LG製Nexus 5Xのスペックが流出!

nexus 5X leak picture

nexus 5X leak picture

LGエレクトロニクスが開発していると噂のGoogle純正ブランド「Nexus 5X(2015年モデル)」のスペックが、インドAmazonより流出しました!

まっさらな状態で最新Android OSを搭載するネクサスシリーズは旧モデルも日本で人気だっただけに、今回も注目です!

更新情報→2015年9月30日にGoogleより正式な発表がありました!Nexus 5Xのスペックを見る/ Nexus 6Pのスペックを見る

Nexus 5Xのスペック

今回インドAmazonから流出したスペックは、これまでのリーク・噂の情報とほぼ一致しています。下に性能表を作りましたので御覧ください(正式発表ではないので注意)。

機種名Nexus 5X(LG-H791)
メーカーLGエレクトロニクス
OSAndroid 6.0 Marshmallow
CPUクアルコム MSM8992 Snapdragon 808
CortexA57×CortexA53
(1.8GHz+1.4GHz 6コア)ヘキサコア
RAM2GB
ROM16GB/32GB(?)
画面サイズ5.2インチ
フルHDディスプレイ
(1920×1080)IPS液晶
カメラリアカメラ 1,230万画素
フロントカメラ 500万画素
バッテリー2,700mAh
サイズ76×154×10mm(幅×高さ×厚さ)
重さ 144g

開発メーカーはLG

今回の開発元はLGエレクトロニクスのようです。もう一方の大画面モデル「6P(仮)」はhuaweiが開発しているとのリークが前々からあったので、製造元情報に関してはほぼ確定でしょうね。

OSはAndroid 6.0 Marshmallow

最新のOSを搭載することでも知られるGoogleのNexusシリーズ。最新のAndroid 6.0 Marshmallow(マシュマロ)を搭載する見込みです。主な機能はコチラから確認できます⇒(参考記事:Android6.0の新機能まとめ

CPUはSnapdragon 808(6コア)

CPUチップにはクアルコム製のSnapdragon808を搭載する予定。6コア(ヘキサコア)搭載の2014年にサンプル出荷がされた製品なので、比較的新しいCPUではあります。

同じチップを搭載したスマートフォンでは、auの2015年/夏モデルで発売された「isai vivid(LGV32)」があります。RAM容量は3GBと少し多いので単純に比較するのは難しいですが、「同じLG製+同じCPU搭載」という点から参考になるかと思います。

RAMは2GB

内部メモリは2GBとの噂です。国内最新モデルのスマホはRAM3GB以上が多かったりするので、ここは少し残念なところ。ただ今回はNexusシリーズは「5X」と「6P」が発売されるとのリーク情報なので、ハイスペック機種はHuaweiに譲っている可能性が高いですね。

つまり前作ネクサス5のように、比較的価格も安くなることが示唆されているようです。個人的にはモトローラ製のネクサス6よりコストパフォーマンスの高い5の方がオススメだったので、これは嬉しいポイント。

ROMは16GBと32GB?

本体の保存容量は16GB/32GBとのこと。16だと最新機種では少ない部類ですね。micro SDスロットの有無が確認出来ていないのでなんとも言えませんが、写真やデータは無制限クラウドストレージの「googleフォト」やサードパティ製アプリの「dropbox」などで、上手く空き容量を確保したいところです。

(流出した情報は1機種のみなので、もしかするとRAMもROMも上位容量モデルが存在するかもしれません)

ディスプレイサイズは5.2インチ

画面サイズは5.2インチ。フルHDのIPS液晶を搭載するとか。もし本体価格が抑えられるとすれば、十分すぎる性能でしょう。

もう一方のhuawei製「6P」は6インチ強になる可能性が高いので、この辺りで差別化を図っているのかも知れませんね。

カメラはレーザーAF搭載か

前々から噂になっていたカメラ機能。メインカメラは1230万画素で「レーザーオートフォーカス」と「デュアルLED」を搭載する見込み。ASUSのZenFone 2 Laserで積んでいたような機能と同じようなものになるのでしょうか。

インカメラは500万画素との予想ですが、セルフィー(自撮り)の需要も増えているだけに期待したいところです。

バッテリーは2,700mAhでちょっと少ない?

最新機種・画面サイズにしては、電池容量は2,700mAhと少ない可能性が。新OS Android 6.0では省電力化がなされているので、この辺りでカバー出来るのでしょうか。

ここまで見ていくと旧機種の5と同じくミドルスペックのスマートフォンになりそうな予感です。

Nexus 5Xはミドルスペック機?

性能を見ていくと、CPU・ROM・カメラ性能・バッテリー容量などから「ミドルスペック機」として発表・発売される可能性が高いことが分かります。

今回のネクサス新機種はLG/HUAWEIといった2つのメーカーから2モデルが発表されることがリークされているので、差別化をしているのでしょうか。

HUAWEIがハイスペックのNexus 6Pを開発中?

先述の通り、HUAWEIが6インチ台のスマートフォンを開発しているとのリークがあります。Snapdragon 810のオクタコアCPU・3GBのRAMを搭載すると噂されているので、差別化を図るために高性能モデルをファーウェイに譲ったのかも知れませんね。

なお128GBモデルの存在も示唆されており、名前共々iPhone 6 Plusを意識しているのでしょうか…。

指紋認証センサーは標準搭載

OSレベルで指紋認証に対応しているので、両機種とも指でのロック解除には対応しそうな予感です。

生体認証に関するセキュリティレベルは年々向上しており、ドコモの富士通スマホ「ARROWS NX F-04G」では世界初の虹彩認証「Iris Passport」を搭載。画面を見るだけでロック解除が可能です。

こういったセキュリティ対策技術は今後も増えてくることでしょう。

発売日と発表日

Nexus新モデルの発表は2015年9月29日と予想されています。発表後すぐにGoogle公式ストアで発売されるかもしれないとのことなので、もうすぐ購入できるかもしれません。SIMフリー機でZenfone 2やHUAWEI P8liteの購入を検討しているユーザーの方は、もう少し我慢してみるのもアリでしょう。

同時に「Chromecast」の第2世代も発表されるかもしれないとのことなので、ここにも期待したいところ。

本体価格は約5万円から?

リークによれば、16GBモデルが約400ドル(日本円/約5万円)、32GBモデルが約450ドル(日本円/約5万4千円)ほどになるようです。なるほど、スペックと価格を照らし合わせると、なんとなく腑に落ちる仕様な気がしてきますね。

「5万円もするならSIMフリーの格安スマホ買うよ」というユーザーも多いかもしれません。ただNexusシリーズの大きなメリットとして、

  • 余計なアプリがプリインストールされていない
  • 最新OSが最速で使える
  • OSアップデートになるべく対応する

といった特徴が幾つかあるので、メーカーごとのごちゃごちゃしたUIや操作感が嫌い方は購入を検討する価値が十分に有りそうです。個人的には発売後価格が落ちてから買うのがベストかと。

LG製Nexus 5Xのスペックリーク情報・まとめ

スペックと価格のバランスはそこそこ良さそうなので、前作同様「コスパの良いGoogle純正SIMフリースマホ」として人気が出そうです。9月中には発表される見込みということなので、情報が確定次第記事もアップデートする予定です。

(Source:Android Authority

記事がためになったら
いいね!しよう

HOME | 注意事項 | CONTACT