【Move to iOS】でiPhoneへ乗り換える方法と手順

Move to iOS 設定完了

Move to iOS 設定完了

AndroidスマートフォンからiPhoneに簡単に乗り換え・データ以降が出来る「Move to iOS」が発表されました!今回は以降の方法と手順を簡単に紹介したいと思います。

Move to iOSとは

AndroidのPlayストアからダウンロード出来るアプリで、アプリケーション経由で簡単にデータを移行・iOSに乗り換えることが出来ます。ユーザー自身でも設定が出来る他、Apple Storeに来店すればスタッフが全て設定をしてくれるという徹底ぶり。

iPhoneに乗り換えの際移行できるデータは以下のとおりです。

  • 連絡先
  • メッセージの履歴
  • カメラで撮った写真とビデオ
  • ウェブのブックマーク
  • メールアカウント
  • カレンダー
  • 無料アプリケーション

Androidに登録されている連絡先・電話帳(Contacts)をiOSに移行出来ます。わざわざGoogle同期や個別アプリ・microSDカードなどを使わなくて良いので便利。保存している画像も移せるようです。

メッセージ履歴などを移行可能。またAndroidからデータ移行を選択すれば、Googleアカウントが設定された状態でiPhoneを使えます。

Move to iOSは非常に簡単に使えるので、見てみる価値はアリそう。ただこのアプリで全てのデータを移せるわけでは無いので注意しておきたいところです。

無料アプリの移行についてはGoogle PlayとApp Storeの両方で提供されているもののみ移行出来るようになるとのこと。まだこちらの新機能は公開されていないのですが、App Storeのリストに追加されるのみで、内部データの移行はおそらく出来ないでしょう。

Appleのホームページ内では「安全」と記載がありますが、セキリュティの面には触れられていません。少なくとも純正アプリということが売りでしょうか。

Move to iOSの使い方・設定方法・手順

まずはMove to iOSを「Google Play」ストアからダウンロード。使える状態にしましょう。(iPhone側でダウンロードするアプリはありません)

Move to ios ダウンロード

アプリを開いたら「続ける」をタップ。利用規約が出てくるので、右下の「同意」を押します。

move to ios 続ける

コードを検索画面にいくので、右上の「次へ」タップ。

Move to ios 次へ

iPhone側にコードが表示されるので、Android側のそちらの番号を入力

Move to ios security code

すると「iPhoneに接続中」の画面に。

Move to ios 読み込み中

少しすると移行データの選択画面に進みます。

Googleアカウント
・メッセージ
・連絡先
・写真

選択後、最後に画面右上の「次へ」をタップすると、自動的にデータ移行が始まります。データの容量によって時間は前後しますが、移行中はそのままにしておきましょう。

「転送が完了しました」の画面が出たら乗り換え完了。あとはiPhoneの初期設定をすすめましょう。1つのアプリで移行出来るのはメリットですね。

Move to iOS 設定完了

一連の流れがこちらで見れるので載せておきます。英語ですが大体の流れは確認できるでしょう。

Move to iOS発表と使い方まとめ

アプリひとつで簡単に乗り換えが出来るのはメリットですね。ただしデータの全てを移せるわけではないので、必要であればアプリの引き継ぎやデータのバックアップをしっかり行っておきましょう。

確かに便利ですが、iOS端末に変更するとApple地獄から抜けられなくなるのが個人的にはちょっと…です。

記事がためになったら
いいね!しよう

HOME | 注意事項 | CONTACT