HUAWEI P8liteとP8maxのスペック・価格比較!

HUAWEI P8 比較

HUAWEI P8 比較

HUAWEIの新機種「P8max」が9月25日に発売されます。同メーカーのSIMフリースマートフォン「P8lite」がすでに人気の格安スマホなので、今回はこちらとスペック比較をしていきます。

新モデルは高性能となっているだけに、どちらを選ぶか迷う仕様になっていますよ!

HUAWEI P8maxとP8liteのスペック比較

Huawei新モデルのP8maxとP8liteのスペックを比較していきます。まずは全体の基本性能から。

機種名P8maxP8lite
OSAndroid™ 5. 1 Lollipop / Emotion UI 3.1Android™ 5.0 Lollipop / Emotion UI 3.1
カラーシャンパンゴールドホワイト、ブラック、ゴールド
サイズ高さ182.7mm
幅93mm
厚さ6.8mm
重さ228g
高さ143mm
幅71mm
厚さ7.7mm
重さ131g
CPUHisilicon Kirin 935 オクタコア (A53X 2.2GHz + A53 1.5GHz)Hisilicon Kirin 620 オクタコア (A53/1.2GHz)
RAM3GB2GB
ROM32GB16GB
バッテリー4,360 mAh2,200mAh
連続待受時間400時間(LTE)LTE-FDD:約450h / WCDMA:約500h / GSM:約600h
連続通話時間20時間(3G)WCDMA:約13h / GSM:約20h
ディスプレイ約 6.8inch FHD(1080 x 1920)IPS-NEO™(In-cell), Corning® Gorilla® Glass3約 5.0inch HD( 720 x 1280ドット)IPS (GFFフルラミネーション)
カメラメインカメラ:1300万画素(開口部 F2.0/AF/BSI/光学手ブレ補正/4-Color RGBW)
インカメラ:500万画素(開口部 F2.4/広角22mm/BSI)
メインカメラ:1300万画素(開口部 F2.0/AF/BSI)
インカメラ:500万画素(開口部 F2.4/FF/BSI)
通信速度下り(受信時)最大150Mbps(LTE)
上り(送信時)最大50Mbps(LTE)
下り(受信時)最大150Mbps(LTE)
上り(送信時)最大50Mbps(LTE)
通信方式【 SIM1 (or SIM2) 】
FDD-LTE: B1/B3/B7
TDD-LTE: B38/B39/B40
UMTS: B1/B6/B8/B19
TD-SCDMA: B34/B39
GSM: 900/1800/1900
 
【SIM2 (or SIM1) 】
GSM: 900/1800/1900
※SIM1 / SIM2両方同時にLTE/3G対応は不可。
 
Bluetooth通信:V4.0+LE
Wi-Fi:802.11a/b/g/n/ac 準拠
テザリング機能 / 最大接続台数:8台
SIM1 (or SIM2) 】
FDD-LTE : B1/B3/B5/B7/B8/B19/B28
TDD-LTE : B40
UMTS : B1/B5/B6/B8/B19
GSM : 850/900/1800/1900
 
【 SIM1 (or SIM2) 】
GSM : 850/900/1800/1900
※SIM1 / SIM2両方同時にLTE/3G対応は不可。
 
Wi-Fi:802.11 b/g/n 準拠
テザリング機能 / 最大接続台数:8台
Bluetooth通信:V4.0+LE
その他SIM / SD スロット:[Micro SIM スロット] + [Nano SIM / Micro SD 共用 (排他) スロット]
SDカード:Micro SD(最大32GB)
測位方式: GPS/AGPS/Glonass/Beidou
センサー:加速度、近接、環境光、電子コンパス、ジャイロ、Hall(スマートカバー)
DTSサウンド
SIM / SD スロット:[Micro SIM スロット] + [Nano SIM / Micro SD 共用 (排他) スロット]
SDカード:Micro SD(最大32GB)
測位方式:GPS/AGPS/Glonass
センサー:加速度、近接、環境光、電子コンパス
付属品ACアダプタ / USBケーブル /クイックスタートガイド / 本体保証書 / ACアダプタ保証書ACアダプタ / USBケーブル / イヤホンマイク / クイックスタートガイド / 本体保証書 / ACアダプタ保証書 / SIMカードピン

OS

P8maxP8lite
Android™ 5. 1 Lollipop / Emotion UI 3.1Android™ 5.0 Lollipop / Emotion UI 3.1

OSは両社Android 5.0以上を搭載。またカスタムで【Emotion UI 3.1】を装備し、操作面でファーウェイ独自に工夫があります。

標準OSに違いはほとんどないようですが、変わってくるとすれば次期OSの対応でしょう。

Android 6.0 marshmallow(マシュマロ)にはぜひ両機種ともアップデートして欲しいものです。

CPU

P8maxP8lite
Hisilicon Kirin 935 オクタコア (A53X 2.2GHz + A53 1.5GHz)Hisilicon Kirin 620 オクタコア (A53/1.2GHz)

liteが1.2GHzオクタコアに対し、maxは2.2GHz×1.5GHzオクタコアの「Hisilicon Kirin 935」を搭載。CPUが上位モデルのP8maxのほうが性能は上と言えそうです。

ちなみにこのHisilicon Kirin 935、ベンチマークテストでは最上位のチップセット性能とは言えないものの、ミドルスペックの上くらいの性能のようです。

CPU全体で見ると「中の上」と捉えると分かりやすいかと思います。自社グループ開発は伊達じゃありません。

RAM

P8maxP8lite
3GB2GB

RAMに関しても差がでています。国内発売モデルでみると「Xperia Z4 (SO-03G)」のRAMが3GBなので、十分ハイスペックスマートフォンの部類に入るのではないでしょうか。

ROM

P8maxP8lite
32GB16GB

ROM容量は2倍の差が。HUAWEIの2機種ではmicro SDカード容量が最大32GBまで(microSDHC?)なので、この辺りは利用頻度や使用期間を計算しながら購入したいところ。

写真・動画撮影がメインのユーザーは「Googleフォト」や「Dropbox」などを活用し、上手く本体保存を減らす努力が必要かもしれません。

バッテリー

P8maxP8lite
4,360mAh2,200mAh

バッテリー容量でも大きな差がありますが、画面サイズの違い・CPUの違いなどを考えると、比較する上であまり参考にならない部分です。

実際の駆動時間で比べて見ましょう。

連続駆動時間

 P8maxP8lite
連続待受時間400時間(LTE)LTE-FDD:約450h
連続通話時間20時間(3G)WCDMA:約13h

大きな差があるのは3Gで利用する連続通話時間の部分。約7時間の差があります。この辺りはバッテリー容量の大きいメリットと言えそうです。

SIMカードサイズ

SIMスロットは、両社「micro SIM + nano SIM(micro SD兼用)」のデュアルSIM使用です。

両方同時にLTE/3Gを使うことは不可となっていますが、切り替えて使えます。

最近人気の「格安SIM」で

  • 低速の安い契約↔高速通信の契約
  • プライベート用↔ビジネス/仕事用

など分けて運用することも可能。大手キャリア(ドコモ・au・ソフトバンク)で発売されているデュアルSIM仕様の端末は現在ほぼ無いので、こちらは大きなメリットです。

LTEバンド・3Gバンド

SIMフリー機なので格安SIMと使うことが想定されますが、P8liteはLTE band 19(ドコモのプラチナバンド)に対応しているのに対し、P8maxは非対応です。

モバイルネットワーク対応だけで見ると、P8liteの方が良さそうです。

Wi-Fi接続・テザリング機能

P8maxがa/ac電波に対応していますが、P8liteは02.11 b/g/nのみ。自宅の固定回線も活かしたい場合は前者の方がおすすめです。

テザリング機能は両機最大8台まで接続可能で、BlutoothはVersion4.0対応。ネットまわりの環境は十分に整っていると言えそうですね。

P8maxとP8liteの価格比較

価格とスペックのバランス=「コストパフォーマンス」は重要な項目。同じ価格帯のスマートフォンとも比較していきたいと思います。

本体価格

まずはHuaweiの両モデルの本体価格を比べていきます。(楽天VMALLの直販を参考にしています)

  • HUAWEI P8lite 30,888円(税込)
  • HUAWEI P8max 64,778円(税込)

なおこちらの価格は、格安SIMとセット販売を行っているMVNO(販売元)のキャンペーンによっても変わります。

P8liteはすでにNifMo, 楽天モバイル,DMM moblie, IIJmioなどでセット購入が可能。格安SIMの月額料金と合わせて比較するのがベストでしょう。

ではそれぞれの価格帯でのSIMフリースマートフォンとも比べてみましょう。

2~3万円台の格安スマホ

P8liteはオクタコア搭載で27,792円(9月価格コム最安価格)なので、2万円台〜3万円台で似たような格安スマホを並べてみます。

機種名CPURAMROM価格
HUAWEI P8liteHisilicon Kirin 620 オクタコア (A53/1.2GHz)2GB16GB約28,000円
ASUS Zenfone 2 laser Qualcomm® Snapdragon™ 410 クアッドコア(A53/1.2GHz)2GB16GB約30,000円
ASUS Zenfone 2 SelfieQualcomm Snapdragon 615 オクタコア(A53 1.7GHz×A53 1.0GHz)2/3GB16GB/32GB約37,800円?
Freetel SAMURAI 雅MediaTek製 クアッドコア(1.3GHz)2GB32GB約19,800円?
FREETEL 極オクタコア 2.0GHz3GB32GB約39,800円

国内SIMフリースマホでは、プラスワン・マーケティングが展開するFREETELブランドの「SAMURAI 雅」が注目株。価格も約2万円と格安で、海外メーカーに対抗できそうな期待機種です。

また人気爆発中のASUS格安スマホ「Zenfone」シリーズ。新ラインナップにはレーザーオートフォーカス搭載の「Laser」と、自撮り特化の「Selfie」が追加。値段も4万円以下と格安スマホの部類にはいり、購入を視野にいれたいところ。

個人的には「FREETEL SAMURAI 雅」が発表された段階でレビューを確認後購入をおすすめします。

4~5万円台の格安スマホ

この価格帯に来ると格安スマホと呼べるかもはやわかりませんが、人気のSIMフリー機種があるので幾つか紹介しておきます。

機種名CPURAMROM価格
HUAWEI honor 6PlusHisilicon Kirin 925 オクタコア A15/1.8GHz + A7/1.3GHz3GB32GB約49,000円(税込)
Sony Xperia J1 CpmpactQualcomm® Snapdragon™ 800 クアッドコア(2.2GHz)2GB16GB54,800円(税抜,楽天モバイル)
ASUS ZenFone 2 (64GBモデル)Intel Atom Z3580 クワッドコア2.3GHz4GB64GB約5万円

Asecend Mate 7

Hisilicon Kirin 925 オクタコア 1.8GHz / 1.3GHz2GB16GB42800円

ALCATEL ONETOUCH IDOL 3

Qualcomm® Snapdragon™ 615 オクタコア1.5GHz2GB16GB42,984円?

人気のSIMフリースマホではASUSかHUAWEIの名前が必ず挙がります。国内機種ではXperia J1 Compactがおサイフケータイ機能を搭載するなど人気。

個人的に注目しているのはALCATEL ONE TOUCH IDOL3です。海外では既に格安スマホとしての地位を確立していて、ASUS Zenfone 2とも良い勝負。

6万円台以上のSIMフリースマートフォン

ここまで来るとGalaxyやiPhoneのハイスペックモデルを購入しても良い気がしますが、一応書いておきます。HUAWEI P8maxは約6万円なので、格安スマホが欲しい人向けというよりは「高機能ファブレットが欲しい人向け」ではないでしょうか。(6.8インチもあるため)

機種名CPURAMROM価格
HUAWEI P8maxHisilicon Kirin 935 オクタコア (A53X 2.2GHz + A53 1.5GHz)3GB32GB約6万円
Nexus 6 (Motorola)Qualcomm® Snapdragon™ 805 クアッドコア 2.7GHz3GB32GB(or 64GB)約7万5千円

このくらいの価格になると、大手キャリアのハイスペックスマートフォンを使ってもトータル金額があまり変わらないかもしれません。

最終的なコストパフォーマンス

上記で他のSIMフリースマートフォンと比較してみましたが、P8liteは格安スマホとしてバランスもよく、購入を視野にいれたいところ。P8maxはファブレットが欲しい人向けと言えるでしょうね。

HUAWEI p8maxとP8liteの比較まとめ

HUAWEIの新機種は価格を抑えながらも高性能なSIMのフリー機となっているので、購入を視野にいれておきたいスマートフォンです。

ただ海外メーカーの機種は製品の発売サイクルが非常に早いので、この辺りは見極めながら購入したいところです。

記事がためになったら
いいね!しよう

HOME | 注意事項 | CONTACT