Cortana(コルタナ)for iOS、ベータ版アプリがテスト中

cortana logo

cortana win10 xbox halo

Windows OSのパーソナルアシスタントとして有名なCortana(コルタナ)ですが、なんとiOS版アプリでもテスト段階にはいっていることが明らかに!

マイクロソフトはiPhoneユーザーにも初期バージョンのコルタナを試して欲しいと思っているようで、内部的にテストを開始していました。これからはApple製品でも使えるようになるかもしれません。

Cortana、iOS版ベータアプリをテスト中

報道によれば、Microsoftはパーソナルアシスタント・音声認識サービスの「Cortana for iOS」開発に取り組んでいると報じられており、これが実現すれば「iPhone/iPadでも利用可能になる」ことが示唆されています。

cortana ios

TXN

すでにアプリはテスト段階に入っており、Windowsインサイダーに登録するとベータ版が試せるかもしれないとのことです。

コルタナとは何か?

マイクロソフトが開発した、AppleでいうSiriのようなアシスタント機能です。Xboxの人気ゲーム「Halo」の高性能AIが名称の元ネタになっていますが、実際のコルタナも高性能。

ゲームの中のコルタナ(TechRadar)

ゲームの中のコルタナ(TechRadar)

例えばWindow Phone、PC内のファイルを見つけてくれたり、カレンダーに予定を入れてくれたり、配送状況を確認したりといったことが挙げられます。ジョークも通じるようで、なかなか面白い+便利な機能です。

コルタナはWindowsでしか使えない?

本機能はWindowsプラットフォーム上でネイティブに動きます。なので通常はWindows 10のスマートフォンやパソコンで利用する人がほとんどでしょう。

しかし11月4日には「Cortana for iOSのサインアップ受け入れを始める」ことを認めています。なので今回のニュースが明るみになったわけですね。

ただしiOS版で使える機能は限られているようで、実際にマイクロソフト側もそれをコメントしています。例えば「Hey, Cortana」での起動はiPhoneでできないそうな。

…マイクロソフトが認めた通り「WindowsインサイダーになることがiOSベータ版を試す条件」となるわけですが、いったいどうすればよいのでしょうか。

どうすればWindows Insiderになれるのか

Window Insiderに登録すると、初期バージョンのソフトウェアなどがテストできるようになります。アイデアとしては「参加する皆がMicrosoft開発プロセスの一部になれる」という部分ですね。

詳しい内容はこちら(公式サイト:英語)に書いてあります。

Cortana for iOSベータ版プログラムに参加するには

マイクロソフトは「限られた人数」を求めているようで、さらに数か月後にはアップデートした多機能版を送る予定とのこと。

ちなみにこのベータ版はアメリカと中国のみでの提供になるようなので、現地でアカウントをもっていれば試してみましょう。

コルタナ、iPhone(iOS)でテスト中のまとめ

ここ最近でマイクロソフトはプラットフォームにこだわらず「オープン・ソフトウェア」の企業として台頭してきているので、今回のCortana for iOSがさらにそれを加速させそうな予感です。

ただしiPhoneを利用している方がわざわざコルタナを使うこともないと思いますけどね…。

(Source:Pocket-lint)

記事がためになったら
いいね!しよう

HOME | 注意事項 | CONTACT