテリー2,330mAh2500mAh
連続通話時間約780分(VoLTE)約670分
連続待受時間約580時間(4G LTE)約950時間(3G)
約700時間(LTE)
SIMサイズnano SIMmicro SIM
対応周波数(LTE)[docomo]
2GHz,1.8GHz,800MHz
[au]
2GHz,800MHz
docomoのみ
防水・防塵防水 IP5/8
防塵 IP6X
防水 IPX5/8
防塵 IP5X
おサイフケータイ-
WiFiIEEE802.11 b/g/nIEEE802.11 a/b/g/n/ac
Bluetooth4.14.0

FREETEL SAMURAI MIYABI / KIWAMI

img_samurai_kiwami_162623

MVNOのフリーテルが開発したSAMURAI 雅と極。上位モデルのKIWAMIに関しては増産を発表しており、人気のほどがうかがえます。製品ラインナップに関してはSIMフリーガラケーのSimpleなどでユーザーの不具合報告もあり、2016年は真価の問われる年となりそうです。

格安SIM「FREETEL SIM」の評判はうなぎのぼりの状態で、低価格を維持しながらも回線は高速と評判。SIMカードだけでも使う価値はあり。

機種名雅 MIYABI極 KIWAMI
OSAndroid 5.1 LollipopAndroid 5.1 Lollipop
CPUクアッドコア1.3GHzオクタコア2.0GHz
ROM(内部メモリ)2GB3GB
RAM(内部ストレージ)32GB32GB
ディスプレイ5インチ6インチ
カメラ背面カメラ:1,300万画素
インカメラ:500万画素
背面カメラ:2,100万画素
インカメラ:800万画素
バッテリー2200mAh3400mAh
SDカードスロットmicroSDXC(最大64GB)microSDXC(最大64GB)
周波数
LTE・3Gバンド
2G:GSM 850/900/1800/1900 MHz
3G:UMTS B1/B6/B8/B19
FDD LTE B1/B3/B8/B19
2G:GSM 850/900/1800/1900 MHz
3G:UMTS B1/B6/B8/B19
FDD LTE B1/B3/B7/B8/B19
WIFI802.11b/g/n (2.4GHz)802.11 a/b/g/n/ac (2.4/5GHz)
Bluetoothバージョン4.0 LEバージョン4.1 LE
センサーGPS搭載 (A-GPS対応) / 加速度センサー / 近接センサー / 光センサー / e-compassGPS搭載 (A-GPS/GLONASS対応) / 加速度センサー / 近接センサー / 光センサー / e-compass / Gyroscope / NFC / 指紋認証
SIMスロットmicro SIM / micro SIM
(デュアルSIM仕様)
micro SIM / nano SIM
(デュアルSIM仕様)

Xperia J1 Compact

xperia j1 compact

国産・コンパクト・高性能カメラで人気のXperia J1 Compact。価格はちょいプラスになりますが「楽天モバイル」ではお得に購入できるキャンペーンを行うなど、常に一定の人気を集めていました。

…海外では「Xperia AQUA M4」などミドルスペックの機種も発売しているので、このあたりは日本国内でも格安スマホとして発売してほしいところです。

機種名Xperia J1 compact (SONY)
OSAndroid™ 4.4
CPU2.2GHzクアッドコア
RAM2GB
ROM16GB
ディスプレイ4.3インチ
カメラメインカメラ 2070万画素
バッテリー2300mAh
その他SIMフリー

Honor6 Plus

honor6 Plus

Huaweiから発売の高性能モデル「Honor6 Plus」。楽天アンバサダープログラムでレビューユーザーが多かった機種でもあります。ドコモ系MNVOでつかめるLTEバンドが少し少ないのがデメリットですが、3GのFOMAプラスエリアには対応。

スペック自体は高性能なので、まだまだおすすめの機種と言えます。

機種名Honor6 Plus
メーカーHuawei
OSAndroid 4.4(5.1へアップデート可)
ディスプレイ5.5インチ フルHD
CPUKirin 925 (オクタコア)
RAM・ROM3GB/32GB
カメラ背面:800万画素×2(ディアルカメラ)
フロント:800万画素
バッテリー3600mAh
カラーゴールド・ホワイト・ブラック

Moto G(第三世代)

Moto G  第3世代

Goo Simsellerから発売されたばかりの機種ですが、海外レビュー・評判が非常に高いのでノミネート。第二世代のMoto Gと違い動作がサクサク動くと評判で、カメラも高性能。

MotorolaはMoto Gシリーズで評価の高い格安スマホを連発しているので、今後日本でSIMフリースマホを発売してほしいという願いもあります。

機種名Moto G (第3世代)
メーカーMotorola
OSAndroid 5.1.1(出荷時)
Android 6.0 にOTAアップデート予定
ディスプレイ5インチ HD
CPUSnapdragon 410
クアッドコア1.4GHz
RAM・ROM2GB・16GB
外部ストレージMicroSD(最大32GB)
カメラ背面1300万画素
フロント500万画素
バッテリー2470mAh
ネットワークLTE:B1(2100) / B3(1800) / B7(2600) / B8(900) / B28(700) /B40(2300)
W-CDMA:B1(2100) / B5(850) / B8(900) / B19(800)
GSM:850, 900, 1800, 1900
WiFi802.11 b/g/n
防水IPX7
Bluetooth4.0
本体サイズ約142.1mm x 72.4mm x 6.1-11.6mm
重量約155g

SIMフリー・格安スマホ2015年の人気機種まとめ

今年はより多くのSIMフリースマートフォンが発売され、格安SIMと共に随分認知度が上がってきたような気がしています。今年は3万円程度の格安スマホが人気を集めており、2016年もこのあたりがねらい目なのかなという印象。

海外勢のモデルが人気を集めましたが、今後は富士通やFREETEL、UPQなど国内メーカーにも奮闘を期待しましょう!

記事がためになったら
いいね!しよう

HOME | 注意事項 | CONTACT