GPD WIN / Q9 / XD、コントローラー内蔵のゲームパッドが人気らしい

GPD(GamePad Digital)は独自の小型ゲームパッドを開発しているメーカーですが、コンパクトな本体のフルVer Windows PCを持ち運べたりコントローラーのついたゲーム機を持ち運べたりと、一部ユーザーから人気を集めているブランドです。いくつかモデルがあるので、まとめて確認してみます。


小型ゲームパッド「GPD」

GamePad Digital(GPD)は、中国深圳市をベースにした企業で、独自の小型ゲームパッドを低価格で開発することで知られるブランドです。コントローラー付きのWindows 10やAndroid OSを採用した小型機を発売しており、ゲームだけでなくフルPCやタブレットとして利用できるのもメリット。今回は代表的な機種をいくつか紹介していきます。

GPD WIN

GPD WINは、フルバージョンのWindows 10を搭載した小型ゲームパッド。GPDといえばWINが一番有名かと思いますが、現在出荷されているのはIntel Atom Z8700を搭載したモデルです。

機種名GPD win
ブランドGPD (GamePad Digital)
OSWindows 10 Home
プロセッサーIntel Atom Z8700
ディスプレイ5.5インチ(16:9) In-Cell, IPS
1280*720ドット(HD)
Capacitive (5-Point)
RAM4GB LPDDR3 RAM
ROM64GB eMMC ROM
外部メモリmicroSDカードスロット(最大128GB)
オーディオRealtek ALC5645
ビルドインステレオスピーカー
3.5mmオーディオジャック
Wi-Fi802.11 a/ac/b/g/n
Bluetooth4.1
I/P1×USB Type-C 3.0
1×USB Type-A 3.0
ビデオインターフェースHDMI C Type
ジョイスティックアルプス電気製
ボタンA/B/X/Y, △/○/×/□
L1/L2/L3/R1/R2/R3
オムロン-マイクロスイッチ
スタート/セレクト/パワーボタン
ボリュームボタン
Game D-pad
キーボード物理キーボード
QWERTY
バッテリー6700mAh リチウムポリマー
重量約365g
本体サイズ155*96*23.5mm
外観素材ABS+プラスチック
本体カラーブラック
センサー重力センサー/ホールセンサー

5.5インチのディスプレイを搭載しており、物理コントローラーやボタン、キーボードを全て内蔵しています。3Dスティックはアルプス電気、L1/L2ボタンはオムロンマイクロスイッチとパーツ面でもいくつか特徴があり、この辺りの品質もアピール。

Windows 10が動作するメリットとしては、Win10でしかできないゲームをプレイしたり、重いゲームはきついようですがIntel Z8700のスペックを活かしてエミュレーターでゲームをしたり、Wi-Fiは802.11 acの高速無線通信に対応しているのでストリーミングを楽しんだり、といった使い方があります。

背面には物理ファンの調節スイッチがついています。少し音はするようですが、小型のゲームパッドだからこそパフォーマンスを落とさないような工夫も随所に採用されているのが特徴です。

パフォーマンスに関してはIntel Atomなのでそこまで重いゲームは厳しいようです。ただしマインクラフトは十分プレイできるとしていますし、エミュレーターや2Dレトロゲーム、そしていくつかのWin10でプライできる3Dゲームを遊ぶにはほとんど問題ないスペックです。

5.5インチでWindowsがしっかり動くだけでも面白いのですが、このサイズで接続ポートにも多く対応しているのが特徴です。手乗りサイズのWindows 10端末をポケットに入れて持ち運べるのはメリットですし、外出先でディスプレイ出力したりといくらでも使い道はありそうです。

購入:

GPD Q9

先ほどのGPD WINはWindows 10搭載端末でしたが、GPD Q9はAndroid 4.4を採用したゲームパッドです。デザインはPSPに似ており、ディスプレイサイズが7インチと他の機種よりも少し大型になっているのが特徴です。

MODELGDP Q9
OSAndroid 4.4.4
(Support 2.3)
ディスプレイ7インチ 1024*600ドット IPS
5点マルチタッチ
プロセッサーRK3288 クアッドコア1.8GHz
Mali-T760 GPU
RAM2GB RAM
ROM16GB ROM
センサー重力センサー
本体サイズ240*120*16mm
重量400g
Wi-Fi802.11 b/g/n
カメラ0.3MP
コネクターUBS 2.0
3.5mm オーディオジャック
microSDカードスロット(最大64GB)
バッテリー最大5000mAh

普通のAndroidタブレットのようにGoogle Playが使えるので、アプリをダウンロードしてAndroidのゲームを遊ぶことができます。もちろんエミュレーターなどを利用すればその幅も広がります。

RockchipのRK3288、クアッドコアCPUを採用していますが、実機レビューを見る限りは重いゲームでない限りは十分快適に動作しているのが確認できます。

GPDのAndroidゲームパッドは価格が安いのも特徴で、Q9であれば120ドル弱で購入できるようになっています。ルート取得済みで出荷されているのも便利ですね。

購入:

GPD XD

GPD XDは、より小型の5インチディスプレイを採用したAndroidゲームパッドです。先ほどのQ9はPSPに近いデザインでしたが、こちらは任天堂の3DSなどに近いボタン配置、外観になっています。

機種名GPD XD
OSAndroid 4.4.4 KitKat
ディスプレイ5インチ HD(1280*720)
プロセッサーRockchip RK3288
クアッドコアCPU (ARM Cortex-A17)
ARM Mali-T764 GPU 600MHz
RAMDDR3-SDRAM 2GB
ストレージ16GB/32GB/64GB ROM
外部メモリmicroSDカードスロット(最大128GB)
Wi-Fi802.11 b/g/n
オーディオビルドインスピーカー
センサー重力センサー
I/OポートMini HDMI 2.0
Micro USB 2.0
3.5mm オーディオジャック
microSDカードスロット
電源Power Input Voltage AC 110-220V 50 / 60HZ;output Voltage DC 5V 2A output Current
バッテリー最大6000mAh
本体サイズ155*89*24mm
重量300g

ポケットに入れて持ち運べるコンパクトなゲームパッドですが、バッテリーは6000mAhと大容量。AnTuTu Benchmarkも47000点越えとモバイル端末のゲーム機としては、ライトユーザー向けには十分なスペックです。

こちらも有線接続でディスプレイ出力が可能なので、TVにつないでAndroidゲーム機兼コンロトーラーとしての活用方法もあります。価格は150ドル弱なので、利用用途がマッチすればお買い得。

購入:

GPD Gamepadまとめ

WindowsやAndroidを搭載した小型ゲームパッドを手軽に持ち運べるのがメリットのGPD。特にWIndows 10搭載のGPD WINは一部ユーザーから非常に人気を集めている商品なので、気になる方はチェックしておきましょう。

Gearbest Banner

Gearbest Banner