au2016年夏モデル「AQUOS SERIE SHV34」のスペック・発売日

aquos serie shv34 design

auの2016年夏モデルとして発表された「AQUOS SERIE SHV34」のスペックを比較!目の疲れにくいハイスピードIGZOや高速撮影が可能なカメラ、アシスタントAIのエモパーなどを搭載した新機種に注目です。

AQUOS SHRIE SHV34のスペック

サイズ(幅×高さ×厚さ)約73 × 149 × 7.6 mm
重量約153g
電池容量3,000mAh
連続通話時間
(音声通話時/日本国内使用時) ※1
約1,590分
連続待受時間
(日本国内使用時) ※1
4G LTEエリア:約500時間
WiMAX 2+:約500時間
電池持ち時間 ※2測定中
充電時間約140分(注1)
電池パック取り外し
外部メモリ 推奨最大容量 ※3200GB microSDXC™
内蔵メモリ容量 (ROM) ※432GB
内蔵メモリ容量 (RAM) ※43GB
アドレス帳登録件数本体メモリの空容量に依存
ディスプレイ(画面)タイプIGZO
ディスプレイ(画面)サイズ約5.3インチ
ディスプレイ(画面)最大表示色約1,677万色
ディスプレイ(画面)解像度1,920×1,080(FHD)
防水 ※5IPX5/IPX8(注2)
防塵 ※5IP5X(注3)
au ICカードau Nano IC Card 04(VoLTE)
OS ※6Android™ 6.0
CPUMSM8996 2.2GHz デュアルコア+1.6GHz デュアルコア
4G LTE(2GHz)& WiMAX 2+
キャリアアグリゲーション対応
受信最大(Mbps) ※7
370(東京都渋谷駅周辺から順次提供)(注4)
4G LTE(800MHz)<プラチナバンド>
受信最大/送信最大(Mbps) ※7
75/25
4G LTE(2GHz)
受信最大/送信最大(Mbps) ※7
150/12(注5)
4G LTE
キャリアアグリゲーション対応
受信最大(Mbps) ※7
225(注6)
VoLTE○(注7)
WiMAX 2+
受信最大/送信最大(Mbps) ※7
110/10
WiMAX 2+
キャリアアグリゲーション対応
受信最大(Mbps) ※7
220(注8)
3G<WIN HIGH SPEED>
受信最大/送信最大(Mbps) ※7
3G
受信最大/送信最大(Mbps) ※7
Wi-Fiテザリング○(最大10台)
Wi-Fi規格IEEE802.11a/b/g/n/ac
Miracast対応
Bluetooth®Ver.4.2
赤外線通信
有効画素数メイン:約2,260万画素
サブ:約500万画素
撮影素子メイン:CMOS
サブ:CMOS
撮影ライト静止画:○
動画:○
オートフォーカス機能静止画:○
動画:○
手ブレ補正機能・手ブレ軽減機能静止画:○
動画:○
接写機能
動画最大撮影サイズ3,840×2,160
静止画最大撮影サイズ5,480×4,110
静止画ズーム8倍
動画ズーム8倍
テレビ(視聴)ワンセグ:○
フルセグ:○
(注9)
テレビ(録画)ワンセグ:○
フルセグ:○
(注9)
テレビ連続視聴時間

ワンセグ:約12時間10分
フルセグ:約8時間10分

ハイレゾ○(注10)
バッテリー節電○(長エネスイッチ)(注11)
auベーシックホーム
auシェアリンク
防犯ブザー
バイリンガル機能○(日本語含む2言語)
au世界サービス○(LTE / GSM / UMTS)
GPS
おサイフケータイ®
NFC(情報取得/リンク)
緊急速報メール
緊急通報位置通知
SMS (Cメール)
Eメール (…@ezweb.ne.jp)
簡易留守録
HDMI出力

OS

Android 6.0 Marshmallowを標準搭載。今回の2016年夏モデルはすべてAndroid Mを搭載しており、AQUOS SERIE SHV34もその機種の一つです。

ディスプレイ

約5.3インチ・フルHD(1920×1280)の高解像度ディスプレイを搭載。サイズ的にも動画を見るには十分大きく、高性能といえます。ただし今回同時発表されている「HTC 10」などがWQHDを搭載しているので、海外メーカーに比べると劣っているといえるかもしれません。

high speed igzo

ハイスピードIGZOを搭載しており、以前の機種より滑らかかつ、目の疲れにくいディスプレイとなっています。

CPU

プロセッサーにはQualcommのMSM8996(Snapdragon 820)。2.2GHz デュアルコア+1.6GHz デュアルコアを搭載した合計4コア(クアッドコア)の高性能CPUとなっており、現行モデルのスマートフォンでは最上位の性能を誇ります。

aquos serie shv34 design

SHARPのAQUOSシリーズでは「AQUOS U」というミドルスペックの機種も発売しており、SERIE SHV34はどちらかというとハイスペックの機種となっています。

RAM・ROM

RAM3GB・ROM32GBとなっており、そこそこのスペックとなっています。しかし2016年モデルではGalaxy s7 edgeなどがRAM4GBなどさらに容量の多いモデルが発表されているので、価格次第といったところでしょうか。

カメラ機能

背面カメラは約2,260万画素、F値1.9の明るいレンズによって美麗な写真撮影が可能です。最速0.02秒のハイスピードオートフォーカスを搭載し、アプリ起動もより高速に。撮影までの時間が短くなったことで、より高速でシャッターがきれるようになりました。

aquos serie shv34 camera

バッテリー

3000mAhのバッテリーを搭載。容量としてはそんなに多くはないですが、連続待ち受け時間が約500時間、連続通話時間も約1590分となっており、普段使いには十分と言えそうです。

エモパー4.0

AIアシスタント機能の「エモパー」が、ヘルスケア機能などを追加し「エモパー4.0」に進化。体重や歩数をなどに注目し、専門家監修のアドバイスを受けることができます。

また「エモパーメモ」なら、タップをするだけで手軽にメモが可能。また適切なタイミングでのリマインダー機能を備えているようで、活用できれば非常に便利です。

emopa 4 remainder

価格

本体価格は一括が8万4240円となっています。

発売日

SHV34の発売日は2016年6月中旬となっています。ショップや家電量販店で、実機をチェックしておきましょう。

記事がためになったら
いいね!しよう

HOME | 注意事項 | CONTACT