Huawei GR5のスペック・価格・発売日

HUAWEI GR5

Huawei GR5」のSIMフリースマホが日本発売決定!

発売日は2月12日となっており、価格は税別3万4800円です。5.5インチのフルHDディスプレイ、Snapdragon 616のオクタコアを搭載した格安スマホのスペックを評価・比較していきます。

今回の機種は「P8lite」の廉価モデルと「Honor6 Plus/P8max/Mate S」といったハイスペックモデルのギャップを埋めるような価格帯と位置づけになっており、かなり期待できそうです!

Huawei GR5のスペック

HUAWEI GR5 specs

Huaewi GR5は、Android 5.1 Lollipopを搭載したSIMフリースマホ。画面サイズは5.5インチのフルHD/ IPS液晶となっています。

CPUにはクアルコム製のSnapdragon 616(オクタコア)を採用し、RAM2GB・ROM16GBという仕様に。全体を見るとミドルスペック機と言えそうですが、オクタコアCPUやフルHDを搭載しての3万円台という価格設定は「購入すべき格安スマホ」として評価できます。

機種名HUAWEI GR5
OSAndroid 5.1 Lollipop / Emotion UI 3.1
ディスプレイ約5.5インチ, FHD(1920 x 1080ドット), IPS
CPU
Qualcomm MSM8939 オクタコア(4x1.5GHz+4x1.2GHz)
RAM/ROM2GB/16GB
外部ストレージMicro-SDスロット(最大128GB)
カメラメインカメラ: 1300万画素(開口部F2.0/AF/BSI)
インカメラ: 500万画素(開口部F2.4/FF/BSI)
バッテリー3000 mAh (一体型)
ネットワークFDD-LTE: B1/3/5/7/8/19/28
TDD-LTE: B40
W-CDMA: B1/5/6/8/19
GSM: 850/900/1800/1900
SIMサイズMicro SIM×1
WiFi802.11b/g/n (2.4GHz )
本体サイズ151.3mm×76.3mm×8.15mm
重量158g
その他Bluetooth 4.1/指紋認証センサー

MicroSDカードスロットを搭載し、最大128GBまで外部ストレージ拡張が可能。バッテリーは3000mAhと5.5インチのスマートフォンとしては十分な容量であり、スナドラ616自体が省電力プロセッサーという特徴があるので1日は持ちそうな予感です。

SIMカードスロットはMicro SIMの1つのみですが、IP電話やプレフィックス通話が利用できる今、デュアルSIMでなくても十分使えるでしょう。WiFiは802.11b/g/n (2.4GHz )のみ。

対応バンド

  • FDD-LTE: B1/3/5/7/8/19/28
  • TDD-LTE: B40
  • W-CDMA: B1/5/6/8/19
  • GSM: 850/900/1800/1900

格安SIMで運用する場合は、LTEがband 1/3/19などドコモ回線に対応しており全く問題なさそうです。3G回線もメインのBand 1、FOMAプラスエリアとされるBand6/19のエリアもカバー。通信まわりはOKで考えて良いでしょう。

ちなみにGSM(2G)の対応バンドもカバーしているので、海外で利用する際にもSIMフリー仕様が効果を発揮しそうです。…大手サイトの報道では「家電量販店・MVNOなどで発売」とされており、購入場所も多くなりそうですね。

カメラ機能

HUAWEI GR5 camera

背面のメインカメラは1300万画素で、指紋防止コーティング+F2.0という仕様。3万円台の格安スマホとしては十分。フロントカメラは500万画素。

独自の撮影モードも搭載しているので、カメラ機能もそこそこ期待してよさそうです。価格を考えると、暗所での撮影がきれいにできるがポイントになってきそうですね。

指紋認証センサー

HUAWEI GR5 fingerprint sensor

P8liteにはなかった指紋認証センサーを搭載。背面ボタンでロック解除や電話応対が可能です。0.5秒の爆速で認識するセンサーとのことで、Huaweiはこのあたりにも力を入れているのがわかります。

Huawei GR5の価格

  • 34,800円(税別)

Huwei GR5の価格は税別3万5000円程度となっており、十分「格安スマホ」と呼べる価格設定になっています。この金額はファーウェイの製品ラインナップとしてはあり。なぜかというと

  • P8lite 2万5000円~3万円
  • Honor6 Plus 3万2184円
  • GR5 3万7584円
  • P8max 5万円弱~6万5000円
  • Mate S  8万6184円
  • (価格は独自調べ、税込)

価格帯としてはHonor6 PlusとP8maxの間に入ってくる価格帯で、スペックも指紋認証センサーを搭載するなど「格安スマホよりも少し上のしリッチなSIMフリー端末として購入できます。

発売日

  • 2016年2月12日

おすすめの格安SIM

ドコモ回線で利用できることから、オススメのMVNO・格安SIMをいくつか紹介。

[su_box title=”楽天モバイル” box_color=”#0e2ae0″]

Huawei機種はかなり取り扱っている楽天モバイルですが、「楽天でんわ」アプリにて電話のかけ放題(月850円)サービスを最近開始しました。電話をガンガンかける方におすすめのSIMカード。

公式サイト:【楽天モバイル】

[/su_box]

[su_box title=”DMM mobile” box_color=”#0e2ae0″]

月額料金が業界最安水準のMVNO「DMM mobile」。2015年は価格だけでなく通信速度の評判もよく、今後も運用に期待が持てるSIMカード!

公式サイト:DMM mobile

[/su_box]

[su_box title=”U-mobile” box_color=”#0e2ae0″]

LTE高速通信の使い放題プランを提供している格安SIM「U-mobile」。スペックの高いSIMフリースマホが必要な方は総じてデータ容量もヘビーユーザーであることがしばしばあるので、選択肢の1つに入れておくべきでしょう。

公式サイト:U-mobile

[/su_box]

[su_box title=”mineo” box_color=”#0e2ae0″]

3月31日までキャンペーン適用により「超激安」で運用できる格安SIM。最近は10GBの大容量プランもスタートしており、ヘビーユーザーにもおすすめ。

公式サイト:mineo

[/su_box]

記事がためになったら
いいね!しよう

HOME | 注意事項 | CONTACT