「Teclast X10」100ドル以下の10インチの中華タブ

teclast-x10

Teclastブランドから「Teclast X10」が発売中。3G通信にも対応した10.1インチの大型タブレットで、100ドル以下という低価格が魅力のモデルです。

OSはAndroid 5.1、プロセッサはMediaTekのMTK8392 オクタコアCPUを搭載し、スペックも普段利用にはギリギリ使えそうな性能です。

キースペックなどを確認しておきましょう。

Teclast X10のスペック

teclast-x10

Teclast X10は、Wi-Fiのみならず3G通信にも対応したAndroid 5. 1 Lollipop搭載タブレット。10.1インチの大型ディスプレイながら100ドル前後という低価格が魅力で、解像度は1280*800ドット。

モデルTeclast X10
OSAndroid 5.1 Lollipop
本体サイズ6.00 x 16.30 x 0.96 cm
567g前後
ディスプレイ10.1インチ 1280*800ドット HD IPS
プロセッサMediaTek MTK8392 オクタコア
内蔵メモリ1GB LPDDR3 RAM
内蔵ストレージ16GB eMMC ROM
外部ストレージmicroSDカードスロット(最大128GB対応)
カメラ背面2MP、フロント3MP
バッテリー5800mAh
Wi-Fi802.11b/g/n(2.4GHz/5.0GHz)
Bluetooth4.0
対応バンド
周波数帯
GSM 850/1800MHz
WCDMA 2100MHz
SIMサイズ標準SIM
その他microUSBスロット/3.5mmイヤホンジャック/DCジャック

MediaTek MTK8392

Teclast X10ですが、プロセッサーにはMediaTekの「MTK8392/MT8392」を搭載。オクタコアCPUで、Teclast公式サイト内では1.4GHzのburst frequencyとされており、GPUはMali-450を搭載。

x103gc8_zt_03

内蔵メモリは1GB RAM、ストレージは16GB ROMと決してハイスペックの端末とは言えませんが、プロセッサの性能が全体的は構成と比較して少し高い印象。Android機なのである程度使えそうな予感はします。

TFカード(microSDカード)は最大128GBに対応。

Wi-Fiは5GHz対応、3G通信も

Wi-Fiはデュアルバンドで2.4GHz/5GHzに対応しているのも、100ドル前後の格安タブレットながらメリットといえるでしょう。Android OS搭載のタブレットでスペックもそこまで高くないので、ある程度ライトユーザー向けの端末と言えそうです。

x103gc8_zt_08

モバイルデータ通信はWCDMAとGSMに対応。対応バンド/周波数帯こそそんなに多くはないですが、モバイルデータ通信機能を有しているのも大きなポイントでしょう。

気になる方は購入サイトを確認しておきましょう。gearbest.comでは、記事執筆時点で93.99ドルとなっています。

Teclast X10 -GearBest- 

ちなみにAndroidタブレットでもIntelプロセッサー搭載のよりハイスペックなTeclast X10 Plusもあるので、こちらとも比較してみましょう。

Teclast X10 3G Phablet、約100ドルながらオクタコアCPU搭載で発売

記事がためになったら
いいね!しよう

HOME | 注意事項 | CONTACT