【FREETEL KATANA 01】のスペック・価格比較!

freetel katana 01

freetel katana 01

【Freetel KATANA 01】が11月30日に発売決定!

Windows 10搭載の注目SIMフリースマホのスペック・価格を徹底的に比較します。プラスワンマーケティングの今後にも期待!

Freetel KATANA 01のスペック比較

KATANA 01のスペックは以下の通り。性能はお世辞にも高いとは言えませんが、OSにWindows 10 mobileを搭載した格安・SIMフリースマホとなっています。

機種名KATANA 01
メーカープラスワン・マーケティング(FREETELブランド)
OSWindows 10 Mobile
ディスプレイ4.5インチ
480 × 854ドット
CPUクアッドコア(1.1GHz)
RAM/ROM1GB/8GB
外部メモリmicroSDカードスロット搭載(最大32GB)
カメラ背面:500万画素
前面:200万画素
バッテリー1700mAh
(取り外し可能)
本体サイズ132.8 × 66.3 × 8.9mm
重量132g
Bluetooth4.0
WiFiIEEE802.11 b/g/n
周波数帯・対応バンド2G(GSM): 850/900/1800/1900
3G(WCDMA):band 1/6/8/19
4G(FDD LTE): band 1/3/8/19
SIMサイズmicro SIM × 2(デュアルSIM)
両方LTE対応
カラーマットブラック・ダークメタリック、シルバー
発売日2015年11月30日

4.5インチの小型ディスプレイを搭載しており、画面はコンパクト。CPUはクロック数が1.1GHzのクアッドコア仕様を採用。本体価格を考えると妥当かと思われます。

KATANA 01 display

RAMは1GBと少し物足りない印象。マルチタスクやPCとの連携が得意なWindows 10ですが、性能自体は少し追いついていないです。ROMも8GBと少ないですが、こちらはmicroSDカードスロット(最大32GB)を備えているので、うまく活用したいところ。

カメラは500万画素。あまり期待しない方が良さそうです。初めて格安スマホを持つ方や、カメラが必要ないビジネスパーソン向けとも言える仕様です。

KATANA 01 Camera

バッテリーは1700mAh。連続通話時間が8時間/連続待受時間が150時間とあまり長くはありませんが、バッテリー自体は取り外し可能となっています。

KATANA 01 バッテリー

KATANA 01はSIMフリーとなっており、SIMサイズはmicro SIMです。

katana 01 sim

SIMカードが2つのデュアルSIM仕様となっていますが、Freetel公式サイトによれば「片方は2G限定」だそうで、国内では実質1スロットのみ利用になるので注意が必要です。

Officeアプリを標準搭載

katana 01 microoft office

Windows 10 mobileならでは「Office」アプリを標準搭載。ワードやエクセルがサクッと使えて、書類編集などに便利です。

ディスプレイサイズが4.5インチと編集画面としては小さすぎる気もしますが、そこは今後発売予定の「KATANA 02 (5.0インチ)」に期待したいところです。

Microsoft Edgeの高速ブラウザ

microsoft edge

Windows 10シリーズで初搭載される新ブラウザ「Microsoft Edge」も搭載。デザインが一新され、操作性も快適になっています。

下のYoutube動画では「iPhone + safari」と「Android + Chrome」で、動作速度テストを行っています。iPhoneレベルとは言わないまでも、Microsoft Edgeも動作は速いようですね。

音声アシスタント「Cortana(コルタナ)」

cortana win10 xbox halo

音声アシスタント機能「Cortana」も搭載。Xboxのゲームで登場した女性AIの名前がモチーフになっているという、ナイスな機能。

…と、これらwin10mobileならではの機能は一通り揃っていますが、これを使いこなせる性能をKATANA 01が秘めているかというと、疑問が残ります。

KATANA 01のレビュー・評価

幾つかの日本テック系サイトではレビューがすでに公開されていますが、KATANA 01はスペック的に動作がもたつくことが多いようです。

なので「Windows 10 mobileを試したい人」にはおすすめですが、メイン機として使う格安スマホとしてはおすすめしません。

KATANA 01の価格比較

FREETEL KATANA 01の価格は12,800円(税別)となっており、本体価格だけ見ればWIndows 10 mobile体験用に欲しくなるレベルではあります。

ちなみに1万円台のSIMフリー・格安スマホと比較すると以下のようになっており、使いやすさで言えば普通にAndroid端末を購入したほうが良さそうですね。

  • Priori 3 LTE (12,800円) : 4.5インチ/クアッドコア1.0GHz
  • Ascend G620S (約15,000円): 5インチ/クアッドコア1.2GHz
  • FLEAZ NEO (約1万円) : 4インチ/ クアッドコア1.3GHz

発売日

KATANA 01の発売日は2015年11月30日で、すでに予約も開始しています。いつも初回販売分が即売り切れするプラスワン・マーケティングなので、欲しい方は早めに注文しておいたほうが無難でしょう。

FREETEL KATANA 01のスペックと価格・まとめ

価格が安いのはおすすめポイントですが、WIndows 10 mobileの機能をフルで活用するとなると少し物足りない感も。

Windows Phone国内市場が安定するまでは、まだまだiPhoneやAndroidスマートフォンを利用するのが無難といえるでしょう。

 (source:freetel)

記事がためになったら
いいね!しよう

HOME | 注意事項 | CONTACT