ドコモ「Wi-Fi STATION N-01H」ルーター発売へ

wifi station n-01h docomo

NTTドコモは2015-2016冬春モデルとして、WiFルーターの「Wi-Fi STATION N-01H」を発表しました。

PREMIUM 4G・300Mbpsの高速通信に対応した新モデルとなっており、発売日は2月17日を予定しています。

ドコモ「Wi-Fi STATION N-01H」を発表

docomo wifi nec

NTTドコモは最大300Mbpsの高速通信に対応したモバイルルーター「Wi-Fi STATION N01H」を発表しました。国内初の「LTEアンテナ搭載」クレードルを採用した最新モデルで、メーカーはNEC。発売は2016年2月17日予定。すでに事前予約は開始しています。

Wi-Fi STATION N-01Hの特徴

最大300Mbpsの高速モバイルルーター

KYARIA

2つの帯域を束ねることで高速通信を実現する「キャリアアグリケーション」という技術がありますが、Wi-Fi STATION N-01Hはこれを3本束ねることで最大300Mbpsの受信(下り)速度を実現しています。具体的にいうと、

  • 800MHz:最大受信速度75Mbps
  • 1.5GHz:最大受信速度112.5Mbps
  • 2GHz:最大受信速度112.5Mbps

この3つの帯域を全て同時利用することで、最大300Mbpsの下り速度を実現しています。よって3つのバンドがそろわないことには使えないので、利用できるのは一部のエリアに限られているので注意が必要です。

LTEアンテナ内蔵のクレードル

wIfI station n01h

クレードルに800MHz(プラチナバンド)対応のLTEアンテナを内蔵しているので、自宅などでクレードルを利用すれば電波感度があがります。固定インターネット回線ではないので、設置費用や場所を選ばないのもメリット。

スマホでテザリング操作

wifi station n01 apps

専用アプリを利用することでスマートフォンからリモート操作が可能。スマホから休止・復帰ができるのでバッグから取り出すことも不要で、省電力機能もあるので外出先での利用も安心です。

ドコモ Wi-Fi STATION N-01Hのスペック

コンパクトなモバイルWiFiルーターとなっており持ち運びに便利。ネット接続台数や対応バンドも多いので、通信まわりはドコモのルーターでも優秀なスペックと言えそうです。

機種名Wi-iFi STATION N-01H
メーカーNECプラットフォームズ株式会社
サイズ高さ 約 63mm×幅 約 115mm×厚さ 約 11.0mm
重量約 117g
受信・送信LTE(受信150Mbps/送信50Mbps)
LTE-Advanced(受信300Mbps/送信50Mbps)
クアッドバンドLTE
LTE2GHz/1.7GHz/1.5GHz/800MHz
3 GFOMAハイスピード対応(プラスエリア対応)
無線LAN(ネットワーク側)IEEE802.11b/11Mbps
IEEE802.11g/54Mbps
(2.4GHz)
有線LAN(ネットワーク側)IEEE802.3ab(1000BASE-T)
IEEE802.3u(100BASE-TX)
無線LAN(端末側)IEEE802.11a/54Mbps
IEEE802.11b/11Mbps
IEEE802.11g/54Mbps
IEEE802.11n/300Mbps
IEEE802.11ac/867Mbps
(2.4GHz/5GHz)
有線LAN(端末側)IEEE802.3ab(1000BASE-T)
IEEE802.3u(100BASE-TX)
バッテリー2500mAh
ディスプレイ2.4インチ
外部接続microUSB
同時接続16台(Wi-Fi:10台/USB:1台/Bluetooth-PAN:5台を併用)
3G連続待ち受け約 1180時間
LTE連続待ち受け約 1180時間
連続通信時間LTE Advanced:10時間
LTE:13時間
3G:9時間
対応SIMドコモminiUIMカード
IPv4/IPv6対応/未対応

記事がためになったら
いいね!しよう

HOME | 注意事項 | CONTACT