MISFIT FLASHの購入レビュー!つけっぱなしOKの格安活動計!

MISFIT WEARABLE FLASH

「MISFIT FLASH」5000円以下で購入できるアクティビティトラッカーを購入したので実機レビューをします!手ごろな価格やスマートフォンとの連携、常時活動計測や睡眠時間自動測定測定など、結果的に買って非常に満足しました。

今回はおすすめポイント・注意点も含めて、生の声をお届けします。


MISFIT FLASHの購入レビュー

MISFIT WEARABLE FLASH 2

MISFITには廉価モデルの「FLASH」と「SHINE/SHINE 2」という製品ラインナップがありますが、最初に購入する際これで「どっちがいいの?」と迷うはずです。主な違いですが、

FLASH SHINE
水深30m 水深50m
本体プラスチック 本体アルミ

実はこれくらいしか違いがないんですよね。見た目は基本一緒ですし、水深30mだと一応水泳もOKらしいのですがシャワーに入っても大丈夫なくらいの防水性能は余裕ということで、価格の安いFLASHを購入するに至りました。

MISFIT FLASHのおすすめポイント

以下が実際に購入してみて使いやすかったおすすめポイントです。基本つけっぱなしで勝手に計測してくれるので、非常に楽。Fitbitと比較すると価格がかなり安いので、コスパにも優れています。

  • 運動/活動量の自動計測
  • 睡眠トラッキング機能
  • 抜群の電池もち/充電の必要なし
  • 防水機能
  • 時計としても利用可
  • 価格が激安

自動トラッキングできる活動計

いったんスマホと連携しておけば、あとは自動で運動量を計測してくれます。なので設定をしてしまえば、24時間つけっぱなしでOK。腕から外す必要は一切ありません。…ちなみに以下のようなトラッキングはすべて自動でやってくれます。(スマホが海外購入なので、すべて英語になってますが、日本語設定なら日本語で使えます。)

  • ランニング距離
  • 消費カロリー計算
  • 歩数計

Screenshot_2015-12-23-12-59-23

私はAndroidのスマートウォッチ「LG G Urbane」を持っているのですが、実際の運動量と計測の正確さを比較すると、MISFIT FLASHのほうがより正確にデータをはじき出してくれていました。これは正直驚き。基本充電する必要がないことを考えると、フィットネス端末としてはApple Watchよりも全然優秀です。

Screenshot_2015-12-23-12-59-43

運動の強度やウォーキング・ランニング・サイクリング・スイミング・ヨガ…etcなどで設定することで、より正確にトラッキングすることができるようです。私は基本歩きしか使ってないですが、このあたりも便利です。

ちなみにFLASH本体の方は、ボタンを押すことで「その日の達成度」が確認できます例えば今撮影した写真をみてみると、朝起きたばかりなのでほとんど活動しておらず、LEDは1つしか点灯していません。

IMG_20151223_115729

ただし日中活動していくとこれが溜まっていき、その日の目標を達成すると円形にすべてのランプが点灯します。これはボタンを押すだけで確認できるので「あ、今日あんまり運動していないな、ちょっと散歩するか」といった具合にモチベーションが上がるわけです。

ちなみにFLASHで集めたデータはスマホのアプリから「Sync」を押すだけで最新のトラッキング情報をスマートフォンに表示可能。AndroidでもiOSも対応しているので、最近どれだけ運動しているかを見るのは非常に便利です。

Screenshot_2015-12-23-12-01-45

睡眠の自動計測

MISFITを購入した一つの理由が「つけているだけで眠りの深度を計測してくれる」機能です。寝ている時間を自動で計ってくれるほか、基本的に本体やスマホ側で操作する必要は一切ありません。(横になっていると時間計測し始めるので、正確に計りたい方は睡眠モードを押してから寝ることをおすすめします)

Screenshot_2015-12-23-12-03-46

例えば昨日の睡眠時間、約7時間寝てます。実際の寝ている時間とマッチしているので、かなり正確に測れているのかなといった印象。私の場合、ここで睡眠時間が短い場合は朝コーヒーを飲むことにしています。生活のルーティーンが生まれるので個人的にもお気に入り。

Screenshot_2015-12-23-12-03-53

また「睡眠のレベル」も計測できるようになっており、「awake=半起き・light=浅い眠り・restful=良い睡眠」3段階で勝手に判定。おもしろいことに浅い眠りが多い次の日は疲れが残っていたりするので、よくできてるなの一言。…ちなみに写真は英語ですが、スマホ設定が日本語であればちゃんと日本語で使えます。(海外で購入したスマートフォンに日本設定が入っていないためです…すみません)

Screenshot_2015-12-23-12-13-06

ちなみに左上のカレンダーマークをタップすると「週ごと・月ごと」でも活動量や睡眠時間が見れるので「いま自分が規則正しい生活をしているか」を見るにはピッタリです。

充電がいらない

付属の交換可能な電池で、約4か月は電池が持ちます。なので、基本的にはつけっぱなしでOK。先述の通り私はAndroid Wearのスマートウォッチを毎日充電して利用していたので、充電なしでつかえるのはGoodでした。

ちなみにスマホとの連携画面から電池残量は確認できるので、なくなったら電池を変えるだけの簡単作業。フィットネストラッカーは設定や充電がめんどくさかったりしますが、MISFITの「購入したらつけるだけ」のスタイルが、非常に気に入っています。

…ここまではスポーツバンド・睡眠計としての機能を紹介してきました。次は防水性能です。

MISIT FLASHの購入レビュー・その2

水泳OKの防水性能

IMG_20151223_131645

水深30mの防水性能をそなえているので、水泳もOKらしいです。私は泳ぐ機会がないのでアレですが、毎日装着したままシャワーに入ってます。これでも問題なく動作…水回りには強いです。スマートウォッチの方は「高価・防水弱」なので例えシャワーOKと言われてもさすがに怖いですからね、

時計としても使える

IMG_20151223_131857

ボタンを押すと運動の進捗を表示したあと、LEDが点灯して時間も確認できます。強く常時点灯している部分が「時」の部分で、点滅している部分が「分」です。写真だと少しわかりにくいのですが、これで1時20分を表しています。

ランニング・散歩中に大体の時間を確認するのには便利ですね。

価格が安い

執筆当時Amazonでは5000円以下の価格設定となっており、fitbitと比べるとめちゃ安いです。私のように「活動量チェック」「ランニング・歩数計など簡単な運動」「ダイエット始めました」いう方には手ごろなリストバンドと言えるでしょう。

…計測していなかったときよりも、フィットネスに対するモチベーションはかなり上がりますからね。これだけで運動する気になれるのは最高です。

MISFIT FLASHの注意点

  • 筋トㇾ系に弱い
  • 心拍数が計れない
  • 目立たない

筋トレ系に弱い

静的な運動もしばらく試してみましたが、あまり正確には計測されません。なので動的なランニング・ウォーキング・その他多少は動く運動用におすすめです。…ちなみにヨガモードでヨガをした際には意外としっかりカロリー計算してくれました。

心拍数が計れない

運動強度をはかるには有効な心拍数計測機能ですが、ないです。ただ私自身Android Wearスマートウォッチでの心拍数測定にあまり意味を感じられなかったので、これは問題ないと思ってます。

…心拍数を計りたい!というよりは「消費カロリー・どれくらい運動しているか見たい」というほうが圧倒的に多そうですしね。正直心拍数が上がっても運動のモチベーションはあがりません。

目立たない

カラーによってはビビットなものもありますが、基本黒は目立たないです。かなりシンプルな見た目になっているので、正直目立ちたい方にはあまり向いていないかも。

IMG_20151223_130228

付属品でポケットや胸元につけるようのクリップケースもついてくるので、目立たせずにつけたいという方には◎。私もこっち派です。

MiSFIT FLASHの実機レビューまとめ

ユーザー口コミでもいろいろな意見がありますが、

  • 基本つけっぱなし
  • 充電不要
  • ある程度正確に運動・睡眠状況を把握
  • 安い

という点でかなり優秀なんじゃないかと感じています。リアルアスリートでない限りは、MISFITは買いですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。