Surface 3のWi-Fiモデルが発売決定!スペックは?

Surface 3   Microsoft WiFiモデル

Surface 3   Microsoft WiFiモデル

Surface 3のWiFiモデルが発売決定!Y!mobileですでにLTE版が発売されていましたが、ついに個人向けにもWiFiモデルが展開されます。すでにMicrosoftの公式オンラインストアで購入できるようになっているので、価格やスペックを調査しました。

Surface 3 Wi-Fiモデルのスペック

Surface 3のWiFiモデルは10.8インチのフルHD+ディスプレイを搭載。解像度は1920×1280で、別売りですが「Surfaceペン」や「Type Coverキーボート」も合わせて利用可能です。

機種名Surface 3
(WiFiモデル)
メーカーmircosoft
OSWindows 10 Home(64-bit)
CPUクアッドコア インテル Atom x7-Z8700 プロセッサー (キャッシュ 2 MB、1.6 GHz (インテル バースト テクノロジーにより最大 2.4 GHz)
記憶容量/メモリ64GB/2GBメモリ
128GB/4GBメモリ
ディスプレイ[スクリーン] 10.8 インチ ClearType フル HD+ • [解像度] 1920 x 1280 • [縦横比] 3:2 • [タッチ] マルチタッチ対応 • [ペン入力] Surface ペン対応 (別売)
バッテリー駆動時間最大約10時間
カメラ性能.5 メガピクセルのフロント カメラ (1080p 対応) • 8.0 メガピクセルのリア カメラ (1080p 対応、オート フォーカス)
音響機能Mマイク • Dolby サウンド搭載ステレオ スピーカー
WiFi無線LAN (802.11 a/b/g/n/ac)
Bluetoothバージョン4.0
外部端子フルサイズ USB 3.0 端子 • Mini DisplayPort • microSD カード スロット • マイクロ USB 充電端子 (USB 2.0 データ通信対応) • ヘッドセット ジャック • カバー用端子
サイズ約 267 mm x 187 mm x 8.7 mm
重量約 622 g
保証1 年間の製品保証、90 日間無償テクニカルサポート

CPUにはIntel Atom x8700を搭載。クアッドコアの1.6GHz(Intelバーストテクノロジーで最大2.4GHz)となっており、性能としてはそこそこ。Windows 10 homeが標準装備されている点も見逃せないポイント。

今回のワイファイモデルでは、「64GB/2GBメモリ」と「128GB/4GBメモリ」の2種類が日本国内に投入されており、内蔵のmicroSDカードリーダーは最大128GB対応。またUSBポートにUSBメモリ・外付けHDDなどを繋いで容量の拡張も可能です。

噂では次世代機種のSurface Pro 4がIntelの新プロセッサー「Skylake(スカイレイク)」を搭載する(Surface Pro 3と比べて3Dゲームパフォーマンスが50%ほど高いそうな)かもしれないので、こちらを待ってみるのもアリかもしれませんね。

Surface 3 Wi-Fiモデルの価格

  • 64GB/2GBメモリ 77,544円(税込)
  • 128GB/4GBメモリ 88,344円(税込)

税込み金額が上記の通りとなっています(マイクロソフト・日本公式ストア/2015年10月13日調べ)。LTEモデルと比べると約1万円ほど安い価格設定となっているので、浮いた金額でSurfaceペン(6,458円/税込)を購入しても良いかもしれません。

ちなみに日本限定(?)で「Office Premium プラス Office 365」が付属しており、追加で料金を支払うことなく利用できるのはGood。

Surface 3 wifi office windows

現時点で「2in1のノートパソコン、それもスペックがそこそこで価格も死ぬほど高くない」という選択肢でいうと、Surface 3 Wi-Fiモデルは購入するメリットが大いにあると言って良いでしょう。

Surface 3 Wi-Fiモデル発売のまとめ

日本でも最近はAppleのMacbook人気がすごいですが、多くのソフトを利用できるという点とモバイルOSとの融合を考えると、ソフトウェア企業としても生まれ変わったmicrosoft/Windowsは人気を取り戻すかもしれませんね。

(Source:マイクロソフト)

記事がためになったら
いいね!しよう

HOME | 注意事項 | CONTACT