Lenovo【YOGA Tab 3 Pro 10】のスペック・特徴比較

yoga tab 3 pro 10 specs

yoga tab 3 pro 10

Lenovo「YOGA Tab 3 Pro 10 」のスペック・特徴を比較!レノボ・ヨガタブレットシリーズの三代目。最大18時間のバッテリー駆動やJBL製のサウンドバーを搭載した多機能新モデルで10インチ超のディスプレイを搭載。Android 5.1採用で、クアッドコアCPU(Atom)装備の新機種に注目!

YOGA Tab 3 Pro 10のスペック比較

yoga tab 3 pro 10 specs

Lenovoヨガシリーズの上位モデル「Tab 3 Pro」10,1インチの大画面ディスプレイを搭載しており、サウンドバー・AnyPen対応・プロジェクター内蔵など、多彩な利用シーンで楽しめます。前作のキックスタンドも継承し、バッテリーは18時間の長時間駆動を実現。

機種名YOGA tab 3 Pro 10
製品番号ZA0F0065JP(wifiモデル)
ZA0N0020JP(LTE/3G対応SIMフリーモデル)
メーカーLenovo
OSAndroid 5.1 Lollipop
CPUインテル® Atom™ x5-Z8500 プロセッサー
1.44 GHz(インテル® バースト・テクノロジー対応、バースト周波数:2.24GHz)
RAM/ROM2GB/32GB
外部メモリmicroSDカードスロット
ディスプレイ10.1インチiPS液晶
Anypen対応
SIMスロットZA0F0065JP なし
ZA0N0020JP micro SIM
WiFi802.11a/b/g/n/ac
BluetoothV4.0
AudioJBLスピーカー×4
DOLBY Atmos
カメラ背面カメラ1300万画素
前面カメラ500万画素
バッテリー/電池持ち10200mAh/最大18時間
独自機能DLPピコプロジェクター内蔵、防滴仕様
発売日2015年11月16日
購入場所量販店など

OSはAndroid 5.1

android 5.1 lollipop

旧YOGA tab 2にはWindows 8搭載モデルがありましたが、こちらの「Tab 3 Pro 10」はAndroid 5.1 Lollipopを採用。ヨガタブシリーズはビジネス系・文書編集作成というよりはプロジェクターなどエンターテイメント系に力を入れているので、widnowsよりもandroidの方が使いやすいでしょう。

(管理人もmicrosoft windows版tab2を利用していますが、モバイル端末でwindowsだとまだまだ物足りないです。)

CPUはIntel Atomクアッドコア

Androidではまだ珍しいIntel製のAtomを搭載しています。コア数は4つで、クロック数は1.4GHz。性能は実際に使ってみないとわかりませんが、唯一ネックになるとすればこの部分でしょう。

ディスプレイは10.1インチ

タブレットでは大画面の10.1インチ、IPS液晶ディスプレイを採用。yogaタブ系はタッチ感度に不具合レビューがちょいちょい見られるので、この辺りは改善していてほしいところです。ちなみに液晶はこのスペックなら十分動画を楽しめるでしょう。

価格・発売日

WiFiモデルが65,800円、LTE搭載モデルが70,800円ほどとなる予定で、タブレットとしては少し高めの価格設定。しかしこれから紹介する特徴を見れば、この価格でも欲しくなるはずです!発売日は11月16日より主な量販店で開始される予定で、公式ショップのレノボショッピングからも順次スタート予定です。

YOGA Tab 3 Pro 10の特徴比較

ここからはLenovoヨガタブならではの特徴を紹介していきます。なんといっても一番のおすすめポイントは「内蔵プロジェクター」。その他電池持ちなども注目!

180度回転の内蔵プロジェクター

yoga tab 3 pro 10 プロジェクター

ヒンジ部分(キックスタンドのところ)に、小型DLPピコプロジェクターを内蔵。タブレットだけで最大70型相当の画面投写が可能です。180度回転するので、部屋を暗くすれば壁や天井に画面を写してNetflixやYoutubeを楽しめます。JBL製のDOLBYサウンドバーも合わさって、手軽にホームシアター環境を構築できる点はGood。

大容量のバッテリーと18時間の連続駆動

タブレットにしては超大容量となる10200mAhのバッテリーを積んでおり、最大駆動時間は18時間という脅威の電池持ち。マックス充電なら1日がっつり使える点はおすすめポイントです。

お馴染みのキックスタンド

yoga tab 3 pro 10 kickstand

シーンに応じた使い方ができるキックスタンドが非常に便利。管理人も利用していましたが、キーボードなしでも立てかけて見れるので、キッチンやサブディスプレイ、寝ながら視聴も完璧にこなすタブレット。

あとは下記をYouTube動画をみてください。値段はともかく、欲しくなると思います!

Lenovoのプロジェクター搭載タブレット・まとめ

価格がちょい高いのとIntel Atom×Android OSの組み合わせ・スペックが不安材料ではありますが、「18時間駆動バッテリー・内蔵プロジェクター・サウンドシステム」に関しては今季1番の注目株。手軽にホームシアター環境を構築されたい方は、いろいろ買うよりもコレ1台で十分かもしれませんね。

(Source:Lenovo)

記事がためになったら
いいね!しよう

HOME | 注意事項 | CONTACT