【mode1 MD-01M】SIMフリーのスペック・価格・発売日

mode1 P UP SIMFREE

mode1 P UP SIMFREE

【mode1 MD-01M】のスペック・価格・発売日は?

携帯ショップ「テルル」などを運営するピーアップが、なんとSIMフリースマホ市場に進出。Android OS・クアッドコアCPUを搭載したエントリー・ミドルスペック機となるようで、価格は3万円前後を予定。

MVNO・格安SIMとの運用も期待される新機種のニュースを確認していきましょう。

mode1 MD-01Mのスペック比較

mode1

5インチのHDディスプレイを搭載した格安スマホ。Android 5.1 lollipopを搭載しているので、下手なWindows 10 mobile搭載機より実用性は高そうです。

CPUにはクアルコム社のSnapdragon 410(クアッドコア:1.2GHz)を採用。RAMが1GB/ROMが8GBと、スペック自体はライトユーザー向けエントリーモデルといった印象を受けます。

機種名mode1 MD-01M
メーカーピーアップ
OSAndroid 5.1 Lollipop
ディスプレイ5インチ HD
1280×720ドット
CPUクアルコム Snapdragon 410 (MSM8916 クアッドコ:1.2GHz)
RAM/ROM1GB/8GB
カメラ背面:800万画素
フロント:200万画素
バッテリー2300mAh
ネットワークLTE対応
docomo/au/softbank対応(ケータイWatch報道より)
WiFiIEEE802.11b/g/n
Bluetooth4.0
本体サイズ146×71.2×7.9mm
約145g
カラーブラック・ホワイト

カメラは背面が800万画素・フロントが200万画素。バッテリーは2300mAhと、5インチの格安スマホでは普通。

本体サイズは約146×71.2×7.9mmとなっており、そこそこ薄いのはおすすめポイントになるかもしれません。

ケータイWatch報道によれば

端末はLTEに対応しており、NTTドコモ、au、ソフトバンクのネットワークで利用できるという。

だそうです。基本スペックはいたって普通なので、特徴・差別化ができる点を言えばこのあたりになってきそうな予感。

mode1 MD-01Mの価格

mode1 MD-01Mの本体価格は3万円前後になる見込みで、スペックと価格を単純に比較すると「Zenfone 2 Laser」や「Huawei P8lite」、国産の「Arrows M02」などのSIMフリースマホのほうがコスパが高いといえます。

違いが出てくるとすれば「LTE・3G対応バンド」の部分。現在の報道では大手3キャリアのネットワーク周波数帯に対応することが示唆されており、先述の通りこのあたりで差別化を図ってきそうな予感です。

ただしarrows M02に関してはすでにdocomo / au系のMVNO格安SIM回線に対応しているので、果たしてこれがどこまで購入ポイントとしてアピールできるかは疑問がのこります。

mode1 MD-01Mの発売日

mode1 MD-01Mの発売日は「12月中旬」とピーアップが発表しており、クリスマス・年末年始商戦には間に合いそうな予感。

販売はMVNOでの格安SIMセット販売やピーアップが運営する携帯ショップでの販売が予想されており、意外と買いやすいかもしれまん。

Mode1 MD-01M発表のまとめ

ピーアップがSIMフリースマホ市場に参入ということで、新規参入がかなり多くなている状況です。ただしP-UPに関してはすでに携帯ショップを運営しているので、このあたりの規模感が、他社MVNOにはないメリットとなりそうです。

正式な情報が発表され次第、記事内容は更新する予定です。

(Source:ケータイWatch)

記事がためになったら
いいね!しよう

HOME | 注意事項 | CONTACT