TP-LINK Neffos C5/C5L/C5 Maxのスペック比較 (CES2016)

TP LINK

TP LINK

ネットワーク市場で有名なTP-LINKですが、このたびAndroid OSを搭載したスマートフォン「Neffos C5 / C5L / C5 Max」を発表しました。CES2016で3機種が展示されており、エントリーモデルからミドルスペックまでをカバーしています。

性能を一気にまとめていきましょう。

CES2016で発表された、TP-LINKのスマートフォン

TP LINK 2

今回発表された3機種はAndroid 5.1 LollipopにデュアルSIM仕様となっており、4G LTEに対応しています。C5L→C5→C5 Maxの順にスペックが異なり、デザインはシンプルさが売りとなっているようです。カラーはダークグレーとパールホワイトの2色展開。

Neffos C5Lのスペック

4.5インチの小型ディスプレイを搭載した、エントリースペックのスマートフォン。Snapdragon210(クアッドコア)にRAM1GBとスペックはかなり抑え気味なので、価格もそれ相応に安くなるものと見られます。

機種名Neffos C5L
OSAndroid 5.1 Lollpop
ディスプレイ4.5インチ(854×480)
プロセッサー1.1GHz Quad-Core Snapdragon 210 processor
Adreno 304 GPU
RAM1GB
ROM8GB
カメラ8MP
バッテリー2000 mAh

Neffos C5のスペック

先ほどのC5Lのスペック強化版がNeffos C5。ディスプレイが5インチのHDとなっているほか、プロセッサーはMediaTek製の1.3GHz(クアッドコア)・RAMが2GB・ROMが16GBです。このくらいのスペックであれば、価格次第で日本国内の格安スマホ、SIMフリー市場でも活躍できそうですね。

機種名Neffos C5
OSAndroid 5.1 Lollpop
ディスプレイ5.0インチ(1280×720)
プロセッサー1.3 GHz Quad-Core MediaTek MT6735 64-bit processor
Mali-T720 MP2 GPU
RAM2GB
ROM16GB
カメラ8MP
バッテリー2200mAh

Neffos C5 Max

5.5インチの大画面フルHDを搭載した新機種がNeffos C5 Max。メディアテック製のオクタコアプロセッサーを搭載しており、カメラも13MPとそこそこ高性能に。ただしこのあたりのスペックなら他社の格安スマホでありがちにはなってきているので、価格面でどれだけ攻めることができるのか見ものです。

機種名Neffos C5 Max
OSAndroid 5.1 Lollpop
ディスプレイ5.5インチ(1920×1080)
プロセッサー1.3 GHz Octa-Core MediaTek MT6753 64-bit processor
Mali-T720 MP3 GPU
RAM2GB
ROM16GB
カメラ13MP
バッテリー3045mAh

TP-LINKのNeffosスマホ(CES2016)まとめ

WiFiルーターなどで有名なTP-LINKですが、今回スマートフォン市場への参入を発表したことで、今後は日本への進出にも期待したいところ。新興企業も多く参入する中、日系メーカーの立ち位置はさらに厳しくなりそうです。

記事がためになったら
いいね!しよう

HOME | 注意事項 | CONTACT