ドコモ「Xperia X Perfomance SO-04H」のスペック・価格・発売日

docomo xperia x performance

docomoの2016年夏モデルで発表されたXperia X PerformanceSO-04H)。Android 6.0 Marshmallow、クアルコム製のSnapdragon 820を搭載したハイスペックスマートフォンとなっています。価格や発売日の確認、他機種との性能比較をしていきましょう。今回は海外で実機レビューが出ていたので、そちらの情報も併せてチェック!

ドコモ Xperia X Performance SO-04Hのスペック

docomo xperia x performance

ドコモが2016年夏モデルとして発表したXperia X Performance。すでに海外で発表されていたXシリーズの最上位スペックモデルとなっています。

機種名Xperia X Performance SO-04H
OSAndroid 6.0 Marshmallow
ディスプレイ5インチ フルHD
CPUQualcomm MSM8996 クアッドコア
RAM3GB
ROM32GB
microSDスロット最大200GB
カメラ背面2300万画素
フロント1320万画素
バッテリー2570mAh
防水/防塵○/○(IPX5,8/IP6X)
Bluetooth4.2
その他指紋認証
本体サイズ約144mm×約71mm×約8.6mm
重量約165g
カラーWhite
Graphite Black
Lime Gold
Rose Gold

5インチのフルHDディスプレイにSnapdragon 820 (オクタコア2.2GHz)のハイスペックプロセッサーを搭載。内部メモリーは3GBで、ストレージは32GBとなっています。同時にドコモ夏モデルとして発表されたGalaxy S7 edge SC-02HはRAMが4GB、またディスプレイもQuad HD(1440×2560)となっているので、表面上のカメラ以外のスペックを除けばサムスン・ギャラクシーのほうが全体的に上をいっているのが分かります。

新開発のバッテリー寿命延命機能や高性能カメラが魅力の仕様となっていますが、実際に数値だけではよくわからない部分もあります。そこで若干仕様は異なりますが海外の実機レビューをもとに、使い勝手を調査してみました。

Xperia X Performanceの海外実機レビュー

バルセロナのMWCで発表されたXperia Xシリーズ。海外サイトの「DIGITAL TRENDS」では、すでに実機レビューを通しての評価をしています。Xperia XシリーズはミドルレンジのXA→X→ハイスペックのX Performanceという順にスペックが高いラインナップになっています。まずはデザインから見ていきましょう。

写真は海外版ですが、日本国内で発売されるモデルに関しては「下端部につなぎ目」があります。

Xperia X performance docomo pink

海外版のX Performanceでは背面から見るとつなぎ目のないフラットなデザインであることが分かりますが、ドコモ・au・ソフトバンクで発売されるモデルは下端部がアルミ→樹脂に変更されています。こちらは「アンテナ特性のために変更」されたとの報道がありましたが、みなさんはどちらのデザインが好みでしょうか。個人的には海外版のほうがすっきりしているような印象をもちます。

ついでにドコモ版であるSO-04Hは背面パネル中央部にdocomoのロゴが。こちらも好みが分かれそうな部分ですね。

xperia performance lime gold docomo

サイド部分に搭載された指紋認証機能などは、Xperia Z5シリーズから継承されている部分。素材など変更されている部分もありますが、遠くから見てそこまで見た目上の違いはなさそうです。

大画面のスマホが増える中、SO-04Hはディスプレイサイズが5インチ、さらに解像度がフルHDに抑えられています。バッテリー消費の面ではこの仕様が活きてきそうな予感。・・・・今回の新機種はそのバッテリー機能も新技術を搭載しており、最適な充電を実現することで電池の長寿命化を実現。ソニーではフラグシップモデルでAndroid 6.0 Marshmallowに標準対応しているので、長く使える機種としても重宝しそうですね。

カメラ機能は2300万画素を搭載しており、レビューによれば「ソフトタッチでフォーカス」「強いタッチで写真を撮る」といった機能も搭載されているようです。起動からの撮影が約0.6秒と爆速なのも特徴で、フロントカメラも1300万画素と高性能。撮影機能はおすすめポイントといえるでしょう。

xperia x performance camera docomo SO-04H

Xperia X Performanceはフロント部分にデュアルスピーカーを備えており、レビューでは音量はかなり大きくできたようです。国内版と海外版では違いの出る可能性もありますが、ハイレゾ対応などソニーらしさは随所に感じることができるモデルになっているようですね。

ドコモ Xperia X Performance SO-04Hの本体価格

  • オンライン本体価格:93,312円(税込)
  • MNP:実質10,368円(税込)
  • 機種変更:実質55,728円(税込)

記事執筆時点、ドコモでの本体価格は上記のようになっています。歴代Xperiaのフラグシップモデルとほとんど変わらずといったところ。(変更される可能性もあるので注意)

ドコモ Xperia X Performance SO-04Hの発売日

NTTドコモでの予約開始は5月11日からとなっており、発売開始前日まで事前予約が受付可能。発売日は2016年6月中旬を予定しています。

事前予約をすることでGearVRがもらえるGalaxy S7 edgeと非常に迷う部分はありますが、スペックを比較して購入の参考にしてみましょう。

ドコモ2106年夏モデル、Xperia X Performanceの情報まとめ

前々から発売するという噂は当サイトでも記事にしていましたが、2016年夏モデルでは大手キャリア(ドコモ・au・ソフトバンク)3社が取り扱うという展開になりました。他のドコモ新モデルとも比較して、購入に備えておきましょう!

記事がためになったら
いいね!しよう

HOME | 注意事項 | CONTACT