Snapdragon Wear 2100、新世代ウェアラブル用プロセッサーが登場!

Snapdragon Wear 2100 Mobile Processor

Qualcommは、新世代のプロセッサーSnapdragon Wear 2100」を発表しました。LTEなどの高速通信、WiFiやBluetoothなどの無線通信機能に対応したウェアラブル向けSoCとなっており、今後発売されるであろうスマートウォッチなどへの搭載が期待されています。

Qualcomm、Snapdragon 2100を発表

Snapdragon 2100は、ウェアラブル向けに開発された新プロセッサー。バージョンは2つ。

  • WiFiとBluetooth搭載のTethered版
  • LTEモデムも搭載したConnected版

Qualcomm、Snapdragon 2100のスペック

機種名Snapdragon 2100
メーカークアルコム
CPUQuad ARM Cortex A7 up to 800 1.2 GHz optimized for wearables
GPUQualcomm® Adreno™ 304 GPU

OpenGL ES 3.0
DSPIntegrated modem DSP shared for modem, GNSS, sensor processing, keyword detection and audio
ディスプレイ最大640×480 / 60fps
オーディオノイズキャンセリング
Snapdragon Voice Activation
Snapdragon Voice +
モデムX5 LTE

(グローバルモード)
LTE FDD and TDD
WCDMA (DC-HSDPA, DC-HSUPA)
TD-SCDMA
EV-DO and CDMA 1x
GSM/EDGE
WiFi802.11n (2.4 GHz)
BluetoothBluetooth 4.1
Bluetooth LE
ストレージeMMC 4.5
メモリーLPDDR3 400 MHz
セキュリティSecureMSM
充電Qualcomm® Quick Charge™ 2.0
プロセス28nm
USBUSB 2.0

スペックはSnapdragon 400利用時に必要なかった性能の部分を抑え、より省電力や小型化に特化して開発されたものと見られます。

ウェアラブルに特化したプロセッサー

スマートウォッチ用に最適化されたことにより、25%の省電力化が実現。またチップ自体も30%の小型化が図られたようで、まさに身に着けるウェアラブル専用に作られたプロセッサーといってよいでしょう。

クアルコムのスマートウォッチ用新SoCまとめ

スナドラ400系のスマートウォッチは「Bulky(でかい、かさばった)」感じのデザインが微妙な部分ではありましたが、クアルコムが開発したSnapdragon 2100によって、スマートウォッチのデザイン向上もハードウェア部分から期待できそうですね。

記事がためになったら
いいね!しよう

HOME | 注意事項 | CONTACT