【Xiaomi】中国スマホメーカーを徹底的に知ろうじゃないか

小米科技 xiaomi シャオミ

中国スマホが人気をみせるモバイル市場。なかでもXiaomi(シャオミ)はハイスペック、低価格のスマートフォンで爆発的な人気を見せています。

小米科技 xiaomi シャオミ

中国のAppleとも称される人気企業を徹底調査しました!

Xiaomiという中国スマートフォンメーカー

Xiaomi Inc.(シャオミ:北京小米科技有限责任公司)は、中国のスマートフォンメーカーです。

小米科技 xiaomi シャオミ

China国内のモバイル端末シェアは高く、トップ3に名を連ねる人気ぶり。タイトルは「Just for funs=楽しめ!」だそうな。

本国・香港に加え、台湾・シンガポールに進出中。また現在はインドやブラジルへも拡大を予定しています。

Xiaomiを沿革から知る。

会社の沿革を少し見てみましょう。これでどんな事業で成長を遂げたのか分かるかもしれません。

2010年 会社設立

会社自体は2010年に創設されました。CEOは元キングソフトCEOのLei Jun(雷軍)氏。設立当時は中国ベンチャーとしては珍しい、平均年齢45歳だったそうです。

2011年 Androidベースのスマホを販売

第一弾の「MI-One」を発売し、機種自体はAndroidベースのMIUIを採用していました。

MI One

当時はクアルコム製のSnapdragonを採用しつつ価格は約320ドルと、高性能・低価格で人気を博ました。

2012年 ハイスペック低価格の後継機を販売

後継機「MI-2」を発売。年間1機種のみの販売だったらしいのですが、この辺りから口コミ(中華ツイッターWeibo)を中心に、一気に成長

mi 2 xiaomi

当時は国内のみでの展開でしたが、創業からわずか2年足らずで巨大スマホメーカーに成長しました。

2013年 中国でのスマホシェアがトップ3

この頃になると、China国内でのシェアは急激に拡大し、トップ3に躍り出ました。これはLenovo・Samsungに肉薄するほどの勢い。

中国 スマホ

ちなみに2013年度の営業利益率は1・8%だったそうで、薄利多売でシェアを伸ばしてきたことがわかります。(ちなみに同年、Appleは28.7%、Samsungは18.7%だったので、Xiaomiがいかに少ないかが分かると思います)

2013年 googleのヒューゴ・バラが副社長に

同時期に、当時GoogleのAndroid担当幹部のヒューゴ・バラが副社長に就任。ヒューゴ氏はgoogleでも上級社員だったことから、一躍トップニュースに躍り出ました。

2014年 中国スマホシェアでトップに

ついに国内シェアがトップに。サムスンが追い抜かれたことに市場が衝撃を受けたと共に、中華スマホの脅威をみせつけた結果となりました。

この頃から海外でも事業を展開して、台湾・シンガーポールにも手を伸ばしています。…とまあ、こんな具合にシェアを伸ばしてきたワケです。要約すると、「低価格+ハイスペック」の薄利多売で成長してきた企業と言えます。

XiaomiのCEO、Lei Jun(雷軍)とは

キングソフトの会長兼元CEOだったLei Jun(レイジュン・雷軍)氏。現在世界で注目されているCEOの一人です。エンジェル投資家のとしても有名な彼は、Xiaomiを知るうえで欠かせない存在。

Lei Jun(レイ・ジュン)の人生

大学在学中にシリコンバレー創業者の話に感銘を受け、IT企業の起業を決意。「KINGSOFT(金山公司)」に入社後、2007年までにCEOに上りつめるも辞任する。

その後エンジェル投資家としてスタートアップ支援で活躍する傍ら、モバイル端末やインターネットの可能性を確信。Xiaomiを起業しました。この後一気に成長していくわけです。

Lei Jun氏は「これまでの経験がXiaomi起業に役立った」とも語っています。

中国のスティーブ・ジョブズと呼ばれる男

Lei Junはスマートフォン業界の寵児とさまざまな模倣から、よくApple創業者のスティーブ・ジョブズと比較されます。スピーチも比べるとこの通り↓

lei jun speech jobs

ウリ2つですね…話し方からWEBSITEまでAppleを連想させるものです。しかし本人は「比べないで欲しい」そうな。

このようなことからビジネスモデルもパクリと思われがちですが、Appleとは別物です。

Xiaomiのビジネスモデルは?

Appleとも良く比較されるシャオミですが、ビジネスモデルは全くの別物。特徴はこんな感じ↓

  1. ハイスペック・低価格
  2. 薄利多売の営業利益率
  3. オンライン販売
  4. オープンなコミュニティ

「ハイスペック・低価格」ですが、これは原価に近い価格で販売することで実現しています。

よってシャオミの営業利益率は少なく、「薄利多売」になります。Appleの端末販売で利益を得るモデルというよりは、シェア拡大後の自社ソフトウェアや関連コンテンツで利益を得るAmazonのほうが近いと言われています。

次に「オンライン販売」。eコマーズサイトのみの販売で、コストを最小限に抑えています。下のグラフは出荷コストの比較ですが、ぶっちぎりの安さ↓

Xiaomi  Scaling Up   Tech Thoughts by Sameer Singh

(引用tech-thoughts)

最後に「オープンコミュニティ」。ディベロッパー(開発者)と利用者が直接意見を交換出来るフォーラムを設置し、ユーザーの素早いFeedBackとアップデートで成長してきました。

これに実際の製品が合わさって、一気に発展を遂げたワケです。「会社の沿革・CEO・戦略」をみていくと、なんとなく成功した理由も腑に落ちますね。

Xiaomiのスマートフォン

ここからは、発売しているスマートフォンを確認してみましょう。端末を実際に見てみることで、Xiaomiが成功した理由も分かるかもしれません。

Mi Note

mi note

Xiaomiのフラグシップ機。5.7インチの大画面モデルで、CPUには高性能Snapdragon810のオクタコアを搭載(上位モデル)。

発表当時の価格は上位モデルで6万円ほど。他社だと10万円ちかくするスペックなので、コスパは非常に高いです。

Mi 4

Mi 4

5インチのフラグシップ機。前作からRAMが3GBに増量され、動作がサクサク動く。

デザインはiPhone 5Cに近く、性能はハイスペック。しかしながら価格は3万5,000円前後と格安スマホの部類に入るので、ぜひ日本でも発売して欲しいですね。

Redmi 2

red mi 2

snapdragon 410 クアッドコアを搭載したミドルスペック機。4G LTEに対応したデュアルSIM対応で、人気のスマートフォンです。

Mi Padやタブレット・その他商品

Xiaomiではその他製品も多く発売しています。例えば、タブレットやスマートバンド(ウェアラブル端末)、モバイルバッテリーなど。

  • Mi Pad(タブレット)
  • Mi Band(ウェアラブル)
  • Mi Power Bank(モバイルバッテリー)

これら製品ももちろんコストパフォーマンスが高いのですが、アクセサリー関係でも利益を上げている点は流石。

Xiaomi 注目の中国スマホメーカーまとめ

人気の端末を次々と発売するシャオミは、今後も期待の企業です。

(参考記事:中国の注目スマートフォンメーカー一覧

海外展開も多くなってきているので、2015・2016年は是非とも日本に進出して欲しいものです。

[source:Xiaomi]

記事がためになったら
いいね!しよう

HOME | 注意事項 | CONTACT