Appleは10.5インチのiPad Proを計画中?OLED搭載モデルは2018年に来るか

3 ipad pro coming in 2017

Apple関連での予想で有名なアナリストMing-Chi Kuo氏が調査したレポートによれば、Appleは3つのiPad Proを発売するかもしれないとまとめています。

今までのiPad Proは9.7インチと12.9インチでしたが、今回の情報ではその間にはいるサイズとなる「10.5インチ」の新モデルも用意するかもしれません。

Ming-Chi Kuo氏、2017年にはiPad Proの10.5インチが来ると予想

まずは全文を見てみましょう。

We expect three new iPads (12.9” iPad Pro 2, new size 10.5” iPad Pro & low-cost 9.7” iPad) to be launched in 2017, though this may not drive shipment growth amid structural headwinds; 2017F shipments to fall 10-20% YoY. If the iPad comes in a larger size, such as a 10.5” model, we believe it will be helpful to bid for tenders within the commercial and education markets. As a result, we expect Apple to launch a 10.5” iPad Pro in 2017. In addition, we estimate the 12.9” iPad Pro 2 and 10.5” iPad Pro will adopt the A10X processor, with TSMC (2330 TT, NT$177.5, N) being the sole supplier using 10nm process technology. The low-cost 9.7” model may adopt the A9X processor, which is also exclusively supplied by TSMC.

簡単に訳すと「私たちは新しい3つのiPads(12.9インチのiPad Pro 2と、新しいサイズの10.5インチ、また低価格の9.7インチモデル)が2017年に発売されると予想しています。〜もしiPadが10.5インチモデルの少し大きいサイズを出せば、商業や教育市場にも参入し易くなるかもしれません。結果的に、私たちは10.5インチの新機種もラインアップに加わると予想します。また上位モデルである2つはA10プロセッサーを搭載し、9.7インチモデルはローコストモデルでA9Xを搭載するかもしれません。」

ここでのポイントは3つ。

  • AppleはiPad Proに10.5インチモデルを追加するかもしれない
  • プロセッサーはモデルによって異なる可能性がある
  • 発売は2017年と予想

またこの他にも2018年の展望まで予想しており、同氏によれば「2018年にはiPadはフレキシブルAMOLEDディスプレイを搭載したモデルを出すのでは」とも言及しています。

Revolutionary iPad model likely to be introduced in 2018F at the earliest, with radical changes in form factor design & user behavior on adoption of flexible AMOLED panel. We believe iPad will follow in the footsteps of the iPhone by adopting AMOLED panel in 2018F at the earliest. If Apple can truly tap the potential of a flexible AMOLED panel, we believe the new iPad model will offer new selling points through radical form factor design and user behavior changes, which could benefit shipments.

Kuo氏は出荷台数に関しては保守的な姿勢を見せており、これらはタブレット市場全体の傾向と同じく減少していくだろうと見ています。

Source:MacRumors

記事がためになったら
いいね!しよう

HOME | 注意事項 | CONTACT